ロジウラカフェ/札幌市/ここまでこだわる?!すすきのの穴場で深夜の絶品パフェ♪

2020-04-09

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールInstagram)です

 

北海道素材にこだわるお店。

今日は「札幌パフェ推進委員会」にも加盟している「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」さんのシメパフェをご紹介します。

 

 

詳しく話を聞いていくと ”美味しいと思ったものがたまたま北海道産だった” そうですが、パフェ以外のスイーツやフードメニューにも、北海道の厳選素材を数多くつかっているんです。

このご時世でも、常連客に支えられているという同店。

 

その理由をじっくり取材してきました!

早速紹介します♪

 

 

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ) アクセス

すすきのの路地裏にひっそり佇む「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」

すすきのの路地裏にひっそり佇む「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」

同店があるのは、札幌市営地下鉄 南北線「すすきの駅」5番出口から徒歩3分のところ。

札幌市営地下鉄 東豊線「豊水すすきの駅」4番出口からも徒歩約4分で行くことが可能。

 

今回は最短の「すすきの駅」からのルートでご案内します。

5番出口を出たら右にまっすぐ進み、「ROUND1(ラウンドワン)」が見えてきたら向かい側に信号を渡る。

 

「ROUND1 札幌すすきの店」と中華まんじゅう「皆招楼」の間の道を左折する

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)は右手にあるこの路地に入る

右手にあるこの路地に入る

 

オレンジの矢印のお店が「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」

オレンジの矢印のお店が「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」

訪問時はまだ明るい時間でしたが、暗くなるといっそう路地裏感満載のディープな立地。

店主自身が「人目につかない穴場のお店が好き」ということもあり、お店をやると決めた時から 路地裏で物件を探していたそうです。

 

目立たない場所にもかかわらず 半分以上が常連さん!

道外から通う方も少なくない、知る人ぞ知るお店なんですよ。

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)

【住 所】 北海道札幌市中央区南6条西3 TAKARA6.3 1F
【電話番号】 011-530-1237
【営業時間】 【月~木】18:00~翌3:00(金・土は翌4:00まで、日・祝は翌1:00まで)※ラストオーダーは1時間前。
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】 クレジットカード(VISA、マスター、アメックス、DINERS、JCB)、Air PAY
CHECK!ホットペッパーで予約・クーポンを見てみる

近くのスポットをチェック

 

素材と自家製にとことんこだわった
さっぱりシメパフェ

コーヒーパフェ 1,340円(税込)

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のコーヒーパフェ

 

パーツ一覧(下から順)

  • 生クリーム
  • パールクラッカン(サクサクのチョコ)
  • ソフトクリーム
  • 自家製コーヒーゼリー
  • ソフトクリーム
  • 自家製カフェラテゼリー
  • ソフトクリーム
  • 自家製コーヒーゼリー
  • クランブル(ザクザク食感のクッキー)
  • 自家製ティラミスクリーム
  • コーヒーアイスクリーム
  • ラズベリー
  • チョコレート

ふんだんに使用した カルピジャーニの機械でつくる 自慢のソフトクリーム(十勝産生乳100%)は、甘さ控えめで空気感たっぷり!

さらに添加物が極めて少なく溶けやすいため、早めにいただくのがベター。

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のコーヒーパフェアップ

表面を覆うのは「自家製ティラミスクリーム(日高町産マスカルポーネチーズ使用)」

一言で表すと さっぱりミルキー!

ほんのり甘いミルクを飲んでいるような、ミルクが主役のパフェです。

 

店長さんが元バリスタということもあり、コーヒーを使用するパーツにも相当なこだわりがあるそうで。

  • スマトラ産G1(最高級)の希少な豆
  • 焙煎したての豆をすぐにハンドドリップし、ゼリーに加工

 

ミルクの味を活かしてくれる
まろやかな苦味がいいバランス♡

 

安定供給が難しい希少な豆なので、売り切れ次第終了の「数量限定メニュー」となります。

スポンサーリンク

はじめは期間限定の提供だったコーヒーパフェ。今ではすっかり定番メニューになり、それまで1番人気だった「ベリーパフェ」をはるかに上回る人気なのだとか。

 

作り置きほぼナシ。
できたてにこだわる豊富なスイーツメニュー

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の期間限定メニュー

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の期間限定パンケーキ

 

期間限定メニュー

  • 【4月限定】和パフェ~だんごと抹茶~ 1,300円
  • クレームブリュレと3種のベリーパフェ 1,600円
  • いちごたっぷりのパンケーキ 1,500円

和パフェに使う白玉は、オーダーが入ってから成形し、ゆでています。

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のパフェメニュー

 

パフェメニュー

  • コーヒーパフェ 1,340円
  • ベリーパフェ 1,230円
  • チョコレートパフェ 1,230円
  • キャラメルパフェ 1,340円

飲み放題がセットになる「シメパフェコース(2,000円)」も人気。

 

シメパフェは飲んだあとに食べる方が多いため、のどが乾かないよう、パフェにはすべて「アイスクリーム」「生クリーム」を極力ひかえるという工夫も。

 

全体的に甘さがかなり抑えられていて
実際にのどが乾きませんでした!

