【保存版】旭川市民が通う「B級グルメ・ソウルフード」おすすめ15選!

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

ここに 旭川市民がこよなく愛する “ローカルグルメ” が勢ぞろい♪

 

ポイント

  1. 旭川市民が 日常的に利用する、名店をご紹介♪
  2. 安くておいしい 大衆的なお店を厳選! 
  3. 派手さがない分、ボリュームと価格に反映 ^^

 

‥ということで、今回は 札幌在住・毎年3回は旭川に遊びに行く筆者が おすすめする “B級グルメ・ソウルフード” を ご紹介します ^^

観光で向かう場合は、旭川市民になりきって お店へ向かいましょう!

 

 

B級・ソウルフード ①:旭川しょうゆ焼きそば

~準備中~

 

 スポンサードリンク

 

B級・ソウルフード ②:ピジョン館の「ジュンドック」

ジュンドッグ ビジュアル

袋に入った、これが “ジュンドッグ”!

旭川市で 人気の「ジュンドッグ」は、市民に根付いた B級グルメ & ソウルフード ^^

 

ポイント

  1. 美瑛町の飲食店 “じゅんぺい” が発案。 “えびフライ” を ごはんで包んだ “洋風おにぎり” ♪
  2. 旭川市内では “ピジョン館” が 製造・販売。市民に 広く親しまれている ソウルフードのひとつ ^^
  3. 道の駅・JR旭川駅などでも購入ができ、お土産にも ◎

 

ジュンドッグの元祖、美瑛町の “じゅんぺい” は、特に “えびフライ” に 定評があるお店♪

ここ 旭川の “ピジョン館” でも 同様に、負けじとおいしい えびフライも楽しめます ^^

 

ジュンドッグ 中身

袋を開けると、出てきたのは “ホットドッグ” の様な形状の ごはん!

ジュンドッグのピジョン館 ジュンドッグ

中のエビフライ が とっても大きく、身もしっかり!

ジュンドッグのピジョン館 店舗外観

旭川市郊外にある “ピジョン館” で 製造・販売しています

ジュンドッグが並んでいる様子

“JR 旭川駅” 構内の 四季彩館 などでも購入可

味の決め手は “生の食パンから作る” パン粉 で、ソースが絡んでも 風味が全然そこなわれてない♪

最後までサクサクの 軽~い食感で、このひと手間があるおかげで 満足度がかなりアップ!

 

tomo.
大きくてプリっとした “えびフライ” は 弾力が強く、何といっても 食べ応えがバツグン ◎  

味付けは ほぼソースのみで、パラっとほどける ご飯がまたおいしい♪

 

出来たてか そうでないかで 食感が大きくことなるので、できれば 製造元の “ピジョン館” で いただきたいところ ☑

ただし 中心部からは 少しはなれた場所にあるので、車かバスを利用して向かいましょう。

 

関連記事

▼ ジュンドッグ を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 スポンサードリンク

 

B級・ソウルフード ③:塩ホルモン・トントロ

炭や ミックスホルモン

炭や の「ミックスホルモン」 ※ 玉ねぎは最初だけサービス

かつてから “養豚業” が盛んだった 旭川。

“塩ホルモン” の発祥の町としても知られ、“トントロ” ブームに火がついたのも この町から ☑

 

馬場ホルモン 塩ホルモン

馬場ホルモン の「塩ホルモン 2人分」 ※ 玉ねぎはサービス

七輪屋 旭川醤油ホルモン

旭川 “キッコーニホン” の 醤油を使用した 七輪屋 の「旭川醤油ホルモン」

炭や トントロ

“炭や” の 名物「トントロ」は 脂の多い “豚のホッペ”

市内には たくさんの焼肉店があり、それぞれおいしい 塩ホルモンを提供 ^^

サクサクとした歯ごたえと したたる脂が特徴的な “トントロ” は、“炭や” がブームの火付け役なのだとか♪

 

tomo.
ホルモンは、お店によって ことなるタイプのものが食べられます ☑

厚みのある “コリコリ” のものと、薄くて “プリプリ” なタイプがあり、できれば どちらも楽しむのがベスト!

 

一皿が とってもリーズナブルなことも、特徴のひとつ。

一件あたりの量をおさえて、二件・三件はしごするのも ひとつです ^^

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ④:ゲソ丼

イカゲソの唐揚げ

旭川の “ご当地グルメ” のひとつ「ゲソ丼」も、ぜひ食べてみてください。

ごはんの上に 揚げたイカの “ゲソ(足)” をのせ、上から タレをかけた 丼ぶりのことで、余ったイカゲソを 丼ぶりとして提供したことがきっかけで誕生したのだそう。

 

旭川 花ちゃん ゲソ丼

特に人気なのが “花ちゃん” の「ゲソ丼」

立ち喰いそば屋天勇 ゲソ丼

発祥店の味、“立ち喰い蕎麦屋天勇” の 元祖「ゲソ丼」

“イカゲソ” の コリコリした食感が 食欲をそそり、たっぷりのご飯でも アッという間に完食!

