旭川グルメ

【徹底解説】旭川おすすめグルメ&スイーツ 計26選!ランチからカフェまで

 

高井なお
こんにちは!北海道を4000軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です♪

どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^

tomo.

 

"北海道で 楽しみたいもの” の No.1 といえば もちろん「グルメ」

新鮮な 海の幸・山の幸はもちろん、北海道発のオリジナルグルメや、今や全国区となったメジャーな料理まで、ラインナップが豊富にそろっています。

 

この記事でわかること

旭川で食べてほしい 北海道グルメの数々

  • “北海道三大ラーメン” のひとつ「旭川ラーメン」
  • 旭川が発祥の「新子焼き・塩ホルモン」など
  • その他 旭川ならではの「B級グルメ・ソウルフード」など

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧を確認

 

旭川滞在中の食事の回数は 限られていますが、じっくりと吟味して 満足いくものにしてくださいね!

 

 

旭川グルメ ①:旭川ラーメン

らーめんや天金の「正油ラーメン(税込800円)」がテーブルに置かれている

名店のひとつ「らーめんや天金」の 正油ラーメン

“北海道三大ラーメン” のひとつに数えられる「旭川ラーメン」。

 

旭川ラーメンの特徴

  • 魚介系スープ + 豚骨・鶏ガラ・野菜などのスープ の「Wスープ」
  • スープに浮かぶ たっぷりの「ラード」
  • 低加水の「中細麺」

 

スープの表面に “ラードの膜” が張っていることが特徴的で、これはスープが冷めない様にする 寒い地域ならではの工夫のひとつ。

“しょう油ラーメン” が 基本ですが、お店ごとに “味噌・とんこつ” など 独自に進化した 色々な味が楽しめます ^^

 

旭川ラーメン 1:らぅめん青葉

ラーメン青葉 正油ラーメン

「正油らぅめん(850円)」

1947年(昭和22年)創業の “らぅめん青葉” は、屋台から始まった 旭川ラーメンの代表的なお店のひとつ。

“味噌・塩・しょう油” と 揃ってますが、旭川にきたら まずは代表的な “正油らぅめん” を 食べてみて!

 

ポイント

  1. 1947年創業で、旭川ラーメンの創世記から営業しているラーメン屋さん!
  2. 創業時から継ぎ足しながらつくる、動物系+魚介系の とっても澄んだ “Wスープ” が旨い ◎ 
  3. ラードたっぷりで とってもアツアツ、低加水麺が スープにとっても合う ^^

 

青葉 正油ラーメン

低加水の中細麺、ラードがたっぷりなため 麺の表面が脂でコーティング

ラーメン青葉 醤油ラーメン

スープをレンゲですくうと 脂の量が一目瞭然! 寒い土地 旭川ならではの工夫が ラーメンにも現れています

ラーメン青葉 店舗外観

本店は 黄色・オレンジ・緑 の 明るい色で、とっても目立つ

とっても澄んだ “清湯スープ” で、魚介系の強い風味を 動物系の旨みが まぁるく調和 ^^

上に浮かんだラードの層があるおかげで スープの熱がほとんど逃げなく、最後までアッツアツ!

 

tomo.
“低加水中細麺” は いつまでも噛んでたくなる ベストな弾力で、柔らかさとハリを兼ね備えた逸品♪

また 一見シンプルに見えて 複雑な味わいのスープがおいしすぎて、麺をすする手が止まりません ^^

 

旭川駅からとっても近く、アクセスは良好!

ただし お店が広い訳ではないので、混雑は必至。場合によっては、もう一店ある “旭川ラーメン村店” の利用も検討してみてください。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川ラーメン 2:ラーメンの蜂屋

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」がテーブルに置かれている

「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」

前述の青葉と双璧を成す、旭川ラーメン 老舗中の老舗「ラーメンの蜂屋」。

 

ポイント

  1. 1947年創業! 75年以上の歴史をほこる 日本屈指の老舗ラーメン店 ☑
  2. 全世界にファンを持つ “焦がしラード” を効かせた 個性的な一杯が大人気!
  3. 1999年より 約10年間「新横浜ラーメン博物館」にも 出店していた経歴あり♪

 

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」のスープをれんげですくっている様子

豚骨とアジ節のWスープに 蜂屋特製 “焦がしラード” を効かせた オリジナリティあふれるスープ

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」の麺を箸で持ち上げている様子

自社工場で毎日生産している 低加水中太縮れ麺、小麦とかん水のみで 添加物不使用

ラーメンの蜂屋 五条創業店の、旭川5.7小路ふらりーと 中小路側にある入口外観

旭川5.7小路ふらりーと にある 五条創業店 店舗外観

特徴は スープに浮かんだ “焦がしラード” で、注文時に “濃い or 普通” を 選択可。

全体的に油っこさがなく、こってり系が苦手な方にも おすすめしたい一杯です♪

 

高井なお
香ばしい “焦がしラード” が コク深く、独特の風味がクセになる!

しっとりやわらかで うま味が強い赤身肉 & しっかりスープをまとった麺も 旨い ◎

 

向かう場合は、旭川駅から 徒歩 約10分の「五条創業店」の 利用が便利。

少しだけ歩いても大丈夫なら「本店」へ向かうのも良いですが、どちらに向かう場合も 多少の混雑は覚悟しておいた方が良いかも知れません。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川ラーメン 3:生姜ラーメン みづの

生姜ラーメンみづの しょうが

「しょうがラーメン 700円」

わたしが選ぶ 旭川で三本の指に入る おいしい “ラーメン” が食べられるお店のひとつが「生姜ラーメン みづの」!

 

ポイント

  1. 1965年創業の老舗、現在は 二代目が お店の味を継承!
  2. ラーメンに たっぷりと “生姜” を加えた “生姜ラーメン” が 大人気!
  3. 開店前から 混雑必至! 特にランチタイムは 長蛇の列も覚悟しよう (^^;

 

看板メニュー「生姜ラーメン」を求めて、地元の方はもちろん 遠方からやってくるお客さんも多いのだそう ^^

ラーメン屋さんが多い旭川でも 唯一無二の味わいなので、機会があれば ぜひ一度は食べてみて!

 

生姜ラーメンみづの しょうがラーメンのスープ

ダシは “豚骨オンリー” の 清湯系、これが しょう油と合って とってもウマい!

生姜ラーメンみづの 生姜ラーメンの麺

低加水のストレート麺が スープにとっても合う!

生姜ラーメンみづの 店舗外観

青いテントが目印、生姜ラーメンみづの の外観

“豚骨” が効いた ホッコリスープに、高知産で甘みのある “大生姜” を ふんだんに使用♪

味は “しょう油一択” ですが、一口食べると 誰もが納得するくらい ぴったりハマってるんです ^^

 

tomo.
豚骨のうま味が か~なり強くて、しょう油よりも 完全に “ダシが主役”!

肝心な “生姜” は スープの中にたっぷりと溶け込んでいて、口に含んだ瞬間から後味にまで ほのか~な生姜の風味が いつまでも続く♪

 

お店があるのは 北海道遺産 “旭橋” の近くで、旭川駅からは 徒歩20分くらいの距離。

開店前から列ができる 人気店のひとつなので、向かう場合はランチタイムを避けて 少し時間をずらすのがおすすめです。

 

関連記事

▼ 生姜ラーメン みづの を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

旭川グルメ ②:ホルモンラーメン

 

ラーメンが有名で “塩ホルモンの発祥” の町である 旭川。

そんなご当地グルメを組み合わせた 旭川ならではの「ホルモンラーメン」も、ぜひ 食べてみてください ^^

 

旭川ホルモンラーメン 1:ひまわり

ラーメンひまわり モルメン辛いの

「モルメン 辛いの 1050円」

旭川のラーメン屋さん「ひまわり」では、“ホルモンラーメン” が 大人気!

