旭川ふらりーと

【完全版】旭川「ふらりーと」おすすめ店7選+1!新子焼き・ゲソ丼・炉端焼きなど

 

高井なお
こんにちは!北海道を4000軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です♪

どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^

tomo.

 

旭川グルメを語る上で さけて通れないのが「5.7小路 ふらりーと」。

 

ポイント

  • 1920年頃に発足した “中央市場” が原点で、現在では飲食店を中心に 18店舗が軒を連ねる
  • 歴史ある 老舗が多く、特に “新子焼き” が 有名な焼鳥屋さんは 要チェック ☑
  • ハイレベルなお店が多く、観光の場合でも 必ず立ち寄って欲しいスポットのひとつ!

 

今回ご紹介するのは、この “5.7小路 ふらりーと” ^^

わたし達が実際にお店に足を運んだお店を紹介しているので、できれは何軒かハシゴして 自分好みの一店を見つけてみてください♪

 

 

ふらりーと おすすめ ①:ラーメンの蜂屋 五条創業店(ラーメン)

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」がテーブルに置かれている

「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」

旭川ラーメン店の中でも 老舗中の老舗といえば「ラーメンの蜂屋」。

 

ポイント

  1. 1947年創業! 75年以上の歴史をほこる 日本屈指の老舗ラーメン店 ☑
  2. 全世界にファンを持つ “焦がしラード” を効かせた 個性的な一杯が大人気!
  3. 1999年より 約10年間「新横浜ラーメン博物館」にも 出店していた経歴あり♪

 

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」のスープをれんげですくっている様子

豚骨とアジ節のWスープに 蜂屋特製 “焦がしラード” を効かせた オリジナリティあふれるスープ

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」の麺を箸で持ち上げている様子

自社工場で毎日生産している 低加水中太縮れ麺、小麦とかん水のみで 添加物不使用

ラーメンの蜂屋 五条創業店の、旭川5.7小路ふらりーと 中小路側にある入口外観

旭川5.7小路ふらりーと にある 五条創業店 店舗外観

特徴は スープに浮かんだ “焦がしラード” で、注文時に “濃い or 普通” を 選択可。

全体的に油っこさがなく、こってり系が苦手な方にも おすすめしたい一杯です♪

 

高井なお
香ばしい “焦がしラード” が コク深く、独特の風味がクセになる!

しっとりやわらかで うま味が強い赤身肉 & しっかりスープをまとった麺も 旨い ◎

 

ふらりーとにあるのは、本店ではなく「五条創業店」。

少しだけ歩いても大丈夫なら「本店」へ向かうのも良いですが、どちらに向かう場合も 多少の混雑は覚悟しておいた方が良いかも知れません。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 スポンサードリンク

 

ふらりーと おすすめ ②:旅篭(炉端焼き)

旭川 旅篭 利尻産真ほっけ開き炭火焼き

「利尻産真ほっけ開き炭火焼き 1078円」

炉端焼き屋さん「旅篭」は どの料理も すごくおいしくて、お酒の種類も とっても豊富♪

 

ポイント

  1. 旭川の老舗が集う小路 “5・7ふらりーと” にある、炉端焼きの人気店♪
  2. 北海道の “旬の味覚の炙り焼き” や 厳選された “旬のお造り” が 自慢!
  3. とってもレトロで 渡り廊下などもある ちょっと変わった造りの店内が、また魅力的 ^^

 

旭川 旅篭 お造り

この日のおすすめ「お造り盛り合わせ 二~三人前 2630円」

旭川 旅篭 旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ

「旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ 880円」

旭川 旅篭 1階カウンター席

2階から見下ろした 1階カウンター席。焼き台もあって 雰囲気はバツグン!

旅篭 店舗外観

白い暖簾をくぐって 店内へ

食べられるのは 旬の素材を使った “炙り焼き” や、新鮮なお造りなど♪

その他 料理に合う “日本酒・焼酎” が充実していて、ついつい飲まさってしまうんです ^^

 

tomo.
イカもホッケも 大型のもので、家庭の食卓にはまず並ばないであろう 超肉厚のもの ☑

炭火の直火で炙っているので とっても香ばしく、お腹いっぱいでも ついつい食べられちゃいます ^^

 

“旅篭” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

何せ とっても人気のお店なので、向かう場合は 必ず事前に予約するのが おすすめです。

 

お店を予約する

“ホットペッパー” へ移動

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 スポンサードリンク

 

ふらりーと おすすめ ③:焼鳥らんまん(焼鳥)

焼鳥らんまん 新子焼き

「新子焼き 1500円」

旭川の “5.7小路 ふらりーと” で、個人的に大好きな “新子焼き” のお店が「焼鳥らんまん」♪

 

ポイント

  1. 1946年創業の “老舗” 焼鳥屋さん! 現在は 2代目女将が奮闘中 ☑
  2. 創業時より継ぎ足している “秘伝のタレ” に、“たっぷりの白コショウ” を加えるのが らんまん流♪
  3. 旭川名物 “新子焼き” と、鶏モツの “モツ串” は 必食!

