ブンカフェー/旭川シメパフェ・スイーツ

【旭川】「ブンカフェー」で週末限定ディナー!パフェも食事もハイレベルな希少店♪

 

高井なお
北海道を4000店以上食べ歩いた道産子グルメライター 高井なおです

 

ごはんもデザートも妥協したくない!
夜においしいスイーツが食べられるお店が知りたい!

 

そんなあなたにおすすめしたいのが、旭川のメインストリート・平和通買物公園に店をかまえる「ブンカフェー」さん。

通り沿いのビルに入っていますが、外観からはどんなお店か全く不明w

影をひそめたビジュアルにもそそられる 穴場的な一軒です♪

 

おすすめポイント

  • 2011年オープン。市民文化会館から移転し10周年!
  • ランチ・カフェのほか、週末限定の “夜営業” が高コスパで雰囲気抜群◎
  • 「自家製ケーキ・パフェ・ソフトクリーム」など スイーツもハイレベル♪

 

フードのおいしさもさることながら、中に入ると予想だにしない 広くて開放的なデザイナー空間が広がっているのです……!

この記事では、実食口コミ・全メニュー・店内・駐車場・アクセス・営業時間など「ブンカフェー」について詳しくご紹介していきます ^^

 

※記載情報は訪問時のものです。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

 

ブンカフェー【週末限定・夜営業】お酒と味わうハイレベルなフードメニュー

ビール「パーフェクトクラシック樽生」とキュウリと卵のスープがテーブルに置かれている

まずはビール「パーフェクトクラシック樽生」で乾杯♪

焼酎「桜明日香(さくらあすか) 芋」がテーブルに置かれている

北海道産のグラスでいただく焼酎「桜明日香(さくらあすか) 芋」

平日はランチ&カフェ営業のみのブンカフェーですが、金土日の週末限定でディナー営業もしています。

 

週末夜は 常連たちがつどう、知る人ぞ知る空間♪

オーナー厳選の新鮮なお刺身・ハンバーグなど 実食レビューで紹介していきます!

高井なお

 

本日の刺盛り

サーモン、平目などお刺身盛り合わせがテーブルに置かれている

お刺身は留萌市「長田鮮魚店」から直送。1人前 税込1200円~(写真は2人前 税込2400円)

訪問時のお刺身は「ホタテ・函館産メカジキ・留萌産ヒラメ・カツオ・サーモン・アジ」

 

高井なお
どれもおいしいけれど、特に秀逸だったのが「ホタテ」。

シャキっと角が立った貝柱と コリコリのヒもは、鮮度抜群のおいしさでした!

生ビーツの薄切りやツマまでフレッシュで美味。

野菜までひとつ残らずきれいにペロりです♪

 

カタクリが描かれた千尋窯の醬油皿と醤油さしがテーブルに置かれている

器にも抜かりないこだわり。醤油皿は旭川・北の嵐山にある「千尋窯(ちひろがま)」のものを使用。

 

豆腐と紅芯大根のサラダ

ブンカフェーの「豆腐と紅芯大根のサラダ(税込780円)」がテーブルに置かれている

サッパリ前菜感覚でいただける「豆腐と紅芯大根のサラダ(税込780円)」

大きな豆腐が入ったサラダがテーブルに置かれている

どデカいお豆腐が入った冷ややっこのようなボリュームサラダ!野菜もフレッシュで美味◎

 

国産牛ハンバーグ デミグラスソース

「国産牛ハンバーグ デミグラスソース(税込1600円)」

「国産牛ハンバーグ デミグラスソース」は、リピートする常連さん多数の大人気メニューです。

 

デミグラスソースハンバーグにナイフを入れている様子

人気の秘密がコレ!ナイフを入れた瞬間ブワッ!と噴き出す肉汁

半分にカットされたハンバーグの中から肉汁があふれ出てきている様子

ドバババーー!とあふれ出てきて一瞬で肉汁の海♡ 食欲刺激しまくりです

 

高井なお
口に入れても肉汁がじゅわ~っ♡

肉々しさ満点の食感はつなぎなしの牛肉100%ならでは。

そして尋常じゃないコクと奥ゆきのデミグラスソースは、10年間継ぎ足して育て上げた抜群のおいしさ!

 

プレートに生野菜がのせられ、テーブルに置かれている

みずみずしい生野菜がたっぷり目に添えられているのもうれしいポイント

 

 スポンサードリンク

 

ブンカフェー ランチからディナーまで味わえる「絶品スイーツ 3選」

「ブンカフェー」は、営業時間内ならいつでも食べられるスイーツもかなりハイレベルなおいしさ!