 

ポイント

  1. 1981年創業、旭川でも屈指の 人気ラーメン店♪
  2. ラーメンに “豚ホルモン” を加えた ホルモンラーメン「通称:モルメン」が 大人気!
  3. 開店前から 混雑必至! 特にランチタイムは 長蛇の列も覚悟しよう (^^;

 

看板メニュー「通称:モルメン」を求めて、地元の方はもちろん 遠方からやってくるお客さんも多いのだそう。

 

ひまわり ホルモンラーメン

旭川ラーメンの特徴、”低加水中細縮れ麺” は 加藤ラーメンのものを使用

ラーメンひまわり モルメンのスープ

しっかり油が浮かんだ 濃厚な “味噌スープ”、ジワジワとくる辛さが たまらない

ひまわり 店舗外観

ひまわり の ある “特一ビル” の 外観

パンチの効いた 濃厚な味噌味がベースのスープは、しょっぱさの中に コクと甘みと深みあり ◎

少~しずつ 汗がにじんでくるくらいの辛さで、濃いめのスープとの相性もバツグン!

 

tomo.
スープも濃いけど ホルモン自体も濃いめの味噌味で、濃厚&しょっぱさ路線を一直線!!

ラードの脂も多めで 繊細というより豪快な味わい、まさに男性好みの 野性的なラーメンです ^^

 

お店の場所は 旭川駅から少しはなれた 大雪通り沿いで、旭川駅からは 車で9分ほど。

超混雑するお店なので、できれば 開店前か 時間をずらして向かいましょう。

 

関連記事

▼ ひまわり を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川ホルモンラーメン 2:豚丼 大手門

豚丼大手門 極味ホルモンラーメン

「極味ホルモンラーメン 950円」

旭川の豚丼屋さん「豚丼 大手門」は、名物 “豚丼” と ラーメンの専門店!

 

ポイント

  1. 旭川で人気の焼肉店 “大手門” の 姉妹店として、2021年にオープン!
  2. 焼肉大手門の “豚丼” と “ラーメン” が あまりに人気だったため、専門店として独立 ☑
  3. 郊外店でも バツグンの人気! 特にランチタイムは 混雑も覚悟しよう (^^;

 

元々 地元の方でにぎわっていたお店ですが、2022年8月 “バナナマンのせっかくグルメ” で紹介されたことで、アッという間に 行列のできる人気店へ!

日村さんも食べた “豚丼” は もちろん、双璧を成す 人気メニュー “ラーメン” にも注目です♪

 

豚丼大手門 ホルモンラーメン

具材は「キャベツ・ニラ・モヤシ・キムチ・ネギ・レモン・ホルモン」など

豚丼大手門 極味ホルモンラーメン

コチュジャン風の味噌の甘みが効いた サラッとしたスープ♪

豚丼大手門 ホルモンラーメンの麺

特注の中太麺は、舌ざわりは ツルっと・歯ごたえもあり ◎

豚丼大手門 店舗外観

豚丼大手門の外観

臭みの少ない 柔らかいホルモン♪ 軽~く焦げめがつけられ 香ばしい ◎

味のベースが “ユッケジャンスープ” ってところも、焼肉屋さんらしさが全快です ^^

 

tomo.
味噌系の甘みと濃厚さ&ピリ辛” で、ちょっとだけ味が濃いめの 攻めのラーメン ^^

ここに “レモンの爽やか~な酸味” が加わって、軽さ・清涼感・食べやすさ が 何倍にもアップ!

 

お店の場所は 旭川駅から 一駅分はなれた “近文(ちかぶみ)エリア” で、車で 約9分ほど。

公共交通機関を利用する場合は、JR「近文 駅」から 徒歩で向かえます。

 

関連記事

▼ 豚丼大手門 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

旭川グルメ ③:新子焼き

焼鳥どじょうよしや 新子焼き

焼鳥どじょうよしや の「新子(若鶏半身)」

 

“新子焼き” って、いったい何?

“ご当地グルメ” って聞くんだけど ホント?

 

新子焼きとは「若鶏の半身を素焼きにした 豪快な “焼き鳥”」のこと♪

戦後の食糧難だった時代に 鶏の成長を待っていられない中、最大限にタンパク質を摂取できる調理方として 広まったのだそう。

 

tomo.
新子焼きの名前の由来は、出世魚の “コハダ” から。

幼魚の頃の呼び名「新子」に 成長する前の「若鶏」を見立て、「新子焼き」という名前がつけられたと言われています ^^

 

旭川新子焼き 1:三代目かん太郎

三代目かん太郎 新子照り焼き

「新子てり焼き 1300円」

わたしが選ぶ、旭川でも三本の指に入る おいしい “新子焼き” が食べられるお店のひとつ「三代目かん太郎」。

 

ポイント

  1. 1947年創業の老舗! 名前の通り 現店主で “三代目”♪
  2. 味の決め手は、創業時より 継ぎ足しながら使い続ける “秘伝のタレ”♪
  3. 旭川名物 “新子焼き” と “チャップ焼き” は 必食!

 

三代目かん太郎 新子焼き

ジューシーで プリっとした “モモ” の部分が 一番美味 ^^

三代目かん太郎 チャップ

厚みのある「チャップ 780円」も おいしい♪

三代目かん太郎 店舗外観

“三代目かん太郎” の 外観、ダクトから出る煙が 食欲を刺激する

北海道 “伊達産” の若鶏を 備長炭でじっくりと焼き上げ、皮はサクサク・中ふっくら ^^

タレは 少~し甘みが強めで 角がまぁるいから、鶏の脂が よ~く馴染む♪

 

tomo.
焼き加減・脂の程度・タレの味” など、バランスが とっても秀逸な新子焼き ◎  

何よりも お肉の “みずみずしさ” が バツグンで、焼き手の技術が しっかりと伝わってきます!

 

“三代目かん太郎” があるのは、旭川市の中心部から 少しだけ外れた “中央橋通” 沿い。

旭川駅などからだと 徒歩12分くらいと ちょっと距離はありますが、徒歩でも十分むかえます ^^

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川新子焼き 2:独酌 三四郎

独酌三四郎 新子焼き

「新子焼き 950円」

新子焼きの提供店は ほとんどが “焼き鳥屋さん” ですが、居酒屋「独酌三四郎」でも おいしい新子焼きが食べられます ^^

 

ポイント

  1. 1946年創業、間違いなく 旭川で一番メジャーな “居酒屋” ☑
  2. 旭川の郷土料理 “新子焼き” と一緒に 豊富な日本酒を楽しもう♪
  3. “ミシュランガイド北海道版2012” 掲載店、2016年には “孤独のグルメ” 旭川編に登場し、全国的にも高い知名度!

 

実績がある・有名なことは もちろんですが、人気の理由は とにかく “料理がおいしいから”!

また 日本酒の種類がとっても豊富なことも特徴のひとつ。利き酒師の資格を持つという女将 西岡さんセレクトの日本酒は、どれも料理にとっても合うので ついつい進んでしまうんです ^^;

 

独酌三四郎 新子焼き

骨から外してあるので とっても食べやすい♪

独酌三四郎

新子焼きのタレで食べる「うな丼 2400円」も 美味♪

独酌三四郎の店舗外観

黄色い外壁が目印、独酌三四郎の店舗外観

お肉は パッサパサな部分がなく、全部がモモ肉の様な やわらかな食感 ☑

継ぎ足し続けている “タレ” には 鶏肉のエキスがたっぷり含まれていて、深~い味わいと しょう油の強い香りが感じられます♪

 

tomo.
甘すぎなくて 適度にしょっぱいタレで、サラッとしつつコク深い!