揚げたものや 焼いたものなど お店ごとに調理方法がことなるので、お好みの一店をぜひ見つけてみてください♪

 

tomo.
全国的に知名度が高いのが、TV にも 何度も登場している “花ちゃん” の ゲソ丼! 

片栗粉をまぶし 油で “炒めて” いるだけなので、意外と脂っこくないのが ◎!

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

 スポンサードリンク

 

B級・ソウルフード ⑤:自由軒の「五郎セット」

自由軒 五郎セット

「五郎セット(味噌汁普通) 1180円」

旭川のとんかつ屋さん「自由軒」は、食べてもしっかりおいしくて 観光にもピッタリなお店!

 

ポイント

  1. 1949年創業、とんかつ・肉料理を中心とした “定食屋さん” ^^
  2. 2016年に “孤独のグルメ” 旭川編に登場し、全国的に知名度UP!
  3. 本編に登場した “五郎セット” や、一番人気 “肉ライス” は 必食♪

 

自由軒 かにクリームコロッケ

程よい固さのホワイトクリームに かにの身もしっかり味わえる

自由軒 肉ライス

一番人気の「肉ライス 1500円」にも注目!

自由軒 店舗外観

定食屋さんの様な 昔ながらの外観がたまらない ^^

ドラマ本編で 主人公 “井之頭五郎” が注文したのが、“味噌汁ライス・カニクリームコロッケ・ホッケフライ”

これらを ひとつにまとめたお得なセットメニューが “五郎セット” で、価格以上にボリューム満点!

 

tomo.
衣がサクサクで 食べる手が進む進む!

特に カニの身がしっかり味わえる “かにクリームコロッケ” が おいしくて、カニだけでなく しっかりうま味がとけ出した ホワイトソースにも注目です♪

 

一番人気の “肉ライス”、かねてからの看板メニュー “わらじ焼肉” などにも注目!

知名度だけでなく、しっかりおいしいご飯が食べられますよ♪

 

関連記事

▼ 自由軒 を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑥:信濃路の「もつそば」

信濃路 もつそば

温かいお蕎麦の中から「もつ (880円)」を オーダー

盛りの良さと 食べごたえのある “田舎そば” が大人気! 旭川市のお蕎麦屋さん「信濃路」。

 

ポイント

  1. 創業から 40年を超える、旭川の老舗お蕎麦屋さん!
  2. 通常より太めの “田舎そば” が 大人気!! ボリュームも満点 ◎ 
  3. 名物 “もつそば” は もちろん、かつ丼・もつカレーなど サイドメニューも人気 ^^

 

元々 地元の方でにぎわっていたお店ですが、2022年8月 “バナナマンのせっかくグルメ” で紹介されたことで、アッという間に 行列のできる人気店へ!

日村さんも食べた “もつそば” は もちろん、サイドメニュー の “もつカレーライス” にも注目です♪

 

信濃路 もつそば

太めで 黒い “田舎そば”、しっかりと コシあり!

信濃路 もつカレーライス

お蕎麦屋さんの「もつカレーライス(780円)」にも 注目!

信濃路 店舗外観

店舗前の駐車場は アッという間に満車となる可能性高 ↑

お店で手打ちの “田舎そば” は、適度な太さで コシも強め ^^

お出汁の効いたつゆは 若干濃いめの辛口よりですが、麺の太さにピッタリな 物足りなくならないちょうど良い塩梅!

 

tomo.
この丼ぶり一杯に、鶏のうま味がギュッと濃縮!

若干臭みのある 鳥もつでしたが、これがアクセントになり よりおいしさを引き立てます ^^

 

お店の場所は、北海道遺産 “旭橋” の近くで 市立旭川病院などがある “金星町”。

旭川駅から 約2㎞ほどはなれているので、車かバスを利用して向かうのが ベターでしょう。

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑦:せい一の「ミニ鳥天丼」

せい一 ミニ鳥天丼

これが “ミニ” だなんて 絶対に信じられない「ミニ鳥天丼(350円)」

旭川の「せい一」で食べられるのは、とってもハイクオリティなお蕎麦!

‥ですが、ここでは 来店者の大半が追加するという ウソ偽りしかない “ミニ” 鳥天丼 に注目です♪

 

ポイント

  1. 2014年秋までは 幌加内町で営業していて、“ミシュラン北海道2012” にも掲載!
  2. 2016年より 旭川市で営業をスタート♪ 再度 “ミシュラン北海道2017” で ビブグルマン に選出!!
  3. 幌加内産100%の “二八そば” に加え、規格外の “「ミニ」鳥天丼” が 大人気 ^^

 

せい一 ミニ鳥天丼

深めの丼ぶりの ほぼ並々まで たっぷりのご飯!

