北海道のクラフトビール

【北海道】お取り寄せ「クラフトビール」おすすめ7選|お土産にもピッタリ!

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

グルメ王国 “北海道” には、まだまだ知られざる絶品グルメが盛りだくさん!

そこで今回は、インターネットでお取り寄せができる 北海道の「クラフトビール 7選」をご紹介します!

 

 

今回は、特に 地元民すらあまり知らない 隠れた名物グルメを中心に、筆者が実際に食べ おいしいと思ったものだけををご紹介。

お取り寄せで、自宅で気軽に 北海道グルメを楽しんじゃいましょう♪

 

 

クラフトビール ①:【北見】オホーツクビール

オホーツクビール ピルスナー・ヴァイツェン

“ピルスナー” と “ヴェイツェン” を いただきました ^^

まずは 道東 “北見市” で 製造される「オホーツクビール」に 注目!

 

ポイント

  1. “北見市” に本社を置く、ビール工房 兼 ビアホール♪
  2. 1994年に “日本で初めて ビール製造免許を取得” した会社!
  3. 併設する ビアホールでは、巨大なビール窯をながめながら 出来たてのクラフトビールを楽しめる ^^ 

 

オホーツクビール ピルスナー

“ピルスナー” は 口当たりの良さと ホップの香りが特徴的

オホーツクビール ヴァイツェン

苦味が弱く 清涼感と独特の風味が 特徴的な “ヴァイツェン”

オホーツクビールは 麦芽100%のクラフトビール。

原材料はオホーツク産の二条大麦が中心で「麦芽・ホップ・酵母・水」だけを使用♪

 

tomo.
新鮮なビールを楽しんでもらうため、賞味期限を 製造日より わずか 4週間~60日に設定!

独特の 生きた酵母の風味が楽しめる、数少ない 貴重なクラフトビールです ^^

 

オホーツクビアファクトリー/北見市

北見には 工場直結のビアホールも♪

オホーツクビアファクトリーのエールろ過前

工場併設店のみで楽しめる “ろ過前のエールビール” ^^

なお 北見には 工場併設店「オホーツクビアファクトリー」があり、でき立てのビールが楽しめます ^^

巨大なビール窯をながめながら飲むビールは、最高の一言!

機会があれば、ぜひ お立ち寄りください♪

 

参考

 

 

一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

クラフトビール ②:【網走】網走ビール

網走ビール

一番のヒット “流氷ドラフト” は モンドセレクションで銀賞を受賞!

お土産・お取り寄せに ピッタリなビールといえば、「網走ビール」は 外せません!

 

ポイント

  1. 道東 “網走市” に本社を置く、ビール工房♪
  2. 網走の “春夏秋冬” を あらわした 特徴的な 5種のカラービール ^^
  3. 最も有名な “流氷ドラフト” は、仕込み水に “本物の流氷” を使った 青いビール⁉

 

網走ビール 流氷ドラフト

本物の流氷・天然のクチナシ色素を使った ブルーの “流氷ドラフト”

網走ビール ABASHIRIプレミアム

網走産麦芽を100%使用した “ABASHIRIプレミアム” は 黄金色

網走ビール 桜桃の雫

網走産サクランボを副原料に使った “桜桃の雫”

日本の地ビールでは数少ない “三釜方式” を 採用していて、これにより いろいろな副原料を加えることが可能に ^^

サッパリとした口当たりと 副原料の余韻が楽しめ、さらにお土産にもピッタリな カラフルで レアなビールです♪

 

参考

  • 【価格】※ 2022年4月時
    ・330ml 6本セット 3278円
    ・330ml 8本セット 4224円
  • 【通販サイト】

    網走ビール 公式HP

 

一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

クラフトビール ③:【旭川】大雪地ビール「ケラ・ピルカ(アイヌラベル)」

大雪地ビール ケラ・ピルカ

おすすめは 北海道っぽさ全開の “アイヌラベル”

旭川市の駅から 徒歩4分 のところにある「大雪地ビール」

 

ポイント

  1. 道北の中心都市 “旭川市” に本社を置く、1996年創業の ビール工房♪
  2. 北海道産(主に旭川市周辺)の 農産物を、ビールの原料に使用 ^^
  3. 麦を麦芽にする “製麦” という工程を、自社で行っている!