ふっくら・柔らか・ジューシーで、何より骨がなくて 食べやすいのが ◎♪

 

“独酌三四郎” があるのは、旭川一の繁華街 “3.6(さんろく)街” の 一画。

どうせなら一緒に “日本酒” を楽しんだ方がイイお店なので、車で向かうのは避けた方が無難です。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川新子焼き 3:焼鳥らんまん

焼鳥らんまん 新子焼き

「新子焼き 1500円」

旭川の “5.7小路 ふらりーと” で、個人的に大好きな “新子焼き” のお店「焼鳥らんまん」♪

 

ポイント

  1. 1946年創業の “老舗” 焼鳥屋さん! 現在は 2代目女将が奮闘中 ☑
  2. 創業時より継ぎ足している “秘伝のタレ” に、“たっぷりの白コショウ” を加えるのが らんまん流♪
  3. 旭川名物 “新子焼き” と、鶏モツの “モツ串” は 必食!

 

とっても元気のイイ女将の接客が 何とも温かく、常連さんも通うお店 ^^

お店の中は とっても狭いですが、とってもおいしい “新子焼き” や 昭和感が満載なゴチャゴチャした雰囲気もたまりません ^^

 

焼鳥らんまん 新子焼き

ふっくらジューシーに焼かれた “新子焼き” ^^

焼鳥らんまん 新子焼き

白コショウをたっぷり加え、タレによ~く絡めていただきます♪

焼鳥らんまん 店舗外観

“5.7小路 ふらりーと” にある、焼鳥らんまん の 店舗外観

しょう油の香りが立っているタレで、適度にしょっぱくて 甘すぎない ◎

むね肉も モモ肉も ふっくら・柔らか・ジューシーで、食べる手が止まらなくなる とってもおいしい新子焼き♪

 

tomo.
箸ではなく、手に持って豪快にかぶりつくのが らんまんスタイル!

風味豊かな甘じょっぱいタレと 後からジンワリ来るコショウの辛さが、か~なりマッチしてました ^^

 

“焼鳥らんまん” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

全部で 10数席分しかないので、予約するか オープン直後をめがけるのがおすすめです。

 

関連記事

▼ 焼鳥らんまん を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ④:焼肉(塩ホルモン・トントロ)

 

かつてから “養豚業” が盛んだった 旭川。

“塩ホルモン” の発祥の町としても知られ、“トントロ” ブームに火がついたのも この町から ☑

 

tomo.
市内には たくさんの焼肉店があり、それぞれおいしいホルモンを提供 ^^

お店によってタイプもことなるので、できれば何件かハシゴして 自分好みの一店を見つけてみてください♪

 

旭川焼肉 1:炭や 本店

炭や ミックスホルモン

「ミックスホルモン 396円」 ※ 玉ねぎは最初だけサービス

旭川のご当地グルメといえば “塩ホルモン”。

中でも とっても有名で人気のお店といえば「炭や」で 決まり!

 

ポイント

  1. 1986年創業、旭川が発祥のご当地グルメ “塩ホルモン” の 代表的な一店!
  2. “トントロ” ブームの 火付け役! 全国的な人気のスタートは このお店から ☑
  3. 地元の方から 観光客まで とにかくすんごい人気店! 必ず食べたいなら 予約は必須♪

 

炭や 塩ホルモン

カリッカリになるまで じっくりと焼き上げると より美味しい♪

炭や トントロ

トントロは すぐ脂に火がつくので、焦がさない様に注意!

炭や 店舗外観

なかなかシブ~い外観のお店♪

“炭や” に 来たなら、必ず食べるべき一品が「ミックスホルモン」!

厚みがあって コリッコリの食感が楽しめる “上ホルモン” と、薄めでペラペラタイプの “塩ホルモン” の 二種類が 一度に楽しめます ^^

 

tomo.
ちなみに “炭や” の お肉は、塩味の下味が 全体的に強め。

人によっては ちょっとしょっぱいと感じるかも知れませんが、とにかくビールがどんどん進みます ^^

 

炭やは “トントロブーム” の 発祥とも言われているお店なので、合わせて “トントロ” も食べておきたいところ。

お店は “買物公園” のすぐ側にあり、旭川駅から徒歩10分くらいで 向かうことができます。

 

関連記事

▼ 炭や を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川焼肉 2:馬場ホルモン

馬場ホルモン 塩ホルモン

「塩ホルモン 2人分 価格不明」 ※ 玉ねぎはサービス

旭川一おいしいとも言われる “塩ホルモン” のお店といえば「馬場ホルモン」♪

 

ポイント

  1. 1952年創業の老舗で、新鮮で臭みのない “極上の豚ホルモン” が 味わえる!
  2. メニューは “塩ホルモン” 1種類のみ! ライスもないし ビールも瓶のみ
  3. 客よりお店の方が強いと噂のお店 ☑ 食べ過ぎても 飲み過ぎても怒られるとの口コミもあり… ^^;

 

馬場ホルモン 七厘の上でホルモンを焼いている

ホルモンより 玉ねぎの方が方が早く焼き上がります

馬場ホルモン 塩ホルモン

厚みがあるので じっくり育てましょう ^^

馬場ホルモン 店舗外観

時間帯によっては 行列ができていることも珍しくありません

ホルモンの大半は “胃(ガツ)” で、レバーの様な 色の濃いのは “脾臓”。

ホルモンってこんなにおいしかったっけ?” と 思わされるほど、クオリティは 高めです ☑

 

tomo.
鮮度バツグンで 下処理もバツグン! 少し厚めでまったく臭みのない とってもおいしい塩ホルモン♪

下味はついていますが しょっぱくなくて、コリコリ・プリプリの食感が さらに食欲をそそる!

 

味は間違いなく美味しいけれど、ちょっとクセが強いお店なことは 頭に入れておくべき点。

旭川駅から 買物公園沿いを進み、徒歩15分くらいで お店に到着します。

 

関連記事

▼ 馬場ホルモン を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川焼肉 3:旭川ほるもん七輪屋

旭川 七輪屋 塩ほるもん

「塩ほるもん 470円」

“塩ほるもん” を食べるなら「炭火焼肉旭川ほるもん 七輪屋」も 外せません♪

 

ポイント

  1. 名店が軒を連ねる “5.7小路 ふらりーと” にあり、現在は 2代目が運営 ☑
  2. 炭火の七輪焼きで、空調もしっかり♪
  3. 毎日仕入れる “生ホルモン” に 定評あり、特に “ネギ塩ホルモン” が 有名!

 

七輪屋 旭川醤油ホルモン

漬けタレに 旭川の醤油メーカー “キッコーニホン” の 醤油を使用した「旭川醤油ホルモン」

七輪屋 旭川醤油ホルモン

クルっと丸まったら もう食べごろ、後はお好みで育てましょう ^^

炭火焼肉七輪屋 旭川 店舗外観

灯りがともると 雰囲気が一転! か~なりイイ雰囲気に♪

毎日仕入れる “生ホルモン” は、下処理が丁寧なので 臭みがなくプリップリ♪

薄ーいタイプで 水分たっぷり、七輪の上で とっても縮む!

 

tomo.
とっても新鮮な 未冷凍の “生” だからなのか、臭みがなくて プリップリ!  

火が通ると かなり体積が減るので、じっくり・ドンドン焼いていきましょう ^^

 

“七輪屋” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の中。

旭川駅からは 徒歩13分ほどかかりますが、買物公園を通って向かうと 意外とすぐ到着します ^^

 

関連記事

▼ 七輪屋 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

 スポンサードリンク

 

旭川グルメ ⑤:スープカレー

札幌のソウルフード「スープカレー」

札幌のソウルフード「スープカレー」

札幌発祥の「スープカレー」は、今や 北海道グルメの代表格!

もちろん旭川でも、おいしいスープカレーが食べられます ^^

 

スープカレーって?