 

夜営業している週末なら、“シメパフェ・シメスイーツ” としても使えちゃう♪

素材にこだわるスイーツも必食ですよ ^^

高井なお

 

①ココナッツパフェ

ブンカフェーの「ココナッツパフェ(税込1170円)」がテーブルに置かれている

長身のグラスで提供される「ココナッツパフェ(税込1170円)」

ブンカフェーの「ココナッツパフェ(税込1170円)」がテーブルに置かれている

ココナッツ好きにはたまらないひと品

 

構成パーツ一覧

  1. ローストココナッツフレーク
  2. 生クリーム
  3. フルーツグラノーラ
  4. ラムレーズンアイス
  5. サワークリーム
  6. パッションフルーツソース

 

ブンカフェーの「ココナッツパフェ(税込1170円)」をスプーンですくっている様子

ラムレーズンアイス、パッションフルーツソースに ココナッツをからめていただきます

 

高井なお
そこらのココナッツとは段違いのロースト感がたまらない♪

パリパリの食感もよく、トロピカルなパッションフルーツとの相性抜群◎

しっかり甘めだけど酸味が手伝っておいしく完食です!

 

かなり高さがあり「食べきれるか不安…」という方も多いそうですが、みなさんペロっと完食していくのだとか ^^

 

②黒蜜がけ 小倉フロート

ブンカフェーの「黒蜜がけ 小倉フロート(税込690円)」がテーブルに置かれている

「黒蜜がけ 小倉フロート(税込690円)」

シンプルなビジュアルに反し、目を見開くほどのとんでもないおいしさでした……!

 

高井なお
なにこのソフトクリーム… ハイレベルすぎ!

生クリームのコクとうま味は強いけれど、甘さと後味はスッキリさっぱり♡

小倉との相性は言わずもがな。絶品です!!!

 

メニュー表にはメニュー名と写真のみで解説はなく、好みだけでセレクトしましたが これが大当たり!

スタッフさんに伺ってみたところ、ソフトクリームは利益度外視レベルのこだわりが詰まっているのだそうですよ(驚)

 

自家製 柚子レアチーズケーキ

ブンカフェーの「自家製 柚子レアチーズケーキ(税込600円)」がテーブルに置かれている

2011年のオープンからファン多数「自家製 柚子レアチーズケーキ(税込600円)」

レアチーズ好きのシェフがつくる「自家製 柚子レアチーズケーキ」はトッピングだけじゃなく、全体に柚子が練りこまれためずらしいひと品。

 

ブンカフェーの「自家製 柚子レアチーズケーキ」がテーブルに置かれている

クリームチーズを100%使用した濃厚レアチーズケーキ

 

高井なお
どっしり濃厚でコク旨♡

全体に柚子を練り込んだ酸味が爽やかなチーズケーキは、クリームチーズ1本・生クリーム600g使用!

トッピングの生クリームも上質で、甘さ控えめなのがよき◎

 

ブンカフェーの「ハーブティー」がテーブルに置かれている

夜の来店だったので、ケーキのおともはノンカフェインの「ハーブティー」

メニューや料理でわからないことは何でも丁寧に教えてくれる◎

ホール担当の奥様・一戸 佳美(いちのへ よしみ)さんの細やかなサービスも素晴らしく、どこを取っても魅力的な一店でした ^^

 

 スポンサードリンク

 

ブンカフェー「メニュー一覧」

 

ここからはメニュー・価格をチェックしていきましょう♪

ランチメニュー以外はかなり種類豊富なので、予習していくとスムーズですよ ^^

表示価格は2022年8月現在。変更になっている可能性あり。

高井なお

 

ランチメニュー

ブンカフェーのランチメニューがテーブルに置かれている

ランチメニューは11:30~14:00限定

 

スイーツ・デザートメニュー

ブンカフェーのパフェメニューがテーブルに置かれている

パフェメニュー

 

ブンカフェーのクロワッサンプレート・ケーキメニューがテーブルに置かれている

クロワッサンプレート・ケーキメニュー

 

ブンカフェーのフロートメニューがテーブルに置かれている

フロート・その他スイーツメニュー

 

単品フードメニュー

ブンカフェーの一品料理・焼き物メニューがテーブルに置かれている

一品料理・焼き物

ブンカフェーのパスタ・ピザ・ご飯ものなどのメニューがテーブルに置かれている

パスタ・ピザ・ご飯ものなど

 

ブンカフェーの店内にある黒板に本日のおすすめメニューが書かれている

上記メニューのほか店内黒板に「本日のおすすめメニュー(数量限定)」あり

週末のディナータイムは 都度食材を仕入れる「おすすめメニュー」が多数あり。

人気メニューは完売することもあるので、早めの来店がおすすめですよ。

 