 

とっても元気のイイ女将の接客が 何とも温かく、常連さんも通うお店 ^^

お店の中は とっても狭いですが、とってもおいしい “新子焼き” や 昭和感が満載なゴチャゴチャした雰囲気もたまりません ^^

 

焼鳥らんまん 新子焼き

ふっくらジューシーに焼かれた “新子焼き” ^^

焼鳥らんまん 新子焼き

白コショウをたっぷり加え、タレによ~く絡めていただきます♪

焼鳥らんまん 店舗外観

“5.7小路 ふらりーと” にある、焼鳥らんまん の 店舗外観

しょう油の香りが立っているタレで、適度にしょっぱくて 甘すぎない ◎

むね肉も モモ肉も ふっくら・柔らか・ジューシーで、食べる手が止まらなくなる とってもおいしい新子焼き♪

 

tomo.
箸ではなく、手に持って豪快にかぶりつくのが らんまんスタイル!

風味豊かな甘じょっぱいタレと 後からジンワリ来るコショウの辛さが、か~なりマッチしてました ^^

 

“焼鳥らんまん” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

全部で 10数席分しかないので、予約するか オープン直後をめがけるのがおすすめです。

 

関連記事

▼ 焼鳥らんまん を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

ふらりーと おすすめ ④:焼鳥どじょうよしや(焼鳥)

焼鳥どじょうよしや 新子焼き

「新子(若鶏半身) 1300円」

超老舗の「焼鳥どじょう よしや」も、新子焼きが有名なお店♪

夏期限定で(仕入れがある場合のみ)“どじょう料理” も 楽しめる、とっても貴重なお店です。

 

ポイント

  1. 1927年創業の “超老舗” 焼鳥屋さん! 90年以上続く 伝統の味わいが楽しめる ☑
  2. 創業時より 継ぎ足しながら使い続ける “秘伝のタレ” が 味の決め手♪
  3. 必食は 旭川名物 “新子焼き”!

 

※ 2022年は どじょうの入荷自体がなく 通年食べられません。

 

焼鳥どじょうよしや 新子焼き

炭火の強火で しっかり・こんがり ^^

焼鳥どじょうよしや チャップ&もつくし

左:チャップ、右:とりもつ

焼鳥どじょうよしや 店舗外観(夜)

夜に灯りがつくと、雰囲気が一転して よりイイ感じに ^^

新子の味付けは、基本 創業時から受け継がれている “タレ味一択”!

とってもサラッとしているので、たっぷりつけても 香ばしさがそこなわれません♪

 

tomo.
タレは 適度に甘じょっぱくて、塩っ辛さは ぜんぜん無し ◎

結構こんがり目で 段違いの香ばしさ! ジューシーすぎない分、お肉本来の肉質とうま味をしっかりと堪能できました ^^

 

“よしや” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” 内。

店内は比較的ゆったりしているので、タイミングによっては 予約なしでも入れるかも知れません。

 

関連記事

▼ 焼鳥どじょうよしや を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 スポンサードリンク

 

ふらりーと おすすめ ⑤:焼鳥専門ぎんねこ(焼鳥)

ぎんねこ 新子焼き

「新子焼き 1500円」

ここまで いろいろなお店をご紹介しましたが、圧倒的に知名度の高い人気店といえば「焼鳥専門ぎんねこ」でしょう ☑

 

ポイント

  1. 1950年創業の 老舗 “焼鳥屋さん” で、旭川名物の “新子焼き” は 必食 ☑
  2. “予約不可” の 超人気店! あまりの混雑っぷりに 入店不可になることも珍しくないくらい ^^;
  3. 13:00 から 営業、昼飲みができる 貴重な一店♪

 

今回のラインナップで、唯一 昼から営業している貴重な一店。

それ故 昼からず~っと混雑が続く、正真正銘の人気店なんです ^^

 

ぎんねこ 新子焼き

皮はパリパリ、身はふっくらジューシーで もう最高!

ぎんねこ ちゃっぷ丼(小)

タレがシミシミのご飯が格別な「ちゃっぷ丼 880円」

焼鳥専門ぎんねこ 店舗外観

古き良き昭和の面影が残る「5.7小路ふらりーと」

北海道産 “伊達鶏” を じっくり炭火で焼き上げていて、とっても香ばしく 皮はパリパリッ!

タレはしょっぱくなくて 甘さひかえめ、粘りがあるので た~っぷり絡ませてからいただきましょう♪

 

tomo.
オーダー方法の融通が効くのが “ぎんねこ流”

味付けは “タレと塩” のどちらでもよく、食べやすい様にカットもしてくれます ^^

 

“ぎんねこ” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

予約不可なので、お店に入れるかは その時々の状況次第でしょう。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

ふらりーと おすすめ ⑥:旭川ほるもん七輪屋(焼肉・ホルモン)

旭川 七輪屋 塩ほるもん

「塩ほるもん 470円」

“塩ほるもん” を食べるなら「炭火焼肉旭川ほるもん 七輪屋」も 外せません♪

 

ポイント

  1. 名店が軒を連ねる “5.7小路 ふらりーと” にあり、現在は 2代目が運営 ☑
  2. 炭火の七輪焼きで、空調もしっかり♪
  3. 毎日仕入れる “生ホルモン” に 定評あり、特に “ネギ塩ホルモン” が 有名!