  • 札幌発祥の “ソウルフード” で、今や知名度は全国区♪
  • ブイヨン(鶏・豚・魚介・野菜など)に スパイス を加えたスープの中に、大きな具材がゴロゴロ! 
  • 札幌市内だけで 約200店舖以上! 今や 北海道全域に お店がたくさん ^^

 

お店ごとに ダシの取り方がことなるので、バリエーションは ラーメンの様に多様。

アッサリ系・コッテリ系、動物系・魚介系など お店ごとの色んな味を、楽しんでみてください ^^

 

旭川スープカレー 1:カレー工房インド ガンガ店

カレー工房インド ガンガ店 カシミールカリ

「やさいカシミールカリ(1250円)」

スープカレーが 流行る前から、旭川市民に親しまれてきたカレー屋さん「カレー工房インド ガンガ店」。

 

ポイント

  1. 1985年創業、旭川の “カリ” ・ “カレー” の専門店!
  2. かつては何店舗もあったそうですが、現在では “ガンガ店” 1店舗のみが営業 ◎ 
  3. まるで スープカレー! 名物 “カシミールカリ” が 大人気 ^^

 

こちらの名物の “カリ” は、味も 見ためも まるっきりスープカレー!

スープカレー登場前から提供されている このお店の代表的なメニューで、しっかりと効いた強めのスパイスに 食欲をそそられます ^^

 

カレー工房インド ガンガ店 カシミールカリ

チキンは ふっくらホロホロ、骨からも スーッと外れ、味もしっかり残ってる ^^

カレー工房インド ガンガ店 スープカレー

サラサラ、だけどしっかりしたコクと 甘さが クセになる♪

カレー工房インド ガンガ店 店舗外観

住宅街の突き当りにあり、自然も豊か ^^

“カリ” は タミール語で「煮汁」の意味で、具材を香辛料で煮込んだ インドカレーの事なのだそう ☑

本場のカリを 日本人好みにアレンジしてあり、とっても “シャバシャバ” の “サラサラ” のスープは 味も見ためも「スープカレー」で 間違いなし

 

tomo.
器が土鍋なので、いつまでもアツアツ!

底に沈んでいたのは 大量の “トロトロ玉ねぎ” で、甘さが スープにもしっかりと溶け出しています ^^

 

お店の場所は、旭川市の郊外の街 “旭神(きょくしん)”。

中心部から向かうには ちょっと遠いので、車かバスを利用して向かうのが無難です。

 

関連記事

▼ カレー工房インド ガンガ店 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川スープカレー 2:森のバター

スープカレー 森のバターの「チキンと気まぐれ野菜のMAXスープカレー(税込1870円)」がテーブルに置かれている

「チキンと気まぐれ野菜のMAXスープカレー・ナチュラルスープ(税込1870円)」

 

北海道のおいしい野菜を お腹いっぱい食べたい!

 

そんな時におすすめしたいのが、北海道・旭川市に店をかまえる「スープカレー 森のバター」

 

ポイント

  1. 地元産の “野菜&お米” など 安心素材がたっぷり♪ 野菜が主役のヘルシースープカレー ^^
  2. 化学調味料不使用! 野菜のうま味がつまった 無添加スープ ☑
  3. 全品テイクアウトOK! お子様向けカレー・子供用イス完備で 子連れファミリーにもおすすめ ◎ 

 

スープカレーのチキンレッグをスプーンで持ち上げている様子

野菜の下にはホロホロに煮込まれた「チキンレッグ」

スープカレー 森のバターの「チキンと気まぐれ野菜のMAXスープカレー(税込1870円)」のスープをスプーンですくっている様子

スープの辛さは2番(小辛)を選択

森のバター 店舗外観

コンテナハウスが並ぶ “旭神ビレッジ箱庭” の一画に お店があります

ここで おすすめなのが、野菜のうま味がたっぷり溶けだした “無添加スープカレー” 。

スープの辛さは 1番(スパイスなし)から10番(激辛)まで選べるので、お子様から激辛好きの大人まで対応できます ^^

 

高井なお
ごく自然な 野菜本来の甘さの後に、スパイシーさが ほんのり♪

それぞれ食感が残った野菜はもちろん、油控えめなスープも 最後の一滴までとってもおいしい ♡

 

お店の場所は、旭川市郊外の複合施設 “旭神ヴィレッジ箱庭” の 一画。

旭川駅からだと 約4㎞ほどはなれていますが、施設駐車場が完備されているので、車かバスで向かうのが便利です。

 

関連記事

▼ 森のバター を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑥:ジンギスカン

成吉思汗だるま のジンギスカン

ジン鍋で 豪快に焼いて食べるのが ジンギスカンの醍醐味!!

北海道で 一度は食べたい、本場の “ジンギスカン”♪

 

ジンギスカンって?

  • 北海道を代表する “ソウルフード” のひとつ♪
  • ラムやマトンなどの “羊肉” を、鉄板で焼いた “焼肉料理”! 
  • 生肉・味付けなど、提供店によって 調理方法も さまざま ^^

 

良く “北海道のジンギスカンはおいしい” と言われることがありますが、その理由にも納得のおいしさ!

 

わたしも以前 北海道外で食べた “ラム肉” の獣臭さを味わった際に、北海道のジンギスカンが とてもおいしいことに気づきました!
tomo.

 

旭川ジンギスカン 1:大黒屋 五丁目店

大黒屋 ジンギスカン 肩ロース

大黒屋では、煙が立つほど高温の鍋で ジュワ~っと一気に焼き上げます ^^

旭川で “ジンギスカン” を 食べるなら、絶対にさけて通れないお店「成吉思汗 大黒屋」。

 

ポイント

  1. 2002年創業、老舗ではないけれど、旭川市内で一二を争う 成吉思汗の大人気店♪
  2. ふっくら柔らかな “生ラム” が 絶品!特に お店の名物 “肩ロース” は 必食!  
  3. テレビロケの定番店でもあり 数多くの芸能人も来店 ^^

 

平日・週末など 関係なく 開店前から行列ができる超絶繁盛店で、執筆時の直近では “バナナマンのせっかくグルメ(2022年8月放送)” で 紹介された実績あり!

 

旭川 大黒屋 一番セット

「1番セット(2530円)」

大黒屋 ジンギスカン

特製のタレにくぐらせ 一気に口の中へ!(写真は肩ロース)

大黒屋 開店前の店前の様子

開店直前の大黒屋の様子(店前全員が予約組、後ろにいるのが当日受付組)

大黒屋で絶対に食べるべき “生ラム” は「肩ロース・ランプ・ヒレ」の 3種類。

程よい脂と ふっくら柔らかな肉質で、自然にスーッと噛み切れる ベストな弾力♪

 

tomo.
醤油ベースのタレは ちょっと濃いめで、ほんの~りと甘みあり!

お肉の脂にも負けないくらい しっかりとしたパンチの強さで、これがまた 肩ロースに合うんです ◎

 

大黒屋は “大” 繁盛店 なので、直接お店に行ってしまうと、かなり長いこと待たされます‥。

そんなことがないように、事前予約の上で 計画的に向かうのがおススメです。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川ジンギスカン 2:大雪地ビール館

大雪地ビール館 ジンギスカン

両面の色がサーっと変わったら、もう食べごろ♪

旭川のビール工房「大雪地ビール館」は、自家製の “クラフトビール” と 北海道名物 “ジンギスカン” を 楽しめる名店!

 

ポイント

  1. 1996年創業、北海道産の農産物使用にこだわった “クラフトビール工房” ♪
  2. 明治時代に建てられた 旧上川倉庫株式会社の倉庫を再利用した 店舗の雰囲気が ◎! 
  3. 出来たての “地ビール” と一緒に、北海道の名物料理 “ジンギスカン” も楽しめる♪

 

大雪地ビール館 ジンギスカンランチセット

「生ラムジンギスカンランチ 1800円」

大雪地ビール館 ジンギスカンを付けダレにで食べる

サラサラで 甘みの少ない、醤油ベースのタレでいただきます

大雪地ビール館 店舗外観

お店は 雰囲気バツグンな、赤レンガ造りの建物

厚みがあって 適度に脂が乗った、とってもおいしいジンギスカン♪

見た感じは 少なそうに見えるけど、実はしっかり満足できて 決して食べすぎではないベストな量!