お酒・アルコールメニュー

ブンカフェーのビール・ウイスキー・ワインなどのメニューがテーブルに置かれている

ビール・ウイスキー・ワインなど

ブンカフェーの日本酒・リキュール・焼酎メニューがテーブルに置かれている

日本酒・リキュール・焼酎

 

ブンカフェーのカウンター席にお酒のボトルが置かれている

カウンターには特別な気分を味わえる “銘酒” たちがずらり♪

 

ソフトドリンクメニュー

ブンカフェーのソフトドリンクメニューがテーブルに置かれている

ソフトドリンク

 

ブンカフェー「店内のようす」

カウンター席とテーブル席がならぶ「ブンカフェー」の内観

開放的な大人空間が広がる「ブンカフェー」店内

「ブンカフェー」の客席は、カウンター 7席・テーブル 30席・テーブル大個室 20席・特別個室テーブル 14席 の計71席。

店内は “カフェ” がつく店名からは想像できない贅沢なスペースの使い方で、ラグジュアリーなデザイナーズ空間が広がっています。

 

大きなイスが並ぶブンカフェーのカウンター席

大きなイスでゆったりくつろげるカウンター席

シックな雰囲気ただよう「テーブル席大個室」の内観

シックな雰囲気ただよう「テーブル席大個室」

大きく “文” の文字がデザインされたブンカフェーの障子風の仕切り

障子風の仕切りには大きく “文” の文字がデザインされている

まるでギャラリーのように洗練された「特別個室テーブル席」の内観

まるでギャラリーのように洗練された「特別個室テーブル席」

20名クラスの大宴会はもちろん、30名以上でホールの貸し切りも可能です。

 

外から中が見えない分、店内に入った瞬間に広がるこの光景にテンションが高まる!

居酒屋ともホテルともひと味違う 非日常感あふれる空間も、ブンカフェーさんの大きな魅力です◎

 

 スポンサードリンク

 

ブンカフェー「住所・電話番号などその他店舗情報」

昼間の「ブンカフェー」の外観

昼間の「ブンカフェー」外観

夜の「ブンカフェー」の外観

夜の「ブンカフェー」外観

ブンカフェーが入るビル「旭川フードテラス」があるのは、旭川のメインストリート 平和通り買物公園沿い。

ランチタイムとディナータイムで外観の雰囲気もガラリと変わるので、うっかり見落とさないよう注意してくださいね!

 

「ブンカフェー」 の住所や連絡先、営業時間などは 以下をご確認ください。

 

▼ 店舗情報
店名ブンカフェー
住所北海道旭川市5条7丁目 旭川フードテラス 1階
電話番号0166-73-5099
営業時間火~木|11:30~17:30 ※ランチは14:00まで
金~日(祝日含む)|11:30~14:30 ※ランチは14:00まで、17:30~23:00 ※日曜・祝前日曜は22:00まで
定休日月曜(祝日の場合は火曜)
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
キャッシュレス決済クレジットカード各種
PayPay
公式サイト-
公式SNSInstagramFacebook
外部サイトYahoo! ロコ
地図を表示グーグルマップはこちら

⇒「ブンカフェー」の 口コミ

 

近くのスポットをチェック

旭川カフェ/珈琲亭ちろる

2022/11/7

【旭川】こだわりカフェ「珈琲亭ちろる」!銅板焼きパンケーキとコーヒーがおすすめ♪

  高井なお北海道を4000店以上食べ歩いた道産子グルメライター 高井なおです Twitter Instagram おすすめグルメ プロフィール   駅周辺の喧騒をのがれ、ひとりの時間を過ごせる古き良き喫茶店「珈琲亭ちろる」さん。 歴史ある雰囲気はそのままに令和のエッセンスも取り入れた、老若男女に人気の一店です。   おすすめポイント 1939年の創業時から80年以上!地元民に愛される “旭川最古” の喫茶店 “浅煎り・中煎り・深煎り” 好みや気分で選べる自家焙煎のネルドリッ ...

ReadMore

すき焼三光舎

2022/11/7

旭川「すき焼 三光舎」で黒毛和牛のすき焼を堪能!しゃぶしゃぶ・ランチもおすすめ☑

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   旭川の 老舗「すき焼 三光舎」では、ちょっと贅沢な おいしいお肉が楽しめます♪   ポイント 1917年創業の 老舗 “すき焼き屋さん” で、旭川と札幌で 計2店舗を展開 ☑ 創業時より受け継がれる “秘伝の味噌” を 使った、特選和牛のすき焼・しゃぶしゃぶ・ステーキが楽しめる! その他 お刺身・一品料理などもあり、リーズナブルに定食が ...

ReadMore

2022/11/7

旭川「らーめんよつ葉」の煮干しラーメン!無化調・ミシュラン掲載の実力店!

