【長崎県】名店「ツル茶ん」のご当地グルメ「トルコライス」と「ミルクセーキ」

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

九州でもっとも古い喫茶店” といわれているお店が長崎県にありました。

それが「ツル茶ん」

ご当地グルメ “トルコライス” の名店といわれ、ご当地スイーツ “ミルクセーキ” の発祥店でもあります。

 

今回は この “ツル茶ん” で、トルコライス と ミルクセーキ を堪能してきました!

歴史ある長崎県のご当地メニューとは、いったいどの様な食べ物なのでしょうか?

注意

今回は北海道ではなく「長崎県」のお店の紹介となります

 

「ツル茶ん」への アクセス方法と店舗情報詳細

ツル茶んの店舗外観

西洋風の建物に目をうばわれる

「ツル茶ん」があるのは、長崎県長崎市の “油谷町”。

近くには 有名なカステラの名店 “福砂屋” の本店もあり、一口餃子発祥の流れを組む一店 “宝雲亭” からも徒歩圏内です。

 

ツル茶んへのルート

思案橋停で下車したら、この通りを少しだけ奥へ進みます

“ツル茶ん” には 駐車場はありません。

そのため近隣駐車場を利用するか、路面電車で向かうのが便利です。

 

路面電車を利用する場合は、以下のルートで向かいましょう。

長崎駅前からのルート

  1. 長崎駅前から 路面電車「系統1 崇福寺行き」へ乗車(運賃一律130円)
  2. 6駅後の「思案橋停」で下車(約12分)
  3. 約110m、徒歩約2分で ツル茶ん へ到着(⇒ ツル茶ん へのルートを確認

 

店舗情報
【店名】ツル茶ん
【住所】長崎県長崎市油屋町2-47
【電話番号】095-824-2679
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】無休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード不可、電子マネー不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

「ツル茶ん」といえば トルコライスにミルクセーキ!

昔なつかしトルコライス 1380円

ツル茶んの「昔なつかしトルコライス」

見た目からボリューム満点!

長崎のトルコライスの特徴といえば 以下の3つ。

長崎トルコライスの特徴

  1. トンカツ・ピラフ・スパゲティ―” をワンプレートで提供
  2. ピラフは “ドライカレーだったり チャーハンだったりすることもある
  3. 上から “デミグラスソース” や “カレーソース” などがかけられる

おそらく明確な定義はないものと思われ、“ツル茶ん” だけみても 10種類以上のトルコライスを提供していました。

わたしの解釈としては “炒めたごはん・スパゲティ・お肉” の 3点で構成される、ワンプレートの洋風料理。

 

なお トルコライスのオーソドックス型と思われる “ツル茶ん” の「昔なつかしトルコライス」は、以下のパーツで構成されています。

昔なつかしトルコライスのパーツ

  • バター風味のピラフ
  • ナポリタン
  • 大きくてうすめのトンカツ
  • たっぷりなカレーソース
  • フレンチドレッシングのかかったサラダ

 

ツル茶ん の 昔なつかしトルコライス

スパゲティもピラフもボリューム満点!

トルコライスをひとことで表すなら “ボリューム満点”!

ケチャップたっぷりなナポリタン、トンカツの下にまで広がるピラフ、うすいとはいえ大きなトンカツに、これだけでもご飯がすすみそうな昔ながらのカレーソース。

注文が入ってから揚げる “トンカツ” は サックサクで、やさしい味わいのカレーソースとの相性もバツグン!

 

ツル茶んの昔なつかしトルコライス

トンカツの厚さはこのくらい うすいとはいってもボリューム満点!

昔なつかしい喫茶店のメニューが一同に会したトルコライス。

わたしの様な適度な量を食べたい人には ボリュームがありすぎて ちょっとくどく感じますが、逆にたくさん食べる人には大満足な一皿でしょう!

 

真正トルコライス 1780円

ツル茶んの 真正トルコライス

大きなラムチョップが特徴的

“昔なつかしトルコライス” と基本構成は同じで、“炒めたごはん・スパゲティ・お肉” がワンプレートで登場。

ただし その内容は ピラフ→カレーピラフ、トンカツ→ラムチョップ、カレーソース→デミグラスソース と 微妙にことなっています。

北海道民としてうれしかったのが ラムチョップ!

ジンギスカン文化の本場 “北海道” ですが、道外で羊肉を食べることってあんまりないので 楽しみです♪

 

ツル茶んの真正トルコライス

こんなに大きなラムチョップは なかなかめずらしい!

さっそくラムチョップにガブっと‥、とっても羊くさい!

北海道で食べる “羊くさい羊肉” より かなりくさみがあり ダメな人はきっとダメ。これが一般的なジンギスカンや羊肉のイメージだったとすると、北海道のジンギスカンが喜ばれる理由がよくわかります。

今までなにげなく美味しい羊肉を食べていたんだなぁ~と、あらためて実感‥。

ただし 食べなれてくると、臭みがあった方が不思議とおいしく感じるのが羊肉の奥深さ。このくさみが逆に新鮮で、わたしは結構好きでした♪

 

ツル茶んの真正トルコライス

ピラフではなくカレーピラフ

“デミグラスソース” は 塩味も 主張もひかえめ。なので ラムチョップとカレーピラフの味が際立ちます。

もちろんボリュームは満点!

