札幌市民の台所「二条市場」!新鮮な海鮮丼の名店や老舗の穴場店をご紹介します!

2020-04-15

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

札幌の名物グルメの一つといえば新鮮な "海鮮” ですが、そんな海鮮を味わうのにおすすめなのが "札幌市民の台所” として125年以上の歴史をもつ「二条市場」です。

北海道の各地から集まってきた新鮮な海鮮はもちろん、老舗の穴場店も見逃せません。何より、早朝から営業しているお店が多いのも魅力的!朝ごはんにも最適です。

今回は この旅行者に大人気の "二条市場" の楽しみ方や、"おすすめの海鮮丼”・穴場の名店などをご紹介します!

 

札幌で "新鮮な海鮮″ を手軽に食べるなら

マグロに甘えび・ブリにアワビにウニ・イクラ!札幌で食べられる美味しい海鮮の数々!

札幌で食べられる美味しい海鮮の数々!

"お寿司” や "お刺身” も美味しいですが、リーズナブルに新鮮な海鮮を食べたい時は 迷わず "海鮮丼” を選びましょう。

何種類ものぶ厚いネタが乗った山盛りの丼ぶりは、見た目にもボリューム的にもかなりおすすめです!

ということで、まずは二条市場のおすすめ海鮮丼を一気にご紹介します!

 

海鮮丼のおすすめ店 5選!

海鮮丼のおすすめ1店目:小熊商店

小熊商店の海鮮丼「スペシャル8種盛り」 1,880円!

小熊商店のスペシャル8種盛り!

ネタは "イクラ・ボタン海老・帆立・サーモン・本マグロ(2種)・〆さば・カンパチ・たまご” の計8種。

濃厚な "本マグロ” やプチっと弾けるイクラが美味な、贅沢な海鮮丼です。

 

店主との距離が近いカウンター席で会話も弾む

店主との距離が近いカウンター席で会話も弾む

カウンター7席のみの小さな店内なので、おのずと店主との会話も弾みます。

店主 "浦口さん” は旅行会社の社長も兼任しているというので、ここだけのおすすめの情報を教えてくれるかも?

 

小熊商店の外観

長沼町 ”あいすの家” のソフトクリームも食べられますよ

なんと! "小熊商店” では「にぎり寿司体験」も行っています!

北海道の美味しい海鮮を使って寿司を握るなんて、なかなかできませんね!小熊商店さんの公式HPから予約することができますので、旅の思い出作りに ぜひ寿司を握ってみましょう。

小熊商店

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東1丁目 二条市場内
【電話番号】 011-839-3946
【営業時間】 7:30~15:00ラストオーダー(但しネタがなくなり次第終了)
【定休日】 火曜
【キャッシュレス決済】 PayPay、Alipay、We Chat Pay、クレジットカード(VISA、Master)

CHECK!Rettyで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ぐるなびで口コミを見てみよう!

【詳しくはコチラ!】

小熊商店/異色の店主が営む。札幌中心部で海鮮丼ランチ【読者サービスあり】

  

続きを見る

 

海鮮丼のおすすめ2店目:食事処ながもり

ながもりの本マグロ入り海鮮丼

本マグロ入りの海鮮丼

二条市場で唯一 魚の "定食” を提供していて、"銀むつカマ定食” や特大の ”ほっけ定食” などが大人気!

魚屋直営なので、もちろん海鮮丼も充実!価格に応じたグレードの海鮮丼は、幅広い層からの指示を受けています。

 

ながもりお店の前で店主 "三浦さん" の最高の笑顔

ながもりの店主 "三浦さん"

お店に並ぶ魚たちは、この道30年の "三浦さん” が毎朝市場で仕入れてきたもの。

ベテランの目利きで、その時々の美味しい海鮮を楽しむことができちゃいます!

 

二条市場の ながもりの外観

ながもりの外観

忘れてはいけないのが、ここが "乃木坂46” の聖地巡礼の一店なのだということ!

テレビ「乃木坂工事中」でメンバーの "生駒里奈さん、橋本奈々未さん、生田絵梨花さん” が来店し、その際に食べた "乃木坂セット(海鮮丼+いくら+カニ汁)” も隠れた人気商品です。

食事処 ながもり

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東1丁目二条市場仲通り
【電話番号】 011-222-6733
【営業時間】 7:00~15:00
【定休日】 不定休

CHECK!Rettyで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみよう!

【詳しくはコチラ!】

食事処ながもり/札幌市/乃木坂46も食べた海鮮丼!カニ汁がさらに絶品です♡

  

続きを見る

 

海鮮丼のおすすめ3店目:寿司処けいらん

寿司処けいらんのおまかせ海鮮丼がリーズナブル

約2,000円のおまかせ海鮮丼がリーズナブル!