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のスイーツメニュー

 

スイーツメニュー

  • キャラメルナッツのパンケーキ 1,550円
  • ティラミスクリームのフレンチトースト 1,440円
  • 自家製ソフトクリームのワッフル 1,230円
  • ヨーグルトクリームのミルフィーユ 1,340円

1番出るのはパフェですが、店主的には ”できたて感” がより出せる、それ以外のスイーツをおすすめしたいそう。

 

中でも 特に自信があるという「フレンチトースト」のこだわりがすごかった!

こだわりポイント

  • 無添加にこだわった独自レシピのバゲットを使用
  • バゲットはアパレイユ(卵液)に2日間じっくり漬けこむ

なんと!
バゲットは 2日漬けても芯までしみないほどキメが細かく、焼いたあとも強い弾力が残っているのだとか。
(フレンチトーストのふにゃっとした食感が苦手だから 食べてみたーい♪)

 

注文が入ってからパイをオーブンで焼き上げる「ミルフィーユ」も 出来立てのサクサクですよ♡

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のフードメニュー

フードメニューも豊富

 

フードメニュー一例

  • 牛フィレステーキ 1,230円
  • ローストビーフ 1,050円
  • スモークサーモンのカルパッチョ 840円
  • ザンギ 840円
  • 3種のチーズリゾット 1,050円
  • ナポリタン 1,050円
  • マルゲリータ 1,050円

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のドリンクメニュー

ドリンクメニュー

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のワインメニュー&コースメニュー

ワインメニュー&コースメニュー

 

ピザの小麦やチーズに北海道産をつかっていたり、お料理の素材にもこだわりが強いのでコースもおすすめ♪

 

”すすきの” らしからぬ雰囲気の店内

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の店内

ブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気は、店名どおりのカフェらしい雰囲気。

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のカウンター席

カウンター席が多いのでおひとりさまも安心

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の店内

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)のトイレ

トイレをはじめ店内はバリアフリーに対応している

時間によって全く違うという客層は、20代~60代までと 実に幅広い。

女性が多いと思いきや、スーツ姿のサラリーマングループが多く、男性:女性 ほぼ半々なのだとか……!

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ) まとめ

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の店主 佐藤惇さん

店主の 佐藤 惇さん

元有名ケーキ店のパティシエだった佐藤さん。

テイクアウトが主流の洋菓子は、1番おいしい出来立てのタイミングで食べてもらうことが難しい。

その頃から ”作りたてのおいしさを味わってほしい” というおもいが強く、それを叶えるために 独立することを決めました。

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の看板

店名の由来は?

分かりやすさ重視で、店名を覚えられない方でもおぼえられるようシンプルに。
(店主さん自身も覚えられないタイプなのだそうw)

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)の2月発売の「自家製パンケーキのフルーツサンド」

2月発売の「自家製パンケーキのフルーツサンド」もおすすめ

2016年11月にオープンし、もうすぐ3年半を迎える「ROJIURA Café(ロジウラカフェ)」さん。

聞けば聞くほど こだわりがすごくて驚きました!

 

間違いなく原価率高そう……

おまけに店主さんの考え方が謙虚で、おもわず応援したくなる、とっても良心的なお店。

厳選素材の出来立てスイーツを
あなたも味わってみて♡

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)

【住 所】 北海道札幌市中央区南6条西3 TAKARA6.3 1F
【電話番号】 011-530-1237
【営業時間】 【月~木】18:00~翌3:00(金・土は翌4:00まで、日・祝は翌1:00まで)※ラストオーダーは1時間前。
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】 クレジットカード(VISA、マスター、アメックス、DINERS、JCB)、Air PAY
CHECK!ホットペッパーで予約・クーポンを見てみる

 

 

その他おすすめカフェ



わが家の飲食代節約方法

夜の外食はランチに比べると圧倒的に高いですよね。(お酒が入ると特に!)
夫はお酒が好きですが……わが家の外食はほぼランチですw  

が、colleee(コリー)”外食モニター” に当選した時は、居酒屋ディナーを半額以下で楽しんでいます。
 

  
アンケートに答える手間はありますが、それ以上にお得感が強い。  
colleee(コリー)はポイントサイトなので、
  • 楽天・Yahooなどネットショッピングの際に経由するだけでポイントGET
  • E-PARKでスイーツポイントが1000円分もらえる etc
外食モニター以外にも普段の生活でお得にポイントが貯められる ポイ活案件がたくさんあるので、ネットでお買い物する際は必ず経由しコツコツ家計の足しにしています。  

誰でも無料の会員登録だけで利用できるのでぜひチェックしてみてください。

我慢せずに節約したい方に おすすめ♪  

詳しくはコチラ

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.