 

tomo.
臭みが少ないお肉で、苦手な方でも食べやすい ☑

適度な風味と 程よい脂のコクが楽しめる、まさに “北海道のジンギスカン!” が 味わえます ^^

 

“大雪地ビール館” があるのは、旭川駅から 徒歩5分のところにある レンガ倉庫群 “蔵囲夢(くらいむ)” の 一画。

味もさることながら、お昼からジンギスカンが食べられる 貴重な一店だという点にも注目です。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑦:寿司・回転寿司

回転寿司

今や お寿司がレーンを回っているのは稀

とっても新鮮でおいしい「お寿司」は、食べておきたい北海道グルメのひとつ。

もちろん 旭川にも、おいしいお寿司屋さんが たくさんあります ☑

 

北海道のお寿司屋さん

  • 新鮮なネタを そのまま握る、北海道独自の寿司文化が発展 ☑
  • 冷たい海でたくわえた “脂のノリ” が 段違い!
  • 北海道だから食べられる おいしい魚が目白押し♪

 

少し高級寄りな “専門店” は おいしいのはもちろん、大衆的な “回転寿司” でさえレベルが高いのも 北海道の特徴です ^^ 

 

旭川寿司 1:花月会館 料亭かぶと

花月会館 料亭かぶと にぎり寿司(10貫)お椀付

「にぎり寿司(10貫)お椀付 2860円」

旭川で ちょっと贅沢な “和食” を楽しみたい場合、特におすすめのお店が「花月会館 料亭かぶと」♪

 

ポイント

  1. 1907年創業の “老舗料亭” がルーツ♪ 2021年1月にリニューアルオープン!
  2. 腕をふるうのは、京都祇園にある 板前割烹の老舗 “浜作” の紹介を受けた料理人 ^^
  3. 高級感があるのに とってもリーズナブル! 特にランチタイムが狙い目 ☑

 

ウニ・穴子・赤身・ハモなどのお寿司がテーブルに置かれている

ウニ・穴子・赤身、めずらしいところだと「ハモ」など 計10貫のお寿司

わさびがのったイクラの軍艦を箸で持ち上げている様子

キラキラの「イクラ」はちょうどいい塩梅で、はじけ方がとっても上品♡

花月会館 料亭かぶと 店舗外観

雰囲気の良い外観から もう期待できる ^^

腕をふるうのは、京都祇園にある板前割烹の老舗 “浜作” の紹介を受けた料理長。

昼は “お膳料理・割烹料理”、夜は “割烹料理・会席料理・単品料理など” 季節を感じられる日本料理が楽しめます ^^

 

高井なお
肝心のお寿司は ビジュアルが物語っているとおり、どのネタも新鮮 ♡

シャリはお酢の風味がまろやかで、一般的なお寿司よりも2まわりほど小さなサイズで とっても上品 ◎

 

“花月会館 料亭かぶと” があるのは、旭川のメインストリート “買物公園” の側。

旭川駅から 徒歩で10分くらいの距離なので、十分歩いて向かうことができます。

 

関連記事

▼ 花月会館 料亭かぶと を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川寿司 2:回転寿司(トリトン・ちょいす等)

トリトン でっかいぼたんえび

“回転寿司トリトン” の おすすめは「でっかいぼたんえび」!

北海道のおいしいお寿司を “リーズナブル” に食べたいという場合、候補に入れてほしいのが「回転寿司」♪

 

ポイント

  1. 海に囲まれた土地ならではで、鮮度の良さがバツグン♪
  2. 冷たい北の海で育った魚は、脂の乗りが段違い!
  3. シャリに対して ネタがデカい! ボリュームも満点 ^^

 

釧路産「濃厚真たち軍艦(420円)」

【トリトン】冬のおすすめ、釧路産「濃厚真たち軍艦」 ※ 写真は2皿分

回転寿司ちょいす サーモン

【ちょいす】分厚くて バツグンの食べ応えな「サーモン 242円」

回転寿司ちょいす 活ホタテの握り

【ちょいす】鮮度の良さがバツグンな「活ホタテ 550円」

北々亭 旭川店の「道産活つぶ(税込478円)」がテーブルに置かれている

【北々亭】コリコリ食感がたまらない「道産活つぶ 478円」

お店によっては シャリを覆いつくすほどの “ネタの大きさ” で、北海道民でも驚くくらい!

もちろん 鮮度の良いネタも多く、食べごたえもバツグンなんです♪

 

tomo.
どのネタもおいしいのに、“これでもか!” というくらい 大きなネタが魅力的 ^^ 

1貫でも 満足度がハンパないので、人気なことにも納得できるはずです ☑

 

旭川の回転寿司屋さんは、郊外店が多いのが 唯一のネック…。

中心部から ギリギリ徒歩圏だと、“とっぴー” か “ちょいす 神楽店” あたりが行きやすいでしょう。

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑧:和食

旭川和食 1:すき焼き 三光舎

すき焼三光舎 すき焼定食のお肉

左「“竹” すき焼定食 のお肉」、右「特選スペシャル牛すき焼定食 のお肉」

旭川の 老舗「すき焼 三光舎」では、ちょっと贅沢な おいしいお肉が楽しめます♪

 

ポイント

  1. 1917年創業の 老舗 “すき焼き屋さん” で、旭川と札幌で 計2店舗を展開 ☑
  2. 創業時より受け継がれる “秘伝の味噌” を 使った、特選和牛のすき焼・しゃぶしゃぶ・ステーキが楽しめる!
  3. その他 お刺身・一品料理などもあり、リーズナブルに定食が食べられる “ランチタイム” が 特に狙い目♪

 

すき焼三光舎 割下

三公舎の 秘伝の味噌を溶かした “割り下”

すき焼三光舎 すき焼

豆腐や野菜と一緒にグツグツ‥、

すき焼三光舎 店舗外観

すき焼三光舎の店舗外観、OMO7旭川からも近く

“柔らかさ” と “赤身のおいしさ” の両方が味わえる、しっかりおいしいお肉 ☑

ちょっと高価な “特選” のお肉になるにつれて、煮込んでも固くならずに お肉のうま味を最大限に味わえる ベストな脂の量に!

 

tomo.
“歯がいらない” って言葉がピッタリなくらい、トロ~んと柔らかい!

お肉の脂が割り下に溶けだしていて、しっかりとコク深く かつ お肉はサッパリ ^^

 

“すき焼 三光舎” があるのは、旭川のメインストリート “買物公園” からもすぐ近く!

高級店だけあって 混雑することは少ないですが、事前に電話予約をしておく方が おすすめです。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川和食 2:旅篭

旭川 旅篭 利尻産真ほっけ開き炭火焼き

「利尻産真ほっけ開き炭火焼き 1078円」

炉端焼き屋さん「旅篭」は どの料理も すごくおいしくて、お酒の種類も とっても豊富♪

 

ポイント

  1. 旭川の老舗が集う小路 “5・7ふらりーと” にある、炉端焼きの人気店♪
  2. 北海道の “旬の味覚の炙り焼き” や 厳選された “旬のお造り” が 自慢!
  3. とってもレトロで 渡り廊下などもある ちょっと変わった造りの店内が、また魅力的 ^^

 

旭川 旅篭 お造り

この日のおすすめ「お造り盛り合わせ 二~三人前 2630円」

旭川 旅篭 旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ

「旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ 880円」

旭川 旅篭 1階カウンター席

2階から見下ろした 1階カウンター席。焼き台もあって 雰囲気はバツグン!

旅篭 店舗外観

白い暖簾をくぐって 店内へ

食べられるのは 旬の素材を使った “炙り焼き” や、新鮮なお造りなど♪

その他 料理に合う “日本酒・焼酎” が充実していて、ついつい飲まさってしまうんです ^^

 

tomo.
イカもホッケも 大型のもので、家庭の食卓にはまず並ばないであろう 超肉厚のもの ☑

炭火の直火で炙っているので とっても香ばしく、お腹いっぱいでも ついつい食べられちゃいます ^^

 

“旅篭” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

何せ とっても人気のお店なので、向かう場合は 必ず事前に予約するのが おすすめです。

 

お店を予約する

“ホットペッパー” へ移動

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川和食 3:焼蛤Ber 一途屋

一途屋 焼きハマグリ

「蛤(ハマグリ) 1個 297円」 ※この日はサイズが小さく 1個 198円

旭川で ちょっと変わったディナーなら、「焼きはまぐりBER 一途屋」なんて いかがでしょうか?

