ラーメン青葉

「らぅめん青葉」の正油ラーメンが旨い!旭川ラーメンの礎を築いた伝統の味わい♪

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

地元の方はもちろん 観光客にも大人気の「らぅめん青葉」のラーメンは、旭川ラーメンの特徴そのもの!

 

ポイント

  1. 1947年創業で、旭川ラーメンの創世記から営業しているラーメン屋さん!
  2. 創業時から継ぎ足しながらつくる、動物系+魚介系の とっても澄んだ “Wスープ” が旨い ◎ 
  3. ラードたっぷりで とってもアツアツ、低加水麺が スープにとっても合う ^^

 

“蜂屋” と並び 戦後の旭川ラーメンの基礎を築いた一店で、現在まで続く伝統の味を求めて 多くの人が列をつくる人気店!

営業時間は夕方までなので 向かう際は注意が必要ですが、実は “朝ラー” ができる 貴重な一店でもあるんです ^^

 

 

青葉 の「正油ラーメン」を 実食!

ラーメン青葉 正油ラーメン

「正油らぅめん(850円)」

1947年(昭和22年)創業の “らぅめん青葉” は、屋台から始まった 旭川ラーメンの代表的なお店のひとつ。

“味噌・塩・しょう油” と 揃ってますが、旭川にきたら まずは代表的な “正油らぅめん” を 食べてみて!

 

青葉のラーメンを詳しく

  • “豚骨・鶏ガラ・鰹節・煮干し・昆布・野菜” など 計12種類の素材からつくられる、無化調スープ♪
  • 創業から現在まで 継ぎ足して作っていて、スープの味にも お店の歴史が詰まっている ^^
  • 旭川ラーメンの特徴が色濃く出た、まさに地域に根付いた味わい!

 

旭川ラーメンの特徴といえば、1.魚介系スープ + 豚骨・鶏ガラ・野菜などのスープ の Wスープ2.スープに浮かぶ たっぷりのラード3.低加水の中細麺

歴史ある青葉のラーメンには これらの特徴がすべて詰まっているので、“THE 旭川ラーメン” を食べたい 観光客の方などには 特にピッタリ!

 

青葉 正油ラーメン

低加水の中細麺、ラードがたっぷりなため 麺の表面が脂でコーティング

ラーメン青葉 醤油ラーメン

スープをレンゲですくうと 脂の量が一目瞭然! 寒い土地 旭川ならではの工夫が ラーメンにも現れています

とっても澄んだ “清湯スープ” で、魚介系の強い風味を 動物系の旨みが まぁるく調和 ^^

上に浮かんだラードの層があるおかげで スープの熱がほとんど逃げなく、最後までアッツアツ!

 

tomo.
“低加水中細麺” は いつまでも噛んでたくなる ベストな弾力で、柔らかさとハリを兼ね備えた逸品♪

また 一見シンプルに見えて 複雑な味わいのスープがおいしすぎて、麺をすする手が止まりません ^^

 

「旭川ラーメンって こんなに美味しかったのか!」と 衝撃を受けた一杯。

お店に行くなら 必ずおさえておきたい一品です ^^

 

 スポンサードリンク

 

青葉 の「メニュー一覧」

旭川ラーメン青葉 メニュー表

お店の外で待つ場合でも、先にオーダーを決めておけます

 

tomo.
その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 8月現在の メニューと価格です

 

 

旭川ラーメン青葉 メニュー表

札幌は “味噌”・函館は “塩” ですが、旭川 “醤油ラーメン” が 有名な土地。

もちろん 青葉の一番人気も “正油らぅめん” なので、ベースとなるお店の味を確かめたい時は 迷わず “正油らぅめん” を オーダーしましょう!

 

 スポンサードリンク

 

青葉 の「店内の様子」

 

“らぅめん青葉 本店” の店内は、全部で 17席分。

カウンター 10席、テーブル席 2卓 7席 となり、店内は かなり狭いです。

 

ラーメン青葉 店舗前のイス

歩道に設けられたイスで 順番を待ちましょう

お店が広くないため、ランチタイムでなくても 満席になることが多い 青葉。

そんな時は 店の前に設けられたベンチで、ゆっくり順番を待ちましょう!

 

tomo.
今回の訪問日は 平日の 11:40頃でしたが、店内は満席・3組ほどが空くのを待っている状態。

オーダーは 外のベンチに座っている時に 先に確認するスタイルの様で、席につくと すぐにラーメンが運ばれてきました ^^

 

青葉 の「袋麺」は お土産にもピッタリ!

 

家でも “らぅめん青葉” の味を楽しみたい!

お土産にできる商品ってないの?

 

そんな時は “インスタント麺” の購入がおすすめ!

旭川の “藤原製麺” から 袋麺が販売されていて、お店の他 お土産物屋さんなどで購入することが可能です ☑

 

藤原製麺 らぅめん青葉のインスタント麺

袋の中には ノンフライ麺とスープ

らぅめん青葉 インスタントラーメン

約4分間 麺を茹でたら、鍋の中にスープを投入し完成!(玉子は別添え)

らぅめん青葉 藤原製麺のインスタント麺

麺こそ違えど、実店舗の雰囲気を しっかり再現 ☑

“豚のエキス” と “かつお節粉・煮干粉” などの Wスープは健在で、脂の量も しっかりめ。

青葉のスープの特徴を しっかりと再現してあって、袋麺にしては かなりおいしい!

 

tomo.
麺の食感などは 多少ことなるものの、しっかり特徴をとらえていて 再現性は高め♪

青葉の味を 自宅に持って帰りたい場合、このインスタント麺がおすすめです

 

“道の駅あさひかわ” や 各お土産店の他、ツルハドラッグなど いろんなお店で購入することが可能です。

 

参考

  • 【種類・価格】※ 2022年9月時
    ・ 1袋 210円(店頭価格)
  • 【通販サイト】

    公式HP

 

 スポンサードリンク

 

青葉 の「アクセス方法」

ラーメン青葉 店舗外観

黄色・オレンジ・緑 の 明るい色で、とっても目立つ

“青葉” に 向かう場合は、“JR” か “バス” を利用して 向かいましょう!

JR旭川駅から近い 中心部にあるので、観光時でも アクセスがとても容易です ^^

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

“青葉” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

JR 旭川駅 から 徒歩で向かうのが、一番分かりやすくて おすすめのルートです。

 

「車」を利用して 向かう場合

“青葉” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

注意してほしいのが、専用駐車場が設けられてないこと。

車で向かう場合は、周辺の “有料駐車場” の 利用を検討しましょう。

 

青葉 の「店舗概要」住所・電話番号

青葉 店舗前看板

お店の場所は、“JR 旭川駅” からも近い 旭川市の中心部

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】旭川らぅめん青葉 本店
【住所】北海道旭川市2条通8丁目左8 二条ビル名店街
【電話番号】0166-23-2820
【営業時間】9:30~14:00、15:00~17:30(スープ・麺がなくなり次第終了)
【定休日】水曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「青葉」の 口コミ

 

青葉 まとめ

ラーメン青葉 のれん

旭川ラーメンのスタンダード的存在、“青葉” の 正油らぅめん は 必食♪

 

ポイント

  • 1947年創業で、旭川ラーメンの創世記から営業しているラーメン屋さん!
  • 創業時から継ぎ足しながらつくる、動物系+魚介系の とっても澄んだ “Wスープ” が旨い ◎ 
  • ラードたっぷりで とってもアツアツ、低加水麺が スープにとっても合う ^^

 

色々なお店を食べ歩いた後に あらためて食べると、“青葉” のレベルの高さが一目瞭然!

食べた直後に また食べたくなるほど 美味しいと思えた、数少ないラーメンのひとつです ^^

 

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。