フランセ/札幌市/1974年から続く定山渓の老舗喫茶店!

2020-10-26

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

札幌の奥座敷 “定山渓”。

道内でも有数の温泉街として知られる場所ですが、実はご飯を食べられるお店はそうは多くありません。

 

今回ご紹介するのは 老舗喫茶店「Francais(フランセ)」さん。

観光客向けのお店が多い定山渓ですが、1974年から長きにわたって地域に根付いた喫茶店でナポリタンをいただいてきました♪

 

 

「フランセ」への アクセス方法

喫茶フランセの外観

店舗前に駐車場3台分有

“喫茶フランセ” があるのは、定山渓から中山峠へと続く “国道230号線沿い”。

札幌方面から向かった場合、“定山渓万世閣ホテルミリオーネ” を過ぎると、すぐ先の左手側にみえてきます。

 

目印は “ターコイズブルーのテント”。

店舗前に 駐車場が3台分あるので、車で向かう場合はこちらに停めましょう。

またバスで向かう場合は、中央バス “定山渓 停” で下車し、徒歩2分ほどで到着します。

 

店舗情報
【店名】Francais(フランセ)
【住所】北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目306-1
【電話番号】011-598-3410
【営業時間】10:30~19:00
【定休日】日曜
【駐車場】あり(3台)
【キャッシュレス決済】不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

喫茶店らしく「ナポリタン」をいただきました!

スパゲティ ナポリタン 750円(税込)

タバスコと粉チーズがセット

今回は、喫茶店のメニューっぽさが満天な “ナポリタン” をチョイス!

具材は “タマネギ・ピーマン・パプリカ・シメジ” に ちょっとだけお肉も入っていて、スープとサラダがセットでした。

お好みで タバスコと粉チーズをかけていただきましょう。

 

なお この日お目当てだった “カツカレー” は、ごはんの売り切れにより食べられず‥。

13:00ころの訪問でしたが、どうやら早い時間から結構お客さんがきている様です。

 

昔ながらのケチャップ味

“ザ☆喫茶店” という感じの、ケチャップベースのナポリタン。

味付けは結構しっかり目で、ケチャップをたっぷりと使っているのがわかる味わい。

パスタより “スパゲティ” という言葉がピッタリで、アルデンテよりもやわらかい麺が特徴的でした。

 

しっかりとした味わいのナポリタンとは反対に、スープとサラダは塩味をおさえた優しい味わい。

お口直しにピッタリで、組み合わせとしてはベストでした。

750円という昔ながらの価格で お財布にも優しい! 普段使いにピッタリなカフェです。

 

「フランセ」の メニュー表

フランセのメニュー表

「フランセ」は 1974年から続く、老舗の喫茶店。

メニューには 喫茶店らしく、パスタやサンドイッチなどのラインナップが並びます。

スパゲティ・ミートソース730円(税込)
ミート・カツ980円(税込)
スパゲティ・ナポリタン730円(税込)
ジャポネ―ズ750円(税込)
カレーライス680円(税込)
カツカレー900円(税込)
エッグカレー730円(税込)
えびピラフ750円(税込)

 

フランセのメニュー表

トースト(単品)480円
ドースト(セット)750円
ハニートースト(単品)600円
ハニートースト(セット)880円
サンドイッチ(単品)600円
サンドイッチ(セット)880円
カツサンド(単品)780円
カツサンド(セット)1000円
セットの飲み物は右記の3種類から選択(ブレンドコーヒー・紅茶・コーラ

 

トーストやカツサンドはお店のおすすめメニュー

オリジナルのハニートーストも見逃せない!

 

フランセのドリンクメニュー表

ブレンドコーヒー450円
ブルーマウンテン850円
モカ550円
キリマンジャロ550円
ブラジル550円
コロンビア550円
ウインナーコーヒー550円
カフェ・オ・レ500円
ミルク450円
紅茶450円
ミルクティー500円
ココア550円
コーラ450円
ソーダ水450円
オレンジジュース450円
カルピス450円
トマトジュース450円
アイスティー500円
アイスココア500円
レモンスカッシュ500円
ミルクセーキ500円
抹茶オ・レ500円
クリームソーダ550円
アイスクリーム550円
ココアフロート600円
抹茶フロート600円
アイスコーヒー(夏季限定)450円
アイスカフェ・オ・レ(夏季限定)500円
コーヒーフロート(夏季限定)550円

 

「フランセ」の 店内の様子

フランセの店内

良くも悪くも昔風の喫茶店、とても落ち着きます

「フランセ」の店内は、“木” や “レンガ” が基調の 昔ながらの喫茶店。テーブル席が 5卓ほどで 広くはないですが、それが逆に落ち着きます。

混雑こそしていませんでしたが、ポツポツとお客さんがきていたので、今回は長居はひかえました。

普段なら間違いなく、コーヒー片手にゆっくりしていくところでしたね♪

 

さいごに

今回は “定山渓温泉” の老舗喫茶店「フランセ」を ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

わたしが “フランセ” を語るなら、以下の点をおすすめします。

ポイント

  1. 1974年から続く 定山渓の老舗喫茶店
  2. 昔から続く 懐かしさすら感じる 喫茶メニューの数々
  3. 観光地にありがちな ”価格設定” や “映え系” とは一線を引く、地元目線の店舗運営

 

ランチ・ディナー共に選択肢の少ない “定山渓” で、普通のご飯が食べられる 数少ないお店。

家族経営っぽい雰囲気も、観光地っぽくなくて好印象でした♪

 

特にコーヒー片手にゆっくりしたい時におすすめ。

定山渓に立ち寄った際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

店舗情報
【店名】Francais(フランセ)
【住所】北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目306-1
【電話番号】011-598-3410
【営業時間】10:30~19:00
【定休日】日曜
【駐車場】あり(3台)
【キャッシュレス決済】不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.