 

ポイント

  1. 2008年にオープンした 道北で唯一の “焼き蛤(ハマグリ)専門店”♪
  2. 本場 “三重県” から直送の、未冷凍ハマグリを使用 !
  3. ミシュラン北海道2017 にも掲載された 実力店 ^^

 

焼きハマグリBER一途屋 貝料理

ハマグリ以外にも 色々な貝が楽しめる♪

一途屋 ビール・お通し

ビールと お通しで 乾杯!

一途屋 店舗入口

買物公園側に面した入口から お店の中へ

メインの “焼きハマグリ” は 一度に3個ずつ登場し、ストップをかけるまで 次々と焼かれる “わんこそば方式” ☑

その他 カキや真ツブをはじめとした、いろいろな貝料理がメニューに並びます ^^

 

tomo.
色んな貝が一度に楽しめる、まさに貝好きには たまらないお店♪

どれも濃厚な味わいや プリプリの弾力が、しっかりと味わえます!

 

“旅篭” があるのは “買物公園通沿い” で、旭川駅からは 徒歩10分ほど。

業態が Berなので 基本夜のみの営業ですが、2軒目としても 利用しやすい雰囲気でした ^^

 

お店を予約する

“食べログ” へ移動

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑨:ゲソ丼

イカゲソの唐揚げ

旭川の “ご当地グルメ” のひとつ「ゲソ丼」も、ぜひ食べてみてください。

ごはんの上に 揚げたイカの “ゲソ(足)” をのせ、上から タレをかけた 丼ぶりのことで、余ったイカゲソを 丼ぶりとして提供したことがきっかけで誕生したのだそう。

 

旭川ゲソ丼 1:花ちゃん

旭川 花ちゃん ゲソ丼

「ゲソ丼(単品) 600円」

数々のテレビ番組でも紹介された、花ちゃん の名物 “ゲソ丼”!

味は “正油・ネギ塩・しょうが” の 3種類から選べます。

 

ポイント

  1. ご飯の上に、炒めた “イカゲソ” がたっぷり乗った ボリューム満点の丼ぶり♪  
  2. イカゲソ は フライパンで しっかり炒めてあり、ノンフライ ◎
  3. 表面に片栗粉をまぶして 焼き上げ、甘じょっぱいタレを絡ませている ^^

 

旭川 花ちゃん ゲソ丼

衣に見えるのは 小麦粉ではなく片栗粉

旭川 花ちゃん 店内の様子

主にカウンター席が中心の店内、ちょっとゴチャゴチャしてますが 昔のお店っぽくて 逆にイイ!

旭川 花ちゃん 店舗外観

色あせた外観が 昔の大衆食堂を彷彿させる

花ちゃんのゲソ丼は 揚げているのではなく、“フライパンで炒めている” のが 特徴的。

味が絡みやすいように あらかじめ “片栗粉” をまぶしてから焼き上げているので、口の中が ときどきムニッとします ☑

 

tomo.
油で “炒めて” いるだけなので、意外と脂っこくないのが ◎! 

たくさん食べても くどくないし、甘じょっぱい醤油ダレが ごはんにもたっぷりで 箸がとっても進みます♪

 

ここまで ゲソにボリュームがあるのは、恐らく 花ちゃんだけ。

旭川駅からは 徒歩約17分、“道の駅あさひかわ” からも 比較的近くにあります。

 

関連記事

▼ 花ちゃん を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川ゲソ丼 2:立ち喰い蕎麦屋 天勇

立ち喰いそば屋天勇 ゲソ丼

発祥の味、元祖「ゲソ丼 500円」

旭川のソウルフード “ゲソ丼” の 発祥のお店「立ち喰いそば屋 天勇」!

 

ポイント

  1. 1960年より前から営業する、旭川市民に親しまれてきた “立ち喰いそば屋さん”♪
  2. 創業者が発案した “ゲソ丼” が、今では 旭川の一大ソウルフードに!
  3. 立ち喰いそば屋ならでは、早くて・安くて・おいしい の 三拍子がそろったお店 ^^

 

立ち喰いそば屋天勇 ゲソ丼

揚げ置きなので 衣はしっとり

立ち食いそば天勇 店内の様子

全席すべて 立ち食いカウンター

立ち食いそば屋天勇 店舗外観

天勇があるのは「5.7小路 ふらりーと」の 一画

ゲソは あらかじめ揚げてあるので、アツアツのごはんの上に ポンポンと乗せて、上からタレをかけたら もう完成!

揚げたてではないので 衣はしっとりですが、ゲソのコリコリした食感のおかげで 全く気になりません ^^

 

tomo.
立ち喰い蕎麦屋なのだから コスト削減を徹底しているのかと思いきや、ダシには “本節”かえしは “お店でつくって しっかり熟成”。  

こだわってない様で ポイントはしっかりと押さえている丼ぶりで、想像以上においしかったことにビックリ ^^

 

“天勇” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の南側。

立ち食い蕎麦屋さんなので、リーズナブルに サッと食べたい場合に ぜひ向かってみてください。

 

関連記事

▼ 天勇 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑩:ジュンドッグ

ジュンドッグ ビジュアル

袋に入った、これが “ジュンドッグ”!

旭川市で 人気の「ジュンドッグ」は、市民に根付いた B級グルメ & ソウルフード ^^

 

ポイント

  1. 美瑛町の飲食店 “じゅんぺい” が発案。 “えびフライ” を ごはんで包んだ “洋風おにぎり” ♪
  2. 旭川市内では “ピジョン館” が 製造・販売。市民に 広く親しまれている ソウルフードのひとつ ^^
  3. 道の駅・JR旭川駅などでも購入ができ、お土産にも ◎

 

ジュンドッグの元祖、美瑛町の “じゅんぺい” は、特に “えびフライ” に 定評があるお店♪

ここ 旭川の “ピジョン館” でも 同様に、負けじとおいしい えびフライも楽しめます ^^

 

ジュンドッグ 中身

袋を開けると、出てきたのは “ホットドッグ” の様な形状の ごはん!

ジュンドッグのピジョン館 ジュンドッグ

中のエビフライ が とっても大きく、身もしっかり!

ジュンドッグのピジョン館 店舗外観

旭川市郊外にある “ピジョン館” で 製造・販売しています

ジュンドッグが並んでいる様子

“JR 旭川駅” 構内の 四季彩館 などでも購入可

味の決め手は “生の食パンから作る” パン粉 で、ソースが絡んでも 風味が全然そこなわれてない♪

最後までサクサクの 軽~い食感で、このひと手間があるおかげで 満足度がかなりアップ!

 

tomo.
大きくてプリっとした “えびフライ” は 弾力が強く、何といっても 食べ応えがバツグン ◎  

味付けは ほぼソースのみで、パラっとほどける ご飯がまたおいしい♪

 

出来たてか そうでないかで 食感が大きくことなるので、できれば 製造元の “ピジョン館” で いただきたいところ ☑

ただし 中心部からは 少しはなれた場所にあるので、車かバスを利用して向かいましょう。

 

関連記事

▼ ジュンドッグ を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑪:シメパフェ

 

高井なお
飲んだ後や 食事をした後など、“一日の最後を締めくくるパフェ”

それが「シメパフェ」です!

 

札幌で生まれたこの食文化は、今や 全国へ拡大!

