喫茶コロンビア/小樽市/シャンデリア輝くノスタルジックな昭和の喫茶店!

 

tomo.
どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

歴史ある 小樽には、古くから営業している “老舗” がたくさんあります。

その中から今回は、古き良き “昭和” の時代をそのままに残した “ノスタルジック” な喫茶店「喫茶コロンビア」をご紹介します。

 

料理もそうですが、ここの もっとも素晴らしい点は 店内の 「雰囲気」

どこか なつかしささえ感じる 居心地のよさから、地元小樽の方がついつい足を運んでしまう “喫茶店です。

 

 

「喫茶コロンビア」への アクセス方法

喫茶コロンビアの外観

喫茶コロンビアの外観

「喫茶コロンビア」があるのは、小樽の “寿司屋通り” から ほど近くにある “花園銀座商店街”

花園銀座商店街には、老舗和菓子店 小樽新倉屋 本店 や、老舗洋菓子店 “館ブランシェ” などの名店が並びます。

また 以前ご紹介した あんかけ焼きそば の名店 “大丸ラーメン” があるのも、この商店街。

関連記事
大丸ラーメン
【閉店】大丸ラーメン/小樽市/地元民に愛されるソウルフードあんかけ焼きそば!大盛なのにヘルシーでペロリ♪

続きを見る

 

「喫茶コロンビア」の外観

なお 公共交通機関を利用した場合の所要時間などは 以下のとおりです。

ポイント

  • JR「小樽駅」から 徒歩 約12分
  • 中央バス「市役所通 停」から 徒歩 約3分

⇒ JR 小樽駅からのルートを確認

 

専用駐車場はありませんが “花園銀座商店街” の指定駐車場を利用することで、以下の場合に特典が受けられます。

駐車場特典

花園銀座商店街 加盟店 で 2,000円以上利用の場合、1時間分の専用コインを配布

 

店舗情報
【店名】 喫茶コロンビア
【住所】 北海道小樽市花園1-10-2
【電話番号】 0134-33-5178
【営業時間】 11:00~24:00
【定休日】 無休
【駐車場】 提携駐車場有(上記 表外 参照)
【キャッシュレス決済】 -
【公式サイト】 -
【外部サイト】 ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

 

 スポンサードリンク

 

ボリューム満点な スパゲティ&ハンバーグ をいただきました!

ハンバーグ&ナポリタン 950円

「喫茶コロンビア」のハンバーグ&ナポリタン

「喫茶コロンビア」のハンバーグ&ナポリタン

「喫茶コロンビア」はメニューがとても豊富。

ドリア・ハンバーグなどの洋食はもちろん、丼ぶりやお弁当などの和食まで 幅広いラインナップが特徴的です。

 

数あるメニューの中から、喫茶店の定番メニュー “ナポリタン” と “ハンバーグ” がセットになった「ナポリタン&ハンバーグ」をいただきました。

 

「喫茶コロンビア」の ナポリタン&ハンバーグ

ボリューム満点でお腹も満腹!

アツアツの鉄板で出てきた “ナポリタン” は、しっかりと濃い味。

イタリアンの “パスタ” ではなく、まさに 喫茶店の “スパゲティ” で、やわらかめの麺が特徴的。

コーヒーカップで出てきた “粉チーズ” をかけると、コクが加わり 塩味がおさえられ、食べる手が進みます。

 

「喫茶コロンビア」のナポリタン

やわらかい麺が特徴的な “スパゲティ” です

また「喫茶コロンビア」の特徴といえば、なんといっても料理の “ボリューム”!

アツアツの鉄板の上に こんもりと乗っかった ナポリタンには、ピーマン・玉ねぎ やソーセージなどの具材がゴロゴロっ!

 

「喫茶コロンビア」のハンバーグ

対照的に優しい味わいのハンバーグ

量が多いのは “ナポリタン” だけでなく、“ハンバーグ” も同じ。

たっぷりとソースのかかった 大きなハンバーグは すんごくフカフカで、フォークで持ち上げようにも すぐにくずれてしまうほどです。

また とてもあっさりしていたのは、つなぎの割合が多いから。

肉々しさには欠けますが、濃い味のスパゲティとは対照的な味わいがピッタリでした!

 

「喫茶コロンビア」のハンバーグ

しっかりと完食しましたが、その分 お腹はパンパン!

この内容で1,000円以下なので、間違いなく リーズナブルです。

 

 スポンサードリンク

 

「喫茶コロンビア」の 店内の雰囲気

喫茶コロンビアの店内

昭和のよき雰囲気が味わえる貴重な名店

「喫茶コロンビア」の一番の魅力は、昭和のノスタルジックな雰囲気がそのまま残った店内の雰囲気

それもそのはず、創業は “1948年” と半世紀以上もの歴史がある喫茶店なんです!

