レストランのや/雰囲気バツグン!札幌軟石造の建物でパスタ・ドリアの洋食ランチ!

2020-04-30

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

突然ですが、札幌市内のあちこちに石造りの建物があることをご存じでしょうか?

建物に使われている石は "札幌軟石” と呼ばれ、石材として明治から昭和初期にかけて広く使用されてきました。

 

今回ご紹介するのは、そんな札幌軟石で作られた建物を利用したレストラン。

札幌市内でも一、二を争うくらいレトロな雰囲気が心地よい「レストランのや」さんです!

20年以上も続く有名店なので、"行ったことがある!” という方も多いのでは??

 

「レストランのや」へのアクセス

レストランのや の外観、札幌軟石作りの石倉がいい雰囲気

手前の石倉ではなく、奥の木造の建物がレストラン部分

”レストランのや” は、札幌市東区にある "JR苗穂駅” から徒歩約2分のところにあります。

 

JR苗穂駅 "南口" の前を走る ″北3条通” を横断し、駅正面の路地を進むとすぐに建物が見えてきます。

なお苗穂駅南口の真正面に信号機がないので、ちょっとだけ回り道が必要です。

 

レストランのやの駐車場の一部

駐車場の一部

駐車場は、縦列駐車で20台くらい停められるくらいの広さ。

さらに建物裏に第2駐車場まであるので、車で向かうにはこの上ない利便の良さです。

 

レストランのやの入口、脇に咲く梅の花

レストランのやの入口

店名にもなっている ″のや” は アイヌ語で ″よもぎ” のこと。

邪悪なものから身を守ってくれる神聖な植物で、魔よけの効果があると言われていたそうです。

 

訪問時は4月20日過ぎ、中庭の梅の木の蕾がふっくらとふくらみ始めていましたよ。

 

レストランのや

【住 所】 北海道札幌市中央区北2条東11丁目23-14
【電話番号】 011-210-5105
【営業時間】 11:00~22:00(ランチタイム 11:00~14:00(日祝をのぞく))
【定休日】 無休
【駐車場】 あり
CHECK!ぐるなびで店舗情報を確認してみよう

近くのスポットをチェック

 

″レストランのや” の美味しい洋食でランチタイム

ドリア:ほうれん草とカキ(ホワイトソース) 950円

レストランのや の ほうれん草とカキのドリア

アツアツの大きな器で運ばれてきました!

カキやベーコンの旨みが溶け込んだホワイトソースと、チーズの相性がバツグン!

時おり感じるほうれん草の食感も程よいアクセントとなり、さらに彩りをプラス+

 

器に厚みがあるため冷めにくく、終盤でもまだほんのりと温いのがまた嬉しい♪

ライスもホワイトソースもたっぷりでボリューム満点でした。

 

レストランのやのほうれん草とカキのドリア

玉ねぎとマッシュルームの食感がまたイイ!

食べ進めていくと、口に広がるほのかな酸味‥。ほんのりと赤いご飯の正体は ″トマト” !

すこし塩味を感じるホワイトソースが、トマトの酸味でバランス調整されてます。

 

この内容で1,000円を切るのは嬉しい限り!

 

スパゲッテイ:ミートソース 750円

レストランのや の スパゲッテイミートソース

見た目のシンプルさが逆に食欲をそそられます

すべて手作りのソースで提供している ″レストランのや” のスパゲッテイ。

やや太めの麺の上は、手作りのミートソースがたっぷりとかかっていました!

 

パスタと呼ばず ″スパゲッテイ” と呼ぶ点も、洋食屋さんっぽくてイイですね!