北海道産のネタにこだわり、注文後に全てのネタを切り分ける こだわりの海鮮丼。切り口の表面から鮮度の良さが伝わってきます。

道産米 "ふっくりんこ” を100%使用した酢飯との相性もバツグンです!

 

秋田から北海道にやってきた けいらんの店主 "飯坂さん”

店主 "飯坂さん” は秋田から北海道に!?

北海道の海鮮の美味さに感動し秋田から移住してきたという店主 "飯坂さん”。

スポンサーリンク

素材本来の美味しさに飯塚さんの技術が加わり、より一層 北海道の海鮮の魅力が引き出されていました。

 

けいらんを運営する近藤昇商店の外観

けいらんを運営する近藤昇商店さん

ご紹介した海鮮丼の他に、お寿司やお刺身、船盛りも食べることができます!

朝8時から営業されているので、朝食にもピッタリです。

寿司処 けいらん

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東2丁目9 二条市場内
【電話番号】 011-241-3377
【営業時間】 8:00~16:00
【定休日】 不定休

CHECK!Rettyで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ぐるなびの掲載ページを見てみよう!

【詳しくはコチラ!】

寿司処けいらん/寿司屋のシャリと道産ネタ。地元民にもおすすめしたい札幌二条市場の海鮮丼

  

続きを見る

 

海鮮丼のおすすめ4店目:第一海鮮丸

ぶ厚いネタが特徴的な第一海鮮丸の海鮮丼

ぶ厚いネタが特徴的な第一海鮮丸の海鮮丼

丼ぶりからはみだすくらい大きくてぶ厚いネタが魅力的な海鮮丼。

二条市場一と言っても過言ではないくらいの圧倒的なボリュームで、食べる前から心躍りますね♪

 

丼ぶりを頼むとサービスでカニ汁がついてきます

丼ぶりを頼むとサービスでカニ汁がついてきます

カニ汁のカニの種類は "毛ガニ・タラバ・ズワイ・花咲” など、仕入れ状況によってことなります。

濃厚なお出汁のカニ汁だけでも、ここに来た価値を感じられるはずですよ!

 

二条市場の第一海鮮丸の外観

二条市場の第一海鮮丸の外観

パッと見 職人気質そうな店主と温かな女将とのかけあいも、このお店の醍醐味。

テイクアウトもできるので、札幌市民にも嬉しいですね! 家でも美味しい海鮮丼を楽しんでしまいましょう!

第一海鮮丸

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東1丁目8-2
【電話番号】 011-555-2030
【営業時間】 7:00~15:00
【定休日】 水曜
【キャッシュレス決済】 各種クレジットカード、PayPay

CHECK!Rettyで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ぐるなびの掲載ページを見てみよう!

【詳しくはコチラ!】

第一海鮮丸/札幌市/こんな分厚さ人生初!ネタのボリューム満点な海鮮丼ランチ【テイクアウト可】

  

続きを見る

 

海鮮丼のおすすめ5店目:どんぶり茶屋

SNS映えする衝撃の見た目の良さ、どんぶり茶屋の海鮮丼

SNS映えする衝撃の見た目の良さ

二条市場で一、二を争うほど "映える” 海鮮丼を提供するのが「どんぶり茶屋」さん。

お手頃な価格帯の海鮮丼でも 10種類ほどのネタがたっぷり!で、食べごたえも間違いなくバツグンです!

 

どんぶり茶屋の店長 尾崎さん

どんぶり茶屋の店長 尾崎さん

丼ぶりメニューの数は、なんと常時50種類以上!

更には 海鮮の炙り丼 や、お肉たっぷりのジンギスカン丼 なんてメニューまで揃っているので、海鮮が苦手な方には嬉しい限り。

 

どんぶり茶屋の入口横のディスプレーで、じっくり選ぶのも良し

入口横のディスプレーで、じっくり選ぶのも良し

二条市場一のラインナップを誇る "どんぶり茶屋” さん。

なにを食べるか悩んだときは、まずここに向かいましょう!

どんぶり茶屋 さっぽろ二条市場店

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東1丁目7 新二条市場内
【電話番号】 011-200-2223
【営業時間】 7:30~17:30
【定休日】 なし
【キャッシュレス決済】 クレジットカード各種、Alipay、WeChatPay、PayPay、d払い、auPAY、ORIGAMI PAY

CHECK!Rettyで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ぐるなびの掲載ページを見てみよう!

どんぶり茶屋/札幌市/札幌中心部で映える海鮮丼ならココに決まり!