 

大雪地ビール ケラ・ピルカ

アイヌ語 の「ケラ・ピルカ(おいしい)」が 名前の由来

おすすめ は、北海道っぽいラベルが特徴の “ケラ・ピルカ(アイヌラベル)”

苦味が弱めの “エールタイプ” で、とても飲みやすい フルーティーな味わいでした♪

 

参考

 

一覧へ戻る

 

クラフトビール ④:【ニセコ】羊蹄山麓ビール

ニセコ町の「羊蹄山麓ビール」は、紅茶が有名な “ルピシア” の系列⁉

 

ポイント

  1. “紅茶” が超有名な「ルピシア」が 運営!
  2. 羊蹄山のふもとにある “ニセコ” の清流を生かした、5種類のクラフトビールを製造♪
  3. オンラインストア” には 季節限定 の レアなビールも ^^

 

羊蹄山麓ビール

“ニセコワーズ” は グレープフルーツや白ワインを思わせる香りが特徴

羊蹄山麓ビール イングリッシュペールエール

アロマホップの香りと モルトのコク が楽しめる “イングリッシュペールエール”

羊蹄山麓ビール IPA

“IPA” からは ホップの香りと重厚な苦みが

オンラインストアでは その時々で “限定の” ビールも発売 ^^

北海道のお土産でおなじみ “白い恋人” とコラボした、ホワイトチョコレートを使った エールビールなども販売しています♪

 

参考

 

一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

クラフトビール ⑤:【江別】ノースアイランドビール

ノースアイランドビール

ノースアイランドビールは 全部で5種類

札幌の隣町 “江別市” の工場で 醸造されるのは「ノースアイランドビール」

 

ポイント

  1. 2003年 札幌で創業、2009年以降は 江別市の工場で製造
  2. “江別産の小麦” を使った ヴァイツェン や、“道産ホップ” を使った 限定ビールなどを販売 ^^
  3. 札幌市内の 直営店舗2店でも 味わえる♪

 

ノースアイランドビールのピルスナー

王道のラガービール “ピルスナー”

ノースアイランドビールのブラウンエール

豊かな香りと深い味わいの “ブラウンエール”

ノースアイランドビール コリアンダーブラック

コリアンダーが爽やかに香る黒ビール “コリアンダーブラック”

その他、“江別産小麦” を使った「ヴァイツェン」にも注目!

機会があれば 札幌市内にある直営店舗に足を運んで、淹れたてのビールを楽しんでみてください ^^

 

参考

 

一覧へ戻る

 

クラフトビール ⑥:【滝川】滝川クラフトビール工房

ソラチエール ピルスナー

“ソラチエール” は 滝川市発祥

③で ご紹介した “大雪地ビール” の関連施設 “滝川クラフトビール工房”

ここで作られる「滝川クラフトビール」は、全3種類!

 

ポイント

  1. 大雪地ビール の 関連施設で、2014年に誕生!
  2. 滝川市の温泉施設 “滝川ふれ愛の里” 内で 現在も製造中♪
  3. 注目は、上富良野町で開発されたホップ “ソラチエース” を使用した「ソラチピルスナー」 ^^

 

滝川クラフトビール工房 ソラチピルスナー

ソラチエースを使用した “空知ピルスナー”♪

滝川クラフトビール工房 ソラチエール

柑橘系の香りと 苦みが癖になる “空知エール”

“空知ピルスナー” には、1984年に品種登録され 海外で高く評価された 伝説のホップ “ソラチエース” を 使用。

“麦芽100%” で作られる ゴールデンエールを、一度ご賞味あれ!

 

参考

 

一覧へ戻る

 

クラフトビール ⑦:【札幌】すすきのえーる

北海道ジンギスカン蝦夷屋のすすきのエール

すすきのでしか飲めない “すすきのエール” も!

すすきの で 約20店もの飲食店を運営する “APR” が 開発に携わっている、すすきの生まれのビール「すすきのえーる」!

 

ポイント

  1. アルコール分は 通常と同じ 5%
  2. 一部北海道産の原材料を使用した 北海道生まれのビール ^^
  3. 苦味が少なく フルーティな味わい♪

 

北海道ジンギスカン蝦夷屋のすすきのエール

現在料に “はちみつ”⁉

オレンジピール・コリアンダーなどで、香り高く 苦味の少ない “エール”

このビールの 最大の特徴は、原材料の “ハチミツ”⁉

 

tomo.
そこらの エール よりも、フルーティで飲みやすい ^^

苦味の強い “ラガー” が苦手な方でも、飲みやすいこと 間違いなし!

 

参考

 

一覧へ戻る

 

お取り寄せ「クラフトビール」まとめ

さっぽろテレビ塔

大通公園にある 札幌テレビ塔

今回ご紹介したのは「北海道各地 の “クラフトビール”」!

どれも 実際に筆者が飲んでみて、少し変わった 美味しいものだけを厳選しました♪

 

tomo.
美味しいだけの商品なら ありふれている 北海道‥ (^^;

思わず飲みたくなってしまう商品ばかり集めたので、気になったら リンク先から お取り寄せをして楽しんでみてください♪

 

なお 北海道からだと 若干 送料が高めなので、注文前に必ず確認してみてくだいね!

 

 

おすすめグルメまとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。