せい一 ミニ鳥天丼

ご飯を減らすこともできるので、食べ切れる自信のない方は 一度検討を

旭川 せい一 そば

自慢の手打蕎麦と一緒に いただきましょう!

天ぷらのタレは 甘みが強めで、ごはん+油 との 相性が ◎

見た目のインパクトが大きすぎて、どうやら この店の名物料理として認識されているのだとか。

 

tomo.
鳥胸肉の天ぷらですが、下ごしらえがしっかりされてて、パサつきがなく フワッとしっとり♪

‥とはいえ 大半が衣なので、お腹はふくれるけど 胃へのダメージはかなりのもの‥ ^^;

 

食べ切れる自信のない方は “ごはん少なめ” での オーダーも可。

また「ひと口鳥天丼(200円)」という 同様のメニューがあるので、こちらをオーダーしてみるのもアリでしょう。

 

※ ご飯もののみの オーダーは不可

 

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑧:新子焼き

焼鳥どじょうよしや 新子焼き

焼鳥どじょうよしや の「新子(若鶏半身)」

 

“新子焼き” って、いったい何?

“ご当地グルメ” って聞くんだけど ホント?

 

新子焼きとは「若鶏の半身を素焼きにした 豪快な “焼き鳥”」のこと♪

戦後の食糧難だった時代に 鶏の成長を待っていられない中、最大限にタンパク質を摂取できる調理方として 広まったのだそう。

 

三代目かん太郎 新子照り焼き

三代目かん太郎 の「新子てり焼き」

独酌三四郎 新子焼き

独酌三四郎 の「新子焼き」

焼鳥らんまん 新子焼き

焼鳥らんまん の「新子焼き」

新子焼きの名前の由来は、出世魚の “コハダ” から。

幼魚の頃の呼び名「新子」に 成長する前の「若鶏」を見立て、「新子焼き」という名前がつけられたと言われています ^^

 

tomo.
焼鳥の一種なので、味に大きく左右するのが 焼き手の技術 ☑

同じくらい重要なのが しょう油ベースの “タレ” で、お店ごとの味の違いにも注目していただきましょう!

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑨:ちゃっぷ丼

三代目かん太郎 チャップ

三代目かん太郎 の「チャップ」

新子焼きと双璧を成す 旭川のソウルフード「チャップ」。

若鶏をつかった “新子焼き” に対し、チャップには “豚の肩ロース” を使用 ☑

 

ちゃっぷ焼きって?

  • 豚の “肩ロース(ポークチョップ)” を 豪快に焼き上げた料理
  • 当時はやっていた プロレスラー “力道山” の「空手チョップ」を もじって名付けられたのだそう
  • ポークチャップ とは違い、ケチャップ味ではなく “タレで味付け”

 

ぎんねこ ちゃっぷ丼(小)

“ぎんねこ” の「ちゃっぷ丼 880円」タレがシミシミの ご飯が格別!

焼鳥らんまん ちゃっぷ

焼鳥らんまん の「ちゃっぷ」

新子焼きとことなるのは、何といっても 豚肉の甘みと ジューシーな脂を楽しめる点 ◎

この コッテリとした脂が、甘辛~いタレに メチャクチャ合うんです!

 

tomo.
チャップ焼きをごはんに乗せ 上からタレをかけたものが “ちゃっぷ丼”!

赤身は柔らかく 脂はジューシーでコク深い、間違いなくお酒がすすむ おいしいやつ♪

 

チャップの取扱い店は多いけれど、中には 丼ぶりに対応していないお店もチラホラ‥。

少なくとも “三代目かん太郎” や “ぎんねこ” では メニューで確認しましたので、見つけたら ぜひ試してみてください ^^

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑩:旭川しょうゆラーメン

らーめんや天金の「正油ラーメン(税込800円)」がテーブルに置かれている

名店のひとつ「らーめんや天金」の 正油ラーメン

忘れてはいけないのが、“北海道三大ラーメン” のひとつに数えられる「旭川ラーメン」。

 

旭川ラーメンの特徴

  • 魚介系スープ + 豚骨・鶏ガラ・野菜などのスープ の「Wスープ」
  • スープに浮かぶ たっぷりの「ラード」
  • 低加水の「中細麺」

 