なお麺が太いため、茹で上げまでに15分程度かかるそうです。

 

レストランのや のスパゲッテイミートソース

プリプリの歯ざわり、モチモチの弾力

丸くて優しいのにシッカリとしたコク‥

牛モモ赤身肉の自家製ミートソースは 塩味少なめ、うま味は強め。

トマトの酸味もとてもほのかでしたが、多めのオリーブオイルが強いコクをプラス。優しい味なのに物足りなさを微塵も感じさせません。

 

レストランのや の薬味

味変はチーズ、タバスコなどで

スパゲッテイの味変は、粉チーズやタバスコなどでどうぞ。

 

個人的には 宮崎の有機黒玄米と大分の柚子コショウを使った 和風タバスコ ″marcy(マーシー)” がおススメ!酸味や辛み、柚子コショウの風味がしっかりしつつ、かつタバスコ特有の臭みがないので、料理の味が生きてきます。

店頭で購入することもできますが、ネットでも購入することができるようですよ。

(1本単位での購入はAmazonのみ) 

 

スポンサーリンク

ノスタルジックな雰囲気感じる店内の様子

レストランのや の 店内の様子

クラシックな重厚さを感じる店内の様子

レストランのやは、昭和初期に ″質屋の蔵、住宅、酒屋の倉庫” として建てられた建物を利用し 1998年にオープン!

建築当時の趣を残しながら作られた店内は、正にノスタルジックな雰囲気です。

 

レストランのやの店内、札幌軟石で作られたスペース

札幌軟石で囲まれた階段横のスペース

店内の一部には札幌軟石がしっかりと使われていました。

 

なお ″レストランのや” は、札幌市東区で1985年から営業している老舗洋食店 ″プー横丁” の姉妹店。

″プー横丁” も札幌軟石造りの玉ねぎ倉庫を改装した建物で、ここに勝るとも劣らない雰囲気の良さが魅力的!

オーナーさんのセンスが光り過ぎてます。

 

レストランのや 2階の小上がり

2階の桟敷席は靴を抜いであがります

少し急な階段の上には広めの小上がり

ちゃぶ台、座布団、和だんすなど昭和レトロ感が満載で、思わず見入ってしまうものばかりです。

 

レストランのや の 豊富な洋食メニューの数々

レストランのやのメニュー表、ランチ・スパゲッテイ

メニュー表:ランチ・スパゲッテイ

"レストランのや” の魅力のもう一つが。この豊富なメニューの数々!

食べたいものが分かれても十分カバーできるくらい、品数が豊富です。

メニュー①

ランチメニュー

  • 日替わりランチ     900円
  • スパゲッテイセット   900円
  • チキンカレー(サラダ・スープ付き) 850円

※ 日・祝を除く平日11:00~14:00まで、全メニュードリンク付き

スパゲッテイ

  • ミートソース    750円
  • トマトソース    750円
  • カチャトラ     850円
  • チキンセイロン風  850円
  • ビーフストロガノフ 850円
  • あさりとしょうが  850円
  • うめかつお     850円
  • ホタテとうに    950円
  • ポーク&ペペロンチーノ  950円
  • チリコンカーン   900円

 

レストランのやのメニュー、スープスパゲッテイ、おじや、ドリア

メニュー表:スープスパゲッテイ、ドリア、おじや

メニュー②

スープスパゲッテイ

  • 山菜ときのこ   900円
  • ボンゴレ     900円
  • あさりチャウダー 900円
  • きのこチャウダー 900円
  • アガロット風   900円
  • ほうれん草とカキ 950円
  • ペスカトーレ   950円

ドリア

  • ビーフ      850円
  • セイロン風    850円
  • ソーセージのバスク風 850円
  • ほうれん草とカキ 950円
  • シーフード    950円
  • ほたてとウニ   950円

おじや

  • 山菜きのこ和風    800円
  • あさりの白ワイン蒸し 800円
  • クリームチキンきのこ 800円
  • のやスペシャル    850円
  • 魚介のスペイン風   850円

 

レストランのやのメニュー表:カレー、ヴィズライス、ピザ、ポテトグラタン

メニュー表:カレー、ヴィズライス、ピザ、ポテトグラタン

メニュー③

カレーライス

  • チキンとナッツのスパイス党 850円
  • カレー(魚介)  850円

ヴィズライス

  • ポークガーリック&ホットライス 950円
  • キャプテンディッシュ 950円
  • チリコンカーン    950円

ピザ

  • ナッツ    