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   “王道の” 旭川ラーメンとは一線を画す ラーメン屋さん「らーめん よつ葉」。   ポイント 2015年創業、開店直後からお客さんの絶えない 大人気のラーメン店! 数種類の “煮干し” を使い、化学調味料不使用のラーメンを提供 ◎  ミシュラン北海道2017 で “ビブグルマン” を獲得した実績あり ^^   旭川ラーメン の ...

ReadMore

2022/11/7

旭川「三代目かん太郎」で新子焼き&チャップ焼き!焼き鳥なのに串がない⁉

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   わたしが選ぶ、旭川でも三本の指に入る おいしい “新子焼き” が食べられるお店のひとつ「三代目かん太郎」。   ポイント 1947年創業の老舗! 名前の通り 現店主で “三代目”♪ 味の決め手は、創業時より 継ぎ足しながら使い続ける “秘伝のタレ”♪ 旭川名物 “新子焼き” と “チャップ焼き” は 必食!   旭川駅からは ...

ReadMore

旭豆の共成製菓

2022/11/19

旭川定番みやげ「旭豆」!おすすめ品6選&共成製菓の直売所詳細を徹底解説!

  高井なお北海道を4000店以上食べ歩いた道産子グルメライター 高井なおです Twitter Instagram おすすめグルメ プロフィール   人気アニメ「ゴールデンカムイ」で再び大人気! 旭川で120年以上に渡って愛され続けている豆菓子「旭豆(あさひまめ)」。 今回は、旭川にある旭豆の製造元「共成製菓」さんの直売所で購入した、おすすめ商品とともにご紹介します♪   おすすめポイント 創業1902年の老舗!「旭豆」は旭川市民のソウルフード 昔ながらの伝統製法 & ...

ReadMore

 

ブンカフェー「アクセス方法と駐車場」

ブンカフェーが入るビル「旭川フードテラス」の外観

ブンカフェーが入るビル「旭川フードテラス」の外観

公共交通機関 を利用して向かう場合

 

最寄駅

  • JR旭川駅 徒歩約13分

公共交通機関で行く場合、最寄駅「JR旭川駅」から歩いて約13分で「ブンカフェー」に行くことができます。

 

▼ 「JR旭川駅」からのルート

 

買物公園沿いのビルに入っているため、土地勘のない観光客も迷わずにたどりつける立地です◎

 

車で向かう場合と 駐車場について

木の階段が二階につづく「旭川フードテラス」の内観

「旭川フードテラス」の内観。ブンカフェーに行く際はここには入らず、ビルの外にある単独の入口に入ります。

「JR旭川駅」から車で「ブンカフェー」へ行く場合、所要時間は約4分。

 

▼ 「JR旭川駅」からのルート

 

「ブンカフェー」に専用駐車場はないため、近くのコインパーキングに停めてからお店へむかいましょう ^^

 

ブンカフェー「予約方法・注意点など」

ブンカフェーの営業案内が壁に貼られている

ブンカフェー 営業案内

 

予約可否
予約方法電話のみ

「ブンカフェー」は予約可能ですが、ネット予約には対応しておらず電話のみ。

 

夜のブンカフェーの営業案内がドアの取っ手の上に貼られている

“夜のブンカフェー” は金土日の17:30~22:00のみ

週末限定のディナータイム “夜のブンカフェー” は予約で満席になることもあるので、早めの予約が確実です。

 

ブンカフェー「まとめ」

夜のブンカフェー入口の外観

平日はランチ&カフェ、週末は “夜のブンカフェー” で、スペシャルな時間を過ごすことができる「ブンカフェー」

 

おすすめポイント

  • 2011年オープン。市民文化会館から移転し 10周年!
  • ランチ・カフェのほか、週末限定の “夜営業” が高コスパで雰囲気抜群◎
  • 「自家製ケーキ・パフェ・ソフトクリーム」など スイーツもハイレベル♪

 

旭川ではメジャーな「買物公園」にあるにもかかららず、ひっそり佇む穴場的雰囲気もかねそなえた一店。

 

高井なお
“おいしさ・空間・サービス” すべてが揃う「ブンカフェー」!

特に旭川の夜に味わえる「シメスイーツ」の中では、間違いなくトップレベルのおいしさです♡

 

 Twitterではグルメの色々や本音を発信、おすすめお取り寄せグルメは楽天ROOMでご紹介しています ^^
高井なお

 

 

その他おすすめカフェ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

グルメライター|高井なお

2000年~北海道全179市町村を4,000店以上食べ歩く。閉店する飲食店を減らすべく2016年~ブログを開始。食を通じ北海道を元気にするのが夢。テレビ番組【マツコ&有吉かりそめ天国】ほかメディアに多数出演。北海道グルメの魅力を発信している。(詳しい経歴は「ライター紹介」から)