赤いビロードのソファー、きらびやかな天井のシャンデリア、重厚感ただよう店内やアンティークの数々‥。

どれもステキで、思わずみとれてしまいます♪

 

「喫茶コロンビア」の店内の様子

天井もとても高く、せま苦しさを まったく感じさせない 開放的な空間。

ひと昔前には当たり前だった良くある喫茶店の光景ですが、今となっては とても貴重です。

 

ですが 小樽の人々にとっては、あって当たり前の光景。

女子会で盛り上がっているグループや、お腹を空かせた学生さん達などが つねに出入りする、市民のいこいの場となっています。

 

「喫茶コロンビア」の メニュー一覧

「喫茶コロンビア」の日替わりランチメニュー

この日の日替わりランチは “親子丼”!

「喫茶コロンビア」はメニューも豊富。食事からデザートまで、なんでもそろっています。

これも人がとぎれない理由のひとつ。お腹がすいた時だけでなく、ちょっとしたカフェ利用にもピッタリです。

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

ドリア
チキンドリア 750円
きのこドリア 750円
エビドリア 950円
ハンバーグドリア 950円
ピラフ
エビピラフ 750円
ハンバーグピラフ 950円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

お弁当
日替わりお魚定食 1,000円
コロンビア特製弁当 950円
エビフライ弁当 950円
ポークカツ弁当 950円
生姜焼き弁当 850円
ソースカツ丼 850円
豚丼 850円
エビ重 900円
カツ丼 900円
親子丼 850円

 

ハンバーグ
ハンバーグ&エビフライセット 1,150円
和風ハンバーグセット 950円
アメリカンハンバーグセット 950円
チーズハンバーグセット 1,000円
ステーキ風トンカツ 950円
カレー
チキンカレー 800円
きのこカレー 850円
ビーフカレー 850円
オムレツカレー 900円
チーズオムレツカレー 950円
エビフライカレー 1,050円
カツカレー 1,100円
ハンバーグカレー 1,100円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

パスタ
ナポリタン 700円
ミートソース 750円
シーフード 750円
エビときのこ 800円
ハンバーグ&ナポリタン 950円
ハンバーグ&ミート 1,000円
スパカツ 1,000円
ドリア風ナポリタン 850円
ドリア風ミートソース 900円
オムライス
オムライス 900円
シーフードオムライス 950円
ピザ
ベーコンピザ 750円
サラミピザ 750円
お好み焼き風ピザ 750円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

軽食
トースト&コーヒー 600円
フライドポテト 450円
枝豆 400円
ザンギ 500円
鍋焼きうどん(冬季限定) 750円
アルコール
生ビール(中) 650円
生ビール(小) 500円
ウイスキー水割りW 650円
ウイスキー水割りS 500円
冷酒 650円
ハイボール 500円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

パイセット(コーヒーor紅茶)
カスタードパイ 850円
アップルパイ 850円
小倉クリームパイ 850円
ケーキセット(コーヒーor紅茶)
チョコレートケーキ 750円
チーズケーキ 750円
マロンケーキ 750円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

スイーツ
チョコレートパフェ 700円
抹茶パフェ 700円
ヨーグルトパフェ 700円
キウイヨーグルトパフェ 700円
フルーツパフェ 800円
フルーツクリームあんみつ 700円
クリームぜんざい 650円
モカソフト 650円
コーヒーゼリー 700円
プリンアラモード 700円
ソフトクリーム皿盛り 600円
キウイヨーグルト 600円
オレンジヨーグルト 600円

 

「喫茶コロンビア」のメニュー表

その他 ドリンクメニューも豊富です。

 

 スポンサードリンク

 

さいごに

今回ご紹介したのは 小樽の古き良き喫茶店「喫茶コロンビア」でしたが、いかがでしたでしょうか。

ここの おすすめポイントは 以下の3点。

ポイント

  1. 1948年から続く “老舗喫茶店”
  2. 当時の趣が残ったままの “ノスタルジックな雰囲気” の店内
  3. どのメニューも満足すること間違いなしな “ボリューム”

20代以下の方には なじみがない雰囲気でしょうが、逆にあたらしく感じること間違いなし。

昭和の時代から続く歴史を感じる 喫茶店、おすすめです♪

 

店舗情報
【店名】 喫茶コロンビア
【住所】 北海道小樽市花園1-10-2
【電話番号】 0134-33-5178
【営業時間】 11:00~24:00
【定休日】 無休
【駐車場】 提携駐車場有(上記 表外 参照)
【キャッシュレス決済】 -
【公式サイト】 -
【外部サイト】 ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。