カフェラバスティーユ/札幌市/クラシックな焼きプリンにじっくり浸る。一人でも行きやすい街中穴場カフェ♪

2019-06-15

   

札幌中心部で 友人と、はたまた一人でランチした後、
「ちょっとゆっくりお茶したいなぁ」
って思うこと きっとあなたもあるのでは?

そういう時に限って、行きたいお店はたくさんあるはずなのに出てこなーい…。
わかります。いつもならパッと出てくるのに なぜか出てこないんですよね。笑

友達といるときは特に、早く決めなきゃ
と焦って、なおさら出てこなかったり^^;

「お店わかんないし、ココ(近くのお店)入ろっか…」

ちょーっと待った!

せっかくのチャンスなのに 妥協しないでほしいんです!
そんな時に覚えていると便利なお店、紹介させてください♪

おすすめポイント満載の老舗カフェ「Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)」さん。

早速くわしく紹介します^^

看板商品「レアチーズケーキ」もいいけど
クラシックな「固めプリン」も絶品なんです

焼きプリン 500円・紅茶 350円

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

角がしっかりと立った、端正な四角いフォルム

ズバリ!
大事に味わいたい 素朴なおいしさ。

昔ながらの固めプリン好きにはたまらないタイプ。
甘さ控えめでたまご感強めの、シンプルな味。

そのままでも充分美味しいですが、
程よいあまさの「生クリーム」、ふんわりほろ苦い「カラメルソース」をつけると
より一層 紅茶に合う◎

ひとくち、ひとくち、大切に。
普段より 自然とゆっくり味わっている自分に気づきました。

じっくり、浸る。

そんな言葉がぴったりなプリン。

 

レアチーズケーキ 550円

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

こちらはきっとご存知の方も多いはず。
1991年のオープン当初から愛され続けている、1番人気メニューです。

一見アイスクリームのような見た目の「レアチーズケーキ」は、ふわっと空気を含んだエアリーな食感でチーズの風味もしっかり。
甘酸っぱいブルーベリーソースがチーズのうま味をさらに引き立て、相性抜群!

ちょっと多いかな?と思うかもしれませんが、ペロリと食べられる軽さも◎

 

ドリンクはもちろん トーストも充実のメニューがこちら

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

トーストメニュー

  • 厚切りトースト 400円
  • 林檎のトースト 550円
  • レアチーズとトースト 550円
  • クロックムッシュ 550円
  • チーズトースト 600円
  • BLTサンド 650円

個人的におすすめなのが「レアチーズとトースト(550円)」

同店の代名詞「レアチーズケーキ」が半分と、「トースト(1枚)」がセットになった欲張りメニュー。
軽めのランチや小腹が空いた時にも もってこいなんです。

カフェ・ラ・バスティーユらしさ と、喫茶店らしさ が同時に味わえるなんて…

贅沢すぎ!

初来店の方にもおすすめですよ♡

ケーキメニュー

  • レアチーズケーキ 550円
  • ガトーショコラ 550円
  • 焼きプリン 500円
  • 本日のケーキ 500~650円(この日はブランマンジェ 550円)

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

コーヒー、紅茶以外のドリンクメニューも豊富

もちろんフードだけでなく、コーヒーも本格派。

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

お酒もたっぷり 取り揃えています

アルコールメニュー

  • ビール(4種)
  • ワイン(グラス/ボトル)
  • ウィスキー(3種)
  • カクテル(11種)

ヴェデット ホワイト、デュベル、オルヴァルと3種のベルギービールがあったり、ワインのボトルがあったり、飲食店さながらの充実度!

カフェでお酒をたしなむ、というのも たまにはいいのではないでしょうか?^^

 

レトロで味のある ヨーロッパ調の店内

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

外国のお店ような質感の壁と、レトロ色を醸し出すイス&テーブル

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

クルっと仕切りがついたこちらの3人掛け席は、部屋の中にいるような感覚で、とても落ち着けます。

この小窓がまた、いい雰囲気なんですよねー^^
向こうに見える 一枚板のカウンター席も素敵。

それもそのはず、
こちらのヨーロッパ風の隠れ家のような店内は、あの「アトリエテンマ」がデザインしたのだとか。

【click】アトリエテンマとは?

  • 椿サロン
  • 円山ぱんけーき本店
  • La BRIQUE (ラ ブリック)
  • 博多ぶあいそ別邸

など、数々の建築を手掛ける 札幌のデザイン・設計会社。

 

程よい音量のジャズに、この空間…
思わず時間を忘れ、1人でもゆっくりくつろげる居心地の良さも大きな魅力!

 

さいごに

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

お店は、テレビ塔からすぐ。
まるいパーキングの裏手の通りのビルの1Fに ひっそりと佇んでいます。

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

この赤い屋根が目印

大通駅からもすぐという好アクセスな場所にもかかわらず、いつもゆったりした空気が流れている貴重なお店「Cafe La BASTILLE(カフェ ラ バスティーユ)」さん。
外観も 味があっていいんですよね。

創業1991年ともうすぐ30年選手で、カフェの中ではもうかなりの老舗。
これからも永く続いていってほしいなぁ。

  • お買い物の休憩に
  • 待ち合わせまでのちょっとした時間に
  • 食後のデザートに
  • 会社帰りの夜cafeに

とても居心地がいいので、ぼーっとしたい時や読書にもぴったり◎

マチナカで行くお店に困ったときも!
ぜひ行ってみてくださいね(*^^*)

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)

【住 所】 北海道札幌市中央区大通西1 大通KHビル 1F
【電話番号】 011-241-5553
【営業時間】 12:00~22:00
【定休日】 月曜
【駐車場】 なし
【Facebook】 https://www.facebook.com/cafe.la.bastille/

近くのスポットをチェック



どうみん割特別追加枠について

2020年7月10日から 北海道民が対象の制度 “どうみん割” の特別追加枠の販売が始まります。

一次で希望の予約が取れなかった方は、この機会に再度チャレンジしてみてくださいね。

⇩ どうみん割の詳しい説明はこちらから ⇩

どうみん割 特別追加枠 7/10~!

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.