ティンカーベル/北見市/大人気の看板商品チーズベークとオホーツクベークで素材本来の実力を体感!

2019-05-07

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールTwitter)です

 

道東オホーツク地方といえば、新鮮な海産物をイメージする方も多いのではないでしょうか?

 

実はあまり知られていませんが、オホーツク地域は農業も盛んで道内でも有数の小麦の一大生産地。

農林水産省作物統計(平成28年産)ではなんと全国1位の収穫量を誇るほど!!

 

そのオホーツク小麦を使ったケーキが食べられるお店がある という情報をききつけ向かったのが「北見市」

『焼肉のまち』と言われていますが、調べてみると美味しそうなスイーツがあるわ、あるわ。

 

 

今回は、全国区で大人気のお取り寄せスイーツがある「ティンカーベル」さんに伺いました!

早速紹介します♪

 

「チーズベーク」をはじめとする
ティンカーベルのスイーツたち

チーズベーク

ティンカーベルのチーズベークとクリームブリュレ、シュークリームがテーブルに置かれている

\コレコレ♡ これが食べたくて北見まで来たんです/

まず表面のこんがり具合からして、もう最強!

フォークを入れると…吸いつくようなねっとり濃厚なテクスチャー。

 

口の中では程よい酸味と同時にクリームチーズのコクとうま味が一気に充満◎

ベイクドタイプとは思えないほど 超絶クリーミー!
チーズの主張が本気で強い!!

 

そこに、ほんのり香ばしいしっとりパイがたまりません。
ごく控えめな甘さが素材の良さを最大限に味わわせてくれる、そんなチーズケーキ。

 

ポイント

  • 北海道産フレッシュチーズ
  • フランス産クリームチーズ
  • オーストラリア産クリームチーズ(2種)

の4種のチーズをブレンド。

さらにパイ生地に、きたほなみ の製菓用薄力粉「ドルチェ」・「春よ恋(強力粉)」の2種を独自でブレンド。

さらにレモン果汁や自家製カスタードクリームを独自の分量で配合している。

地元の素材にここまでこだわっていて、美味しさを引き出す製法にも妥協がないのだから、そりゃ美味しいわけだ☆

 

クレームブリュレ/シュークリーム

ティンカーベルのクリームブリュレとシュークリームがテーブルに置かれている

注文してから表面を炙ってくれる「クレームブリュレ」

カラメルで上部をとじた、シュークリームの断面

上部をカラメルで閉じてあるのが珍しい「シュークリーム」

クレームブリュレ

食べる直前にバーナーで表面を炙ってくれるから、まだじんわり温かい。

こっくり濃厚な「卵」!パリっと香ばしい「カラメル」!

ほどよい甘さとなめらか~な舌ざわりが抜群のハーモニーです♪

 

シュークリーム

上に載っている「190」というプレートは価格で、重さによって220円のものと2種類が選べました。

 

上半分は「自家製カスタードクリーム」、下半分は「生クリーム」と「バナナ」がIN。

上部がシュー皮ではなくカラメルで閉じられたタイプは初めて!

 

ねっとり濃厚なバナナとしっかり甘い生クリームの後から、上質な素材を生かしたさっぱり味のカスタードクリームが追いかけてくる。

シュー生地はしっとりしていて、薄くて繊細なカラメルのサクっとした歯ざわりがひき立っていました◎

 

「ティンカーベル」のイートインコーナー

全面がガラス張りで明るい、ティンカーベルのイートインスペースの様子

全面ガラス貼りで明るい雰囲気

OPEN当初はなかったというこのコーナーは、増設されたスペースを使用。

そのため物販コーナーよりも手前にあります。

 

わたしが座った1番奥の席は店内から見えなかったので、とても落ち着いた気持ちでケーキを味わうことができますよ♪

 

デロンギのコーヒーメーカーがラックに置かれている

デロンギで淹れるコーヒー

苦味と豆の味がしっかりと味わえるこのコーヒーが なんと無料♪

多分わたしたち以外はテイクアウトの地元客しかおらず、終始貸切り。

イートインコーナーは地味に穴場です!