 

七輪屋 旭川醤油ホルモン

漬けタレに 旭川の醤油メーカー “キッコーニホン” の 醤油を使用した「旭川醤油ホルモン」

七輪屋 旭川醤油ホルモン

クルっと丸まったら もう食べごろ、後はお好みで育てましょう ^^

炭火焼肉七輪屋 旭川 店舗外観

灯りがともると 雰囲気が一転! か~なりイイ雰囲気に♪

毎日仕入れる “生ホルモン” は、下処理が丁寧なので 臭みがなくプリップリ♪

薄ーいタイプで 水分たっぷり、七輪の上で とっても縮む!

 

tomo.
とっても新鮮な 未冷凍の “生” だからなのか、臭みがなくて プリップリ!  

火が通ると かなり体積が減るので、じっくり・ドンドン焼いていきましょう ^^

 

関連記事

▼ 七輪屋 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

ふらりーと おすすめ ⑦:立ち喰い蕎麦屋 天勇(蕎麦・ゲソ丼)

立ち喰いそば屋天勇 ゲソ丼

発祥の味、元祖「ゲソ丼 500円」

旭川のソウルフード “ゲソ丼” の 発祥のお店「立ち喰いそば屋 天勇」!

 

ポイント

  1. 1960年より前から営業する、旭川市民に親しまれてきた “立ち喰いそば屋さん”♪
  2. 創業者が発案した “ゲソ丼” が、今では 旭川の一大ソウルフードに!
  3. 立ち喰いそば屋ならでは、早くて・安くて・おいしい の 三拍子がそろったお店 ^^

 

立ち喰いそば屋天勇 ゲソ丼

揚げ置きなので 衣はしっとり

立ち食いそば天勇 店内の様子

全席すべて 立ち食いカウンター

立ち食いそば屋天勇 店舗外観

天勇があるのは「5.7小路 ふらりーと」の 一画

ゲソは あらかじめ揚げてあるので、アツアツのごはんの上に ポンポンと乗せて、上からタレをかけたら もう完成!

揚げたてではないので 衣はしっとりですが、ゲソのコリコリした食感のおかげで 全く気になりません ^^

 

tomo.
立ち喰い蕎麦屋なのだから コスト削減を徹底しているのかと思いきや、ダシには “本節”かえしは “お店でつくって しっかり熟成”。  

こだわってない様で ポイントはしっかりと押さえている丼ぶりで、想像以上においしかったことにビックリ ^^

 

“天勇” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の南側。

立ち食い蕎麦屋さんなので、リーズナブルに サッと食べたい場合に ぜひ向かってみてください。

 

関連記事

▼ 天勇 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

ふらりーと の「自動販売機」も チェック ☑

旭川ふらりーと 自動販売機

南側入口横にある “自動販売機” で お土産をゲット!

旭川 ふらりーと 自動販売機

ぎんねこの “新子焼き” や “ちゃっぷ焼き” を 購入可

ふらりーとの南側の入口横に設置された “自動販売機” にも 注目してみてください。

焼鳥専門ぎんねこ の “新子焼き・ちゃっぷ焼き” が 買える他、今後は ふらりーとの他のお店の商品も 登場する予定なのだそう⁉

 

ぎんねこ ちゃっぷ焼き(冷凍)

ぎんねこの “ちゃっぷ焼き” ※ キャベツは別添

ぎんねこ ちゃっぷ焼き(冷凍)

袋の中には “豚肩ロース” と “ぎんねこのタレ”

ぎんねこ ちゃっぷ焼き(冷凍)

“自販機” のみで 購入が可能 ☑

チャップ焼きは 豚肩ロースを “真空パック” にしてあって、あとは あたためるだけで完成!

よりおいしくしたい場合は、オーブントースターで こんがり焼き色をつけてからいただきましょう♪

 

tomo.
豚肩ロースは、脂も赤身も楽しめる バランスの良い部位を使用 ☑ 

しょう油が立ったオリジナルのタレが絡むと、よりおいしくいただけます♪

 

参考

  • 【種類・価格】※ 2022年9月時
    ・1袋 1500円
  • 【通販サイト】
    公式HP

 

ふらりーと まとめ

旭山動物園 シロクマ

旭山動物園と合わせて ふらりーとも回ってみてください

今回は 旭川市内の数あるお店の内、絶対に立ち寄ってほしい “5.7小路 ふらりーと” の名店をご紹介させていただきました。

 

tomo.
どのお店も 特徴のある名店揃い ◎

どの店も雰囲気が良くて、旭川自慢の味を楽しめます

 

できれば、気になるお店数店に行って 食べくらべてほしいところ。

旅行などで 長期間の滞在がむずかしい時には ぜひ本記事を参考に お店を選んでくださいね ^^

 

 

その他 旭川のお店をチェック

もっと見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。