ラーメン青葉 正油ラーメン

らぅめん青葉 の「正油らぅめん」

ラーメンの蜂屋五条創業店の「しょうゆチャーシュー(税込1000円)」がテーブルに置かれている

ラーメンの蜂屋 の「しょうゆチャーシュー」

生姜ラーメンみづの しょうが

しょうがラーメンみづの の「しょうがラーメン」

スープの表面に “ラードの膜” が張っていることが特徴的で、これはスープが冷めない様にする 寒い地域ならではの工夫のひとつ。

“しょう油ラーメン” が 基本ですが、お店ごとに “味噌・とんこつ” など 独自に進化した 色々な味が楽しめます ^^

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑪:ひまわりの「モルメン」

ラーメンひまわり モルメン辛いの

「モルメン 辛いの 1050円」

ラーメンが有名で “塩ホルモンの発祥” の町である 旭川。

そんなご当地グルメを組み合わせた 旭川ならではの「ホルモンラーメン」も、ぜひ 食べてみてください ^^

 

ポイント

  1. 1981年創業、旭川でも屈指の 人気ラーメン店♪
  2. ラーメンに “豚ホルモン” を加えた ホルモンラーメン「通称:モルメン」が 大人気!
  3. 開店前から 混雑必至! 特にランチタイムは 長蛇の列も覚悟しよう (^^;

 

看板メニュー「通称:モルメン」を求めて、地元の方はもちろん 遠方からやってくるお客さんも多いのだそう。

 

ひまわり ホルモンラーメン

旭川ラーメンの特徴、”低加水中細縮れ麺” は 加藤ラーメンのものを使用

ラーメンひまわり モルメンのスープ

しっかり油が浮かんだ 濃厚な “味噌スープ”、ジワジワとくる辛さが たまらない

ひまわり 店舗外観

ひまわり の ある “特一ビル” の 外観

パンチの効いた 濃厚な味噌味がベースのスープは、しょっぱさの中に コクと甘みと深みあり ◎

少~しずつ 汗がにじんでくるくらいの辛さで、濃いめのスープとの相性もバツグン!

 

tomo.
スープも濃いけど ホルモン自体も濃いめの味噌味で、濃厚&しょっぱさ路線を一直線!!

ラードの脂も多めで 繊細というより豪快な味わい、まさに男性好みの 野性的なラーメンです ^^

 

お店の場所は 旭川駅から少しはなれた 大雪通り沿いで、旭川駅からは 車で9分ほど。

超混雑するお店なので、できれば 開店前か 時間をずらして向かいましょう。

 

関連記事

▼ ひまわり を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑫:江丹別そば

~準備中~

 

B級・ソウルフード ⑬:キッコー二ホンの「醤油アイス」

キッコーニホンの「醤油ミルクアイス」と「醤油あずきアイス」を手に持っている様子

左:「醤油ミルクアイス」、右:「醤油あずきアイス」

旭川の醤油メーカー “キッコーニホン” ☑

旭川市内にある 直売店で買えるのが、ここでしか味わえない「醤油アイス」!

 

醤油ミルクのアイスキャンディーを手に持っている様子

シンプルに醤油を味わいたい方におすすめ!「醤油ミルク」

醤油あずきのアイスキャンディーを手に持っている様子

小豆の食感がアクセント。ほんのり和風な「醤油あずき」

「醤油ミルク」と「醤油あずき」の2種類のアイスキャンディーが冷凍庫の中にたくさん並べられている

「醤油ミルク・醤油あずき」の 2種類に、季節限定フレーバーも ☑

「醤油ミルク」は、北海道らしさあふれるミルクのコクと ダイレクトにお醤油を感じられるひと品。

一方「醤油あずき」は 醤油感が若干うすれるので、ほんのり味わいたい程度であれば こちらがおすすめ ^^

 

tomo.
食べる前は どうなんだろう… と ちょっと不安でしたが、意外に乳製品と相性がいい!

むしろ 甘じょっぱい感じが病みつきになるおいしさで、驚きました♪

 

「お昼ねプリン」で有名な 地元スイーツ店「エチュード洋菓子店」が、製造を担当。

2種類とも 原材料がシンプルなので、お子様にも安心です ◎

 

関連記事

▼ キッコーニホン を 詳しく

 

▼ 店舗情報 ※ クリックで開きます

 

B級・ソウルフード ⑭:伊勢ファームの「江丹別の青いチーズ」

~準備中~

 

B級・ソウルフード ⑮:高橋製菓の「ビタミンカステーラ」

~準備中~

 

旭川 B級・ソウルフード まとめ

 

今回は、旭川で 昔から愛され続けてきた “B級グルメ・ソウルフード” を ご紹介しました。

 

tomo.
どこも 実績ある名店ぞろい、なので 大きく外すことは まずないはず‥

好き嫌いは あるでしょうが、自分好みの一店を見つけてみてください!

 

できれば、何度も通って食べくらべてほしいところ。

旅行などで 長期間の滞在がむずかしい時は、ぜひ本記事を参考に お店を選んでくださいね♪

 

 

近くのスポットをチェック

もっと見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。