 

「ティンカーベル」の焼き菓子と生ケーキ

カゴに入れられた焼き菓子が棚に陳列されている

焼き菓子はギフトにピッタリな詰め合わせも豊富

約20種類のケーキがガラスのショーケースに入れられている

約20種類の生ケーキ

ホールケーキがガラスのショーケースに入れられている

隣のショーケースには2大看板商品が

売り上げの50%以上を占めるという看板商品「チーズベーク」は、

  • 大:22cm
  • 小:16cm
  • 1ピース

の3種類の大きさがあり、今回いただいた「1ピース」は北見市のココでしか手に入れることができない限定品です。

 

やっぱり買わずに帰れない!
「オホーツクベーク」をお土産に購入

ティンカーベルの「オホーツクベーク」がテーブルに置かれている

ケーキをイートイン後、再度物販コーナーへ行き「オホーツクベーク」を購入しました。

 

オホーツクベーク

カットしたオホーツクベークがテーブルに置かれている

写真は1/6にカットしたもの

ティンカーベルの「オホーツクベーク」の箱の裏

原材料表示

ただの焼き菓子とおもうなかれ。

フォークを入れた途端、他者とのちがいを瞬時にして感じてしまうはず。

 

まず 尋常じゃないしっとり感。

そして平飼い卵・発酵バターの香りの強さ。

 

小ぶりながらも全てが特別で、食べ終わるころには満たされたキモチになっている自分に気づかされました!

 

全原材料

  • 卵(訓子府町産)
  • 発酵バター(興部町産)
  • 砂糖
  • オホーツク産小麦
  • 菩提樹(ぼだいじゅ)のハチミツ(訓子府産)
  • オホーツクの塩(湧別町産)

砂糖以外は全て産地まで記載アリ!これだけで安心感が全然ちがいますよね。
おまけに箱もオホーツク産ときたもんだ。

 

スペシャル以外のなにものでもない!
約3年前から発売しているコチラは、これから口コミでさらに人気が出る予感…♡

 

「オホーツクベーク」のお取り寄せはこちらから

 

「ティンカーベル」の社長
柏倉一敏さんにおはなしを伺いました

「ティンカーベル」の社長 柏倉一敏さんと店内の様子

今となっては道産小麦を使っているお店は珍しくありませんが、1989年(平成元年)のOPEN時はまだ導入しているお店はなかったそう。

 

ですが、柏倉さんとパティシエの奥様は オホーツク小麦や北海道の素材の良さを伝えるのも職人の使命であり地域貢献になると思い、周りには公言せずに開店当初から使っていたのだとか。

 

添加物と呼ばれるものは極力つかわず地産地消をポリシーに 創業以来、徐々に北海道産そして北見近郊産の素材をふやしてきました。

『原材料よりも美味しさが第1』
『いくらこだわりの素材を使っていても美味しくないと意味がない』

直接語ってくださったこの2つの言葉から感じた強い気持ちが
OPENから30年が経った今もなお、日本全国から愛される理由なのではないでしょうか。

 

「ティンカーベル」まとめ

ベージュを基調とした「ティンカーベル」の外観

場所は夕陽ケ丘通り沿いでビックリッキーの隣。

一緒の建物内に理容室が入っているため、サインポール(赤・青・白のくるくる)が目印です。

 

看板商品「チーズベーク」と「オホーツクベーク」は下記でも購入可

  • 新千歳空港 小笠原商店
  • どさんこプラザ 札幌店(チーズベークのみ)
  • きたキッチン(チーズベークのみ)

 

その他、インターネットでお取り寄せもできます。

小さめサイズ(約16cm)はこちらから

大きめサイズ(約22cm)はこちらから

 

「美味しいにこだわりたい」だから遠く離れた場所での販売も発送も、全て冷蔵のみ!

消費期限が短くとも、冷凍での販売は一切していません。

 

開店前から看板商品になると確信していたというチーズベークは、今や売り上げの半分以上を占める「ティンカーベル」さんの代名詞。

これからも末永く日本全国に、世界に向けて北海道の素材の美味しさを届けてくれることでしょう。

 

道東観光の合間のひと息は「チーズベーク」で決まり!ですね♪

 

ティンカーベル

【住 所】 北海道北見市高栄西町9丁目1-3
【電話番号】 0157-24-7780
【営業時間】 10:00〜19:30(日・祝は19:00まで)
【定休日】 月・第3火
【駐車場】 あり
【公式HP】  https://www.tinkerbell-kitami.com/
【Facebook】 http://u0u0.net/ZNTc

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.