価格もなかなかですが、それ以上に満腹になることまちがいなしです。

 

ツル茶んの真正トルコライス

真正トルコライスのサラダは別盛り

 

元祖長崎風ミルクセーキ 720円

ツル茶んのミルクセーキ

ツル茶ん発祥の長崎風ミルクセーキは必食!

長埼県のご当地スイーツ「ミルクセーキ」の発祥店が、この “ツル茶ん”。

一般的には “飲み物” なミルクセーキですが、長崎風は “ミルクセーキの中に かき氷 をくわえた” もので、 “食べ物” として提供されているんです!

きっと味も食感も想像がつくはず。

暑い夏にピッタリな冷たいスイーツは、トルコライスに次ぐ人気商品のひとつです!

 

「ツル茶ん」の 店内の様子と トルコライスの発祥について

ツル茶んの店内の様子(1階)

レトロな店内もみどころのひとつ

九州最古の喫茶店といわれている “ツル茶ん” ですが、創業したのは なんと1925年と 約100年も前の話。

店名は “ツルが羽根を広げた形の長崎の港” に “初めて生まれた喫茶店” ということで「ツル茶ん」と名付けられたそうです。

建物は1990年ころに建てかえられたものですが、あえてレトロ調にしているのだとか。

 

ツル茶んの店内の様子(2階)

2階、3階にも席があります

“ツル茶ん” の名物 “トルコライス” ですが、その発祥については よくわかっていないそう。

ネット上に いくつかの有力な説が流れているので、簡単にご紹介します。

ポイント

  1. 当時あった「レストラントルコ」という店のワンプレートメニューが広がったとする説
  2. 「ビストロ・ボルドー」の創業者の父が 神戸の将校クラブに努めていた時に開発したとする説
  3. 「レストラン マルゼン」のシェフがつくり名前をつけたとする説
  4. トルコライスの それぞれの料理を どこかの国・地域にあてはめ、その中間にあるのがトルコだからとする説

ちなみに “ツル茶ん” の 3代目店主 川村さんは、1番の説を主張しているのだとか。

 

ツル茶んの店内(3階)

店内は3階建てで各階に席と調理場がありました

店内は3階建てで、各階はそこまで広くはありませんが すべて合わせたらかなりの席数。

それでも待ちがでてしまうほど人気の喫茶店。

タイミングが悪くなければ そこまで待つこともないと思うので、来たからには必ず食べて帰りましょう。

 

「ツル茶ん」の メニュー一覧

ツル茶んのトルコライスのメニュー表

ツル茶んのトルコライスは全11種類

”ツル茶ん” の メインメニューは “トルコライス”!

トルコライスだけで全11種類もあるので、好みの組み合わせのトルコライスを選びましょう。

トルコ三四郎1580円
ヴェリートルコ1580円
Ryomaトルコ1580円
昔なつかしトルコライス1380円
シーフードトルコ1380円
チキントルコ1380円
ランタントルコ1380円
フリカンデルトルコ1380円
テキトルコ1580円
ジパングトルコ1380円
真正トルコライス1780円

 

ツル茶んのメニュー表

お得なメニュー
モーニングセット720円
ツル茶んランチ1080円
レトロセット1280円
レディースランチ1320円

その他 サンドイッチ・トースト・ドリア・スパゲティ・カレー・オムライス・ハンバーグなど、カフェというより洋食店よりなメニューがひと通りそろっています。

普段使いにも よさそうですね。

 

ツル茶んのメニュー表

喫茶メニューも コーヒー・紅茶・ホットチョコレート・レモネードなど、種類は豊富。

元祖長崎風ミルクセーキ720円
ハーフミルクセーキ380円

ミルクセーキは、ノーマルとハーフの2種類があります。

今回ご紹介したミルクセーキはハーフですが かなり量がありましたので、おためしであればハーフがおすすめです。

 

さいごに

ツル茶んの店頭

さて今回は 長崎県のご当地グルメ “トルコライス” と、その代表店 “ツル茶ん” をご紹介しましたが いかがでしたでしょうか?

”ツル茶ん” の魅力は 以下の3点。

ポイント

  1. 1925年から続く 九州最古の喫茶店
  2. ご当地グルメ “トルコライス” の代表的な一店
  3. おなじくご当地スイーツ “長崎風ミルクセーキ” の発祥のお店

長崎県民には定番のお店なので、観光にきた際は ぜひ足を運んでおきたいところ。

“ツル茶ん” で トルコライスとミルクセーキを堪能してみてくださいね♪

 

トルコライスのハーフがあれば ぜひまた食べに行きたい!

 

店舗情報
【店名】ツル茶ん
【住所】長崎県長崎市油屋町2-47
【電話番号】095-824-2679
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】無休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード不可、電子マネー不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.