北海道のおいしい牛乳をふんだんに使用した “アイス” や 旬の “スイーツ” などが盛りだくさんで、もちろん 旭川でも楽しめます♪

 

旭川シメカフェ 1:ブンカフェー

ブンカフェーの「ココナッツパフェ(税込1170円)」がテーブルに置かれている

長身のグラスで提供された「ココナッツパフェ 1170円」

おいしい食事に 絶品スイーツ♪

さらに ステキな空間が広がる「ブンカフェー」は、三拍子そろった 超良店!

 

ポイント

  1. 2011年 市民文化会館内にオープン♪ 現在地に移転し トータル10年超!
  2. ランチ・カフェ営業のほか、週末限定の “夜営業” が 高コスパで雰囲気抜群 ◎
  3. 食事はもちろん、「自家製ケーキ・パフェ・ソフトクリーム」など スイーツも ハイレベル♪

 

シンプルな見た目に反し、とんでもないおいしさだった「黒蜜がけ 小倉フロート」

カウンター席とテーブル席がならぶ「ブンカフェー」の内観

開放的な大人空間が広がる「ブンカフェー」店内

昼間の「ブンカフェー」の外観

昼間の「ブンカフェー」外観

腕を振るうのは、かつて “旭川グランドホテル” で 腕を振るっていた実績のあるシェフ。

ご夫婦で営んでいるお店で、食事からスイーツまで、もちろんシメパフェも しっかりおいしいんです ^^

 

高井なお
ココナッツパフェは、ロースト感が段違いで たまらない♪

パリパリの食感が とってもおいしくて、トロピカルなパッションフルーツとの 相性も抜群 ◎

 

ブンカフェー が あるのは、旭川のメインストリート “買物公園” 沿いのビル「旭川フードテラス」の1階。

パフェは お昼から楽しめますが、夜 お酒の〆にパフェを食べたい時は 週末限定の “夜営業” を 狙いましょう ☑

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川シメカフェ 2:スイッチフレーバー

スイッチフレーバーの「ほろにがコーヒーゼリーパフェ ベイリーズリキュール添え(税込950円)」がテーブルに置かれている

「ほろにがコーヒーゼリーパフェ ベイリーズリキュール添え 950円」

“パリ街” に 店をかまえる「SWITCH FLAVOR(スイッチフレーバー)」。

2016年 5月にオープンした 18:00~営業の “夜カフェ” で、作りこまれたオシャレな空間と こだわりスイーツが魅力の一店です ^^

 

スイッチフレーバーの「サマハンストレートティー(税込630円)」を手に持っている様子

14種のスパイス入「サマハンストレートティー 630円」は ガツンとスパイシーで本格的♪

フルーティーな香りと苦味が魅力の ベルギービール「オルヴァル 1100円」

本棚にたくさんの本が並ぶスイッチフレーバーの内観

細部までつくりこまれた 世界観のある店内。どこの席からも 本を手に取ることができる ^^

スイッチフレーバーがある「パリ街」の外観

お店があるのは、居酒屋やスナックなど 10店以上が軒を連ねる「パリ街」

空間を重視するあなたには ぜひ訪れてほしい一店!

常時 4~5種類のパフェがあり、お酒の〆にも ピッタりです♪

 

高井なお
アンティーク家具が配された オシャレな店内で過ごすカフェタイムは、非日常感たっぷり ♡

どの席も 絶妙に入り組んだ場所にあり、周りを気にせず ひとりの世界に入りこめます ◎

 

3・6街 の一画にあり、旭川駅から徒歩7分と アクセスは良好 ◎

他にもさまざまなジャンルの飲食店が密集しているので、観光客にもおすすめしたいスポットです ^^

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川シメカフェ 3:OMOカフェ&バル

OMOカフェ&バル 完熟さくらんぼパフェ

限定の 映え系スイーツ「完熟さくらんぼパフェ 1000円」

旭川のホテル「OMO7 旭川(オモセブン)」にも、シメパフェ有!

 

普段は 宿泊者限定のラウンジとして開放されている “OMOカフェ&バル”

ここで 夕方 17:00 以降に登場するパフェは、宿泊をしていない方でも注文が可能なのだとか⁉

 

OMO7旭川 シメパフェ

ふわふわの綿あめの下に アイスやサクランボのソースがたっぷり!

OMOカフェ&バル

シメパフェの時間帯は、この広い席が ほぼ満席に!!

OMO7旭川 外観

OMO7旭川の外観、旧 旭川グランドホテル

ふわふわの “綿あめ” が のった 映え系パフェなので、特に女子は必見 ☑

芦別市の農家さんから仕入れた “さくらんぼ” を ふんだんに使ったソースが、もう たまりません!

 

※ 2022年10月時の情報です 終了している可能性もあるので 要確認

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑫:カフェ

 

旭川カフェ 1:サロン ド ボア

「ガレット コンプレ サラダ・スープ付 1540円」

洗練されたおしゃれな雰囲気で ランチやスイーツが楽しめる、駅チカの隠れ家「salon de bois(サロン ド ボア)」!

旭川の人気フレンチレストランが 2022年4月にオープンさせた、知る人ぞ知るカフェなんです ☑

 

ポイント

  1. 人気フレンチレストラン「Le ann(ル アン)」が プロデュースするカフェ♪
  2. 江丹別産そば粉を使用 ☑ 本場で修行したフレンチシェフがつくる ガレットランチがおすすめ!
  3. 北海道産素材にこだわる “苺ショートケーキ” が 極上のおいしさ ^^

 

サロンドボアの苺ショート「キャンドルケーキ」と紅茶がテーブルに置かれている

道産食材にこだわった 苺ショート「キャンドルケーキ 610円」

木のイスとテーブルが置かれているサロンドボアの内観

ガラス扉で半分に仕切られ、フレンチレストラン「ル・アン」と 中で繫がっている

サロンドボア 店舗外観

お店のある「明治屋ビル」の外観

味や見た目の美しさはもちろん、店内の雰囲気・接客サービスも抜群♪

特に 旭川「江丹別(えたんべつ)」の そば粉を使った、“ご当地ガレット” は おすすめ♪

 

高井なお
塩味が控えめな 自家製のハムが秀逸で、肉厚 & ソフト食感が ♡

カマンベールチーズ・目玉焼きとの相性は 言うまでもなく、シャキシャキ食感の新鮮野菜も とってもおいしい ◎

 

“サロン ド ボア” があるのは、JR 旭川駅のすぐ近くで 徒歩5分ほど。

買物公園に面したビルの中にあるので、土地勘がなくても 迷わずたどり着くことができますよ ◎

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川カフェ 2:珈琲館チロル

珈琲亭ちろるの「銅板焼き ふわふわリコッタパンケーキ」とコーヒーがテーブルに置かれている

【11:00~16:30 限定】ふわふわリコッタパンケーキ(朝食対応不可)

駅周辺の喧騒をのがれ、ひとりの時間を過ごせる 古き良き喫茶店「珈琲亭ちろる」。

歴史ある雰囲気はそのままに 令和のエッセンスも取り入れた、老若男女に人気の一店です ^^

 

ポイント

  1. 1939年の創業時から 80年以上! 地元民に愛される “旭川最古” の喫茶店 ☑
  2. “浅煎り・中煎り・深煎り”、好みや気分で選べる 自家焙煎のネルドリップコーヒーは おすすめ♪
  3. 北海道産素材にこだわる「銅板焼きパンケーキ」が 格別なおいしさ(※ モーニング非対応)^^

 

珈琲亭ちろるのミニソフトクリームがテーブルに置かれている

興部町の 北海道ミルクで作った ソフトクリームも美味 ◎(写真はミニ)

薪ストーブとテーブル席が並ぶ「珈琲亭ちろる」の内観

薪ストーブがある 落ち着いた雰囲気の店内

緑のツタに覆われた「珈琲亭ちろる」の外観

緑のツタに覆われた 雰囲気のある外観のお店♪

朝 8:30からの営業なので、モーニングとしての利用も可能 ^^

コーヒーがおいしいのはもちろん、こだわりの素材で作られた 高品質のスイーツにも注目です♪

 

高井なお
おすすめは シュワっと軽く甘さ控えめで、軽やかなパンケーキ♪

ハニーナッツバターも 生クリームも 口どけがとにかく秀逸で、上質な味わいです ♡

 

お店への所要時間は、旭川駅から 徒歩約9分ほど。

買物公園の側にあり、アクセスは良好です ^^

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川カフェ 3:MORIHICO.RENGA1909

「ベーコンと蕗味噌チーズのサンド(税込825円)」がテーブルに置かれている

「ベーコンと蕗味噌チーズのサンド 825円」

札幌 “円山エリア” に 本店を置き、札幌市内 10店舗・旭川 2店舗を 展開するカフェ「MORIHICO.(モリヒコ)」。

カフェ好きなら知らないものはいない 北海道が誇る名店です♪

 

ポイント

  1. 1909年に建てられた、築110年以上の ノスタルジックなレンガ倉庫を改装した店舗を使用 ☑
  2. サイフォン抽出の スペシャルティコーヒーが多数! たっぷり 2杯分楽しめる♪
  3. コーヒー・パフェ・サンドイッチなど、ここでしか味わえない限定メニューは 要チェック!

 

「雪のおしるこパフェ(税込968円)」がテーブルに置かれている

「雪のおしるこパフェ 968円」

天井が高く開放的なMORIHICO.RENGA1909 の内観

もともとは 陸軍の食糧備蓄庫だった レンガ倉庫を改装

MORIHICO.RENGA1909 店舗外観

店舗外観 レンガ造りの建物の雰囲気が ◎!

食べられるのは トーストやカレーなどの “軽食” や、数種類の スイーツや焼き菓子など♪

MORIHICO.自慢のコーヒーを片手に、ゆったり快適な時間をすごすことができるんです ^^

 

高井なお
味もさることながら、店内の雰囲気が バツグンにイイお店 ☑

かつて 陸軍の食糧備蓄庫だった “レンガ倉庫” を 改装したつくられていて、重厚感を活かしつつ 清潔感もかね備えた インダストリアルな雰囲気が ◎

 

JR 旭川駅 から 東へ向かうこと、徒歩 約4分で お店に到着!

宿泊施設も併設しているので、旭川滞在の場合は ぜひ選択肢に入れてみてください ☑

 

関連記事

▼ MORIHICO.RENGA1909 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 

\ クリックで一覧へ /

ジャンル一覧へ戻る

 

旭川グルメ ⑬:スイーツ

 

旭川スイーツ 1:ショコライズ

~準備中~

 

旭川スイーツ 2:ばなな焼き

~準備中~

 

旭川スイーツ 3:江丹別の青いチーズケーキ|Chirai

小さくカットされた江丹別の青いチーズケーキがテーブルに置かれている

ワンホールのサイズ感は、一般的なケーキの 約4個分

旭川市の奥地 “江丹別” にあるのは「レストラン カフェ チライ」☑

同じく ここ江丹別地区にある “伊勢ファーム” の 特産品、“江丹別の青いチーズ” を使った「江丹別の青いチーズケーキ」は 特に必食!

 

ポイント

  1. 2019年8月オープン! 江丹別地区初の “フレンチベース” レストラン ☑
  2. 店名の “Chirai(チライ)” は、アイヌ語で “イトウ(日本最大の淡水魚)” の意味
  3. 同じく江丹別地区にある “伊勢ファーム” で 作られた “江丹別の青いチーズ” を 使ったメニューは必見!

 

「江丹別の青いチーズケーキ 2500円」

江丹別の青いチーズケーキがテーブルに置かれている

冷凍なので、好きな時に解凍して食べられる ◎

お皿にのせられた江丹別の青いチーズケーキがテーブルに置かれている

“北のハイグレード食品2021” を 受賞した、伊勢ファーム「江丹別の青いチーズ」との コラボ 第1弾!

“江丹別の青いチーズ” は 伊勢ファームで製造される “青カビのチーズ” のことで、生産数が少ないため とっても貴重なもの。

このチーズに 胡椒・シナモンなどの香辛料を合わせ、ワインなどにも合う ひとクセある 大人のチーズケーキが完成!

 

高井なお
ブルーチーズの風味が強すぎず ちょうどいい感じで、超なめらか ♡ ブルーチーズ独特の風味が苦手な筆者でも、おいしく感じるくらいの心地よさです ◎

底に敷き詰められた “クランブル” からは シナモンがふわ~っと♪ 香ってきて、さらに食べやすい仕上がりに!

 

“江丹別の青いチーズ” の 強い風味が いい具合に出ているので、ブルーチーズが苦手な方にも おすすめしたい一品 ^^

ただし 買える場所がほとんどなく、筆者が確認できたのは Chirai 店頭の他、旭川空港の一部ショップのみ。確実に手に入れたい場合は、入荷の有無などを 事前に確認しておきましょう。

 

▼ 価格と購入方法 ※ クリックで開きます

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

旭川スイーツ 3:加藤屋 福々まんじゅう

 

 

 

 

 

 

旭川グルメ ⑭:お土産(お菓子)

 

旭川 お土産(お菓子) 1:

~準備中~

 

旭川 お土産(お菓子) 2:

~準備中~

 

旭川 お土産(お菓子) 3:き花

壺屋 き花 キャラメル

旭川銘菓No.1といっても過言ではない「き花」!

旭川の代表的なお菓子メーカーのひとつ、といえば「壺屋総本店」。

1929年創業の老舗で、定番商品の “壺もなか” や “壊中しるこ” など 人気商品を多数とりそろえています。

 

中でも 一番の大人気商品といえば「き花」でしょう!

 

壺屋総本店 き花キャラメルワルツ

アーモンドの風味とクーベルチュールのチョコレートがマッチ!

“き花” の名前の由来や特徴は 以下のとおり。

き花について

  • 昔 “陸上自衛隊旭川第2師団” に所属していた斉藤瀏(りゅう)という軍人が、短歌で使った造語
  • もともとは “霧華” とかかれ「ダイヤモンドダスト」のことを指す
  • クーベルチュールホワイトチョコ を アーモンドガレット ではさんだお菓子
  • ザクザクとカリカリの ちょうど良い食感が大人気!
  • モンドセレクション 最多受賞の実績

 

アーモンドの風味が芳醇で、またカカオバターの比率が高いクーベルチュールは まさに濃厚!

限定品の “キャラメルワルツ” は、袋を開けた瞬間からただようビターな風味と 独特の香ばしさで ちょっぴり大人な味わいに仕上がっています♪

 

壺屋 き花キャラメルワルツ

ANA FESTA 独占販売商品!

き花 キャラメルワルツ は、8枚入り 1350円。

1枚で十分な食べごたえもあり しっかりとおいしいので、ちょっとハイセンスな お土産としてピッタリ!

常温で日持ちもするので、もちろん自分一人で楽しむのにも良いでしょう♪

 

なお き花 キャラメルワルツ は「ANA FESTA」の独占販売商品

ANA FESTA 以外では、壺屋総本店の店舗か オンラインでしか買うことができません。

 

旭川グルメ ⑮:お土産(その他)

 

旭川 その他お土産 1:ジャパチーズ

~準備中~

 

旭川 その他お土産 2:お酒(高砂・男山)

~準備中~

 

旭川 その他お土産 3:調味料(キッコー日本・新子焼き)

~準備中~

 

「旭川 おすすめグルメ&スイーツ」まとめ

今回ご紹介したのは「旭川の “グルメ・スイーツ・お土産”」!

どれも 実際に筆者が食べてみて、しっかりご紹介できるものを揃えました♪

 

 

tomo.
いろんなグルメが勢ぞろいの 旭川 ^^

ラーメンや新子焼きの様な 名物グルメはもちろん、実は 和食や洋食なども 意外とおいしいお店がたくさん♪

 

旅行中の食事は 数に限りがあると思うので、本記事を読んで 満足できそうなものを探してみて下さいね!

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。