【札幌】商業施設「赤れんがテラス」徹底解説!全テナントや実食レポ

2021-02-03

   

 

たくさんの飲食店が入る 札幌の商業施設「赤れんがテラス」

北海道の名物グルメから オシャレなフレンチレストランまで、ありとあらゆるジャンルを網羅しています。

札幌駅からも近い 好立地も魅力的!

 

そこで今回は この「赤れんがテラス」の魅力について、札幌に約20年在住するわたしが徹底的に解説します。

この記事でわかること

  • 「赤れんがテラス」への アクセス方法
  • 「赤れんがテラス」の おすすめ飲食店情報
  • 「赤れんがテラス」の その他の楽しみ方

 

 

「赤れんがテラス」の アクセス方法と駐車場

赤れんがテラスの外観

「赤れんがテラス」があるのは、“札幌駅” から “大通公園” へ真っすぐ続く「駅前通」沿い。

どちらの駅からも近く アクセス良好で、有名な観光名所「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」の目と鼻の先にあります。

 

公共交通機関で向かう方法

交通機関を利用して向かう方法は 以下のとおり。

方法

 

札幌駅前通 地下歩行空間「チ・カ・ホ」に 地下1階で接続しているので、荒天時の移動もラクラク♪

札幌駅からも 大通公園からも近いので、十分 徒歩で向かえます。

 

車で向かう場合と、駐車場について

“赤れんがテラス” の西側にある「有料駐車場」を利用しましょう。

駐車場詳細

  • 【営業時間】7:00~24:30
  • 【駐車料金】400円 / 60分(税込)
  • 【駐車台数】56台
  • 【車両制限】高さ 1.75m、幅 1.95m、長さ 5.3m

 

施設内で 1店舗あたり 2,000円(税込)以上の買い物で 2時間無料となりますが、以下の点に注意です。

注意

  • 複数店舗での合算は不可
  • 以下の店舗は駐車サービス対象外となります
    ・椿サロン tsubaki salon
    ・P'tit salé
    ・JP ローソン
    ・ブルックリンパーラー札幌
    ・鶴雅ビュッフェ ダイニング札幌
    ・レストラン MINAMI

 

「赤れんがテラス」の コンセプトや施設概要

赤れんがテラスの東側エントランス

「赤れんがテラス」は、“札幌三井JPビルディング” B1階~4階部分の商業施設のこと。

 

コンセプトは「新しい感性と出会う、札幌の中庭」!

5つのテラス

  • 【地下】地下テラス
  • 【1階】オープンテラス
  • 【2階】アトリウムテラス
  • 【3階】バルテラス(フードコート)
  • 【5階】眺望ギャラリー

5つの “テラス” が設けられ、都会にいながらも自然を感じられる仕上がりに。

また内装には レンガや木材を多用し、隣接する「赤れんが庁舎」と共に “赤れんが” のイメージを持たせています。

 

【施設名】赤れんがテラス
【建物名】札幌三井JPビルディング
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1
【最寄駅】地下鉄「さっぽろ駅」徒歩約2分、JR「札幌駅」徒歩約5分
【構造】地上20階・地下3階
【営業時間】11:00~21:00
【駐車場】有料駐車場 56台
【公式HP】赤れんがテラス 公式HP

B1階~4階までが商業施設「赤れんがテラス」、6~19階までが「オフィスビル」として 利用されています。

 

「赤れんがテラス」の 各テラスを一挙紹介!

前述のとおり “赤れんがテラス” には 5つのテラスがあります。

5つのテラス

  • 【地下】地下テラス
  • 【1階】オープンテラス
  • 【2階】アトリウムテラス
  • 【3階】バルテラス(フードコート)
  • 【5階】眺望ギャラリー

 

次は これらのテラスを みて行きましょう!

 

①:赤れんが庁舎をながめることができる「眺望ギャラリー」

“赤れんがテラス” の由来は、もちろん 隣接する「赤れんが庁舎」が由来。

「眺望ギャラリー」からは、そんな 赤れんが庁舎を一望することができます。

 

ガラスでかこまれたテラスからは「赤れんが庁舎」を一望!

高い位置からながめられ、かつ自由に出入りできる場所は他にないので、また違った雰囲気を楽しむことができました。

 

眺望ギャラリーには、3階にある「専用エレベーター」から向かいます。

 

エレベータを降りるとすぐ、事務所の様な部屋が広がります。

ここは 子どもたちの想像力を育てるスクール「Think School Jr,(シンクスクールジュニア)」。

眺望テラスがあるのは、この左奥です。

 

②:地下歩行空間にある「地下テラス」

札幌駅前通 地下歩行空間「チ・カ・ホ」沿いにあるのが「地下テラス」

誰でも利用することができる休憩スペースが設けられています。

移動途中の休憩や、待ち合わせなんかにもピッタリなので、気軽に利用してみましょう。

 

赤れんがテラス 地下入口

地下テラスは「地下歩行空間」入口の側にあります

 

③:開放感バツグンな「オープンテラス」

札幌市北3条通広場「アカプラ」

赤れんがテラスのある “札幌三井JPビルディング” と、その向かいの “日本生命札幌ビル NOASIS 3.4”。

“赤れんが庁舎” までまっすぐ続く この通りは、“札幌市北3条広場”「アカプラ」

じつは 札幌で最初の舗装道路が施工されたのがここ で、今でも現舗装の下には現存最古の木塊舗装が残っています。

 

赤れんがテラスの「オープンテラス」

この “アカプラ” 沿いに設けられているのが「オープンテラス」では、通りに面した飲食店が テラス席を設営(季節による)。

自然や歴史を感じながらいただくランチは とっても開放的で、札幌の中心部にいることを忘れさせてくれます。

 

④:読書、PC作業にピッタリな「アトリウムテラス」

赤れんがテラスのアトリウムテラス

アトリウムテラスがあるのは2階

東側の入口から入ると、4階まで吹抜けとなった開放的な空間が!

その 2階にあるのが「アトリウムテラス」

おすすめポイント

  • 無料WiFi 完備
  • 席によってはコンセントも完備
  • 利用料が無料

 

読書や PC作業にも最適な空間で にぎわっていることも多い印象ですが、かなりおすすめのスペースです。

 

⑤:お腹が空いたら、フードコート「バルテラス」

赤れんがテラス フードコート「パルテラス」

最後は 北海道の “おいしい” がたくさん詰まったフードコート「パルテラス」。

こちらについては、後半でさらに詳しく解説します。

 

「赤れんがテラス」の 各テナント一覧

赤れんがテラスには「計27店」のテナントが出店。

 

▼ 出店テナント一覧

B1階
CAFE YOSHIMIレストランカフェ
モンベルアウトドア用品
1階
モンベルアウトドア用品
JPローソンコンビニエンスストア
椿サロン tsubaki salonカフェ・バー
--
P'tit salé(プティサレ)トレトゥールレストラン
--
ゴンチャティーカフェ(タピオカ)
2F
鶴雅ビュッフェ ダイニング札幌レストラン(ビュッフェ)
ABCクッキングスタジオ料理教室
cafe&bar Manhattanカフェ・バー
PariRuパフェ&ビュッフェ カフェスタンド
3F
--
YAKINIKU BAR TAMURA焼肉・南欧料理・ワイン
【閤】CUGURIDO個室和食ダイニング/炙り・海鮮・旬野菜
鮨棗寿司
牛たん炭焼 利久牛タン
エノテカ ドォーロイタリア料理・イタリアワイン専門店
ゑぞ食堂らーめん
HIKARI蕎麦
KITCHEN 徳寿韓国料理
--
中国料理 布袋大衆中国料理
タイガーカレーカレー専門店
4F
レストランMINAMIフランス料理店
bridal house BiBiWeddingドレス・メンズ・和装・ヘアメイク・挙式プロデュース

 

アウトドア用品の “モンベル” が 2区画を利用。

全27店の内、22店が飲食店施設です。

 

「赤れんがテラス」の飲食店! ランチやカフェタイムにもピッタリ!

赤れんがテラス 飲食店

次は これらの飲食店の中から「おすすめのお店」を ピックアップ!

赤れんがテラスにきたらぜひ食べてほしいグルメを、モグトリップ的目線からご紹介します。

 

おすすめ店 ①:中国料理 布袋 赤れんがテラス店(3階)

中国料理布袋の「ランチセット」

一番人気! ザンギと小マーボーのザンギセット

3階 フードコート “バルテラス” 内で 注目のお店が「中国料理 布袋 赤れんがテラス店」

北海道のソウルフード「ザンギ」の名店で、赤れんがテラス店では お得なランチセットが大人気です!

 

布袋赤れんがテラス店 外観

布袋式ザンギの特徴は、なんといっても「3度揚げ」!

これにより 冷めても食感がそこなわれない、カリッカリなザンギに仕上がります。

 

フードコート バルテラスの全景

その他 人気メニューが、ラーメンの麺に 本格的な麻婆豆腐をたっぷりとかけた「麻婆麺」。

カリッカリの太麺がおいしい「あんかけ焼きそば」もおすすめです!

 

 

店舗情報
【店名】中国料理 布袋 赤れんがテラス店
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス 3階
【電話番号】011-206-4101
【営業時間】11:00~15:00、17:00~23:00
【定休日】不定休(赤れんがテラスに準ずる)
【駐車場】あり(56台 30分:税込 200円)
【キャッシュレス決済】各種クレジットカード、電子マネー(PayPay、d払い、楽天Pay、Alipay、WeChatPayなど)
【公式サイト】https://zangihotei.com/
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめ店 ②:CAFE YOSHIMI(B1階)

道内外で 20以上もの飲食店を展開している “YOSHIMI” の系列店「CAFE YOSHIMI」

洋食を 手軽に、さらにリーズナブルに 食べられるのが魅力です♪

 

カフェヨシミ 店舗外観

中でも人気のメニューが「オムハヤシライスセット」で、不動の人気No.1!

バターライスをたっぷりと包んだ “ドレス・ド・オムライス” が好評で、そのビジュアルは写真映えすること間違いなしです。

 

 

店舗情報
【店名】CAFE YOSHIMI(カフェヨシミ)
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス B1階
【電話番号】011-205-0285
【営業時間】8:30~11:00、11:00~17:00、17:00~23:30
【定休日】不定休(赤れんがテラスに準ずる)
【駐車場】あり(56台 30分:税込 200円)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HPへ
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめ店 ③:椿サロン 赤れんがテラス店(1階)

カフェタイムにおすすめなお店が「椿サロン」

デザイン会社「株式会社 アトリエテンマ」が運営する、ワンランク上の素晴らしいな空間が魅力的です。

 

椿サロン 店内

ここで食べられるのは「パンケーキ」。

フワフワなのはもちろん、肌に吸いつくような むっちりとした独特の食感がたまりません♪

 

お店の入口があるのは 1階 西側の外になるので、間違えない様に注意!

ゆっくりとステキな時間をすごしてみてください。

 

 

店舗情報
【店名】椿サロン 赤レンガテラス店
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス 1階
【電話番号】011-222-2000
【営業時間】11:00~18:00 (土日祝 10:00~18:00)、18:00~23:30
【定休日】元旦
【駐車場】あり(56台 30分:税込 200円)
【キャッシュレス決済】各カード可、PayPay、楽天Pay、d払い、ALIPAY、WeChatPAY ほか
【公式サイト】http://www.tsubakisalon.jp/
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめ店 ④:レストラン MINAMI(4階)

この日のメインは「カモ」

本格的なフレンチが食べたくなったら「レストラン MINAMI」へ向かいましょう。

レストランウェディングにも人気の会場のひとつで、北海道の食材を使った素晴らしい料理が楽しめます。

 

普段使いはもちろん、ビジネス・パーディー・両家顔合わせなど、いろいろなシーンでの利用が可能。

赤れんが庁舎を見渡すことのできるロケーションで、ステキな思い出づくりはいかがでしょうか?

 

店舗情報
【店名】レストラン MINAMI
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス 4階
【電話番号】011-252-3471
【営業時間】11:30~15:00、17:30~23:00
【定休日】月曜
【駐車場】あり(56台 30分:税込 200円)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HPへ
【外部サイト】食べログ / ぐるなび / Yahoo!ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

その他にも こんな飲食店がありました

タピオカ ゴンチャ

1階には、台湾茶タピオカ が有名な「Gong cha(ゴンチャ)」

いわずとしれた有名店で、日によっては長蛇の列ができることも‥。

 

赤れんがテラス プティサレ

リーズナブルなカジュアルフレンチなら 1階の「プティサレ」がおすすめ!

ランチタイムには1000円台から ワンランク上のランチが楽しめます♪

 

ブルックリンパーラー札幌

音楽・本・食が融合したカフェ・レストラン「ブルックリン・パーラー札幌」(現在は 店名が変更)

特徴は 店内をかざる たくさんの本! 自由に読むことができるので、思わず長居してしまいます。

 

北海道各地で高級ホテルを展開する「鶴雅グループ」が運営するのは「鶴雅ビュッフェ ダイニング札幌」

厳選された食材を使った ちょっと高級なビュッフェを楽しむことができます。

思いっきり食べたい時にも、特別な時間をすごしたい場合にも ピッタリです。

 

エノテカドォーロ

その他 ナポリピッツァ&イタリア郷土料理のお店「エノテカ・ドォーロ」や‥

 

牛たん利休

仙台は牛たんの名店「牛たん 利休」なども。

 

他にも焼肉屋さんや お蕎麦屋さん、スープのお店など、バリエーションは豊か。

気分にあったお店で、おいしい食事をいただきましょう。

 

「赤れんがテラス」まとめ

赤れんがテラスの2階フロア

今回は「赤れんがテラス」について 詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

“赤れんが庁舎” をみわたすことのできる最高のロケーションと、おいしいグルメが満載の魅力ある施設。

特に 札幌駅近辺に宿泊する場合は、ここでのディナーを検討してみるのもひとつです。

 

 

【施設名】赤れんがテラス
【建物名】札幌三井JPビルディング
【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1
【最寄駅】地下鉄「さっぽろ駅」徒歩約2分、JR「札幌駅」徒歩約5分
【構造】地上20階・地下3階
【営業時間】11:00~21:00
【駐車場】有料駐車場 56台
【公式HP】赤れんがテラス 公式HP

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.