  

続きを見る

 

海鮮以外でも!立ち寄ってほしい穴場の名店

帯広名物 "豚丼” の名店:豚丼ポルコ

帯広豚丼ポルコ札幌店の脂の香ばしい豚丼

帯広豚丼ポルコ札幌店の脂の香ばしい豚丼

道東 "帯広” が発祥の北海道名物といえば ”豚丼” ですが、札幌から帯広までの距離は約200km。なかなか気軽に食べに行くことはできませんね‥。

それならば、札幌で美味しい豚丼を食べてしまいましょう!

 

M's EASTの右側の店舗が帯広豚丼ポルコさん

右の店舗が帯広豚丼ポルコさん

二条市場の目の前を走る ”南2条通” を挟んだ向かいにある飲食店ビル “M's EAST(エムズイースト)”。

その1階にある「帯広豚丼ポルコ」さんは、知る人ぞ知る豚丼の名店!

甘辛いタレで焼いた香ばしい豚丼の他、他店ではなかなか味わうことのできない "塩豚丼” や "味噌豚丼” など、バラエティ豊かな味を楽しむことができる豚丼の穴場です。

帯広豚丼 ポルコ 札幌店

【住 所】 北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-8 M's EASTⅡ 1階
【電話番号】 011-218-1429
【営業時間】 11:00~15:00、18:00~23:00
【定休日】 第1・3火曜日

CHECK!食べログで口コミを見てみよう!
CHECK!ぐるなびの掲載ページを見てみよう!

【詳しくはコチラ!】

帯広豚丼 ポルコ 札幌店
帯広豚丼ポルコ/札幌市/希少なかみこみ豚がさっぱりジューシー!本場顔負けの一杯

  

続きを見る

 

札幌ラーメンの元祖:だるま軒

"札幌味噌ラーメン” の元祖といえば、今も営業を続ける名店 "味の三平” なのは有名な話です。では "札幌ラーメン” の元祖はどこでしょう?

札幌ラーメンの元祖と言われているのは、ここ二条市場にある "だるま軒” さん!

札幌ラーメンの特徴といえば "黄色い縮れ麺” ですが、これを開発した "西山製麺” のルーツをたどると ”だるま軒” の製麺部門に行きつくのだそうです!

 

1947年創業、1949年の今の場所へ移転し、変わらぬ味を守り続けている "だるま軒” さん。

札幌ラーメンの起源をたどりたい場合は、避けて通れない一店です。

だるま軒

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条東1丁目 新二条市場内
【電話番号】 011-251-8224
【営業時間】 11:00~17:00(スープ・麺がなくなり次第終了)
【定休日】 木曜

CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみよう!
CHECK!ぐるなびの掲載ページを見てみよう!

 

二条市場へのアクセス方法や所要時間

二条市場周辺の地図

二条市場周辺の地図

二条市場へは、札幌の中心部から徒歩で向かうことができます。

札幌のシンボルタワー "さっぽろテレビ塔” からは、札幌の東西を分断する "創成川” 沿いを南へ進むこと 徒歩約5分で到着。または、アーケード街 "狸小路1丁目” の 東端から、川を挟んで目と鼻の先になります。

 

二条市場の完全MAP

公式HPより 二条市場の完全MAP

二条市場はそこまで広くはありませんが、北海道の市場の熱気や活気を感じられる良スポット。

全部見て回るのに半日もかかりませんので、市場の雰囲気や店主さんとのかけ合いなどをじっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。

 

札幌 “二条市場” のまとめ

いかがでしたでしょうか?

”札幌市民の台所” と呼ばれる二条市場ですが、実は訪れる人の大半は旅行者です。

しかし改めて市場を歩いてみると、独特な市場の雰囲気を味わえる好スポットでした!

札幌市民でも、たまには足を運んでみると面白いですよ!

 



わが家の飲食代節約方法

夜の外食はランチに比べると圧倒的に高いですよね。(お酒が入ると特に!)
夫はお酒が好きですが……わが家の外食はほぼランチですw

が、colleee(コリー)”外食モニター” に当選した時は、居酒屋ディナーを半額以下で楽しんでいます。
 

 
アンケートに答える手間はありますが、それ以上にお得感が強い。
colleee(コリー)はポイントサイトなので、
  • 楽天・Yahooなどネットショッピングの際に経由するだけでポイントGET
  • E-PARKでスイーツポイントが1000円分もらえる etc
外食モニター以外にも普段の生活でお得にポイントが貯められる ポイ活案件がたくさんあるので、ネットでお買い物する際は必ず経由しコツコツ家計の足しにしています。

誰でも無料の会員登録だけで利用できるのでぜひチェックしてみてください。

我慢せずに節約したい方に おすすめ♪

詳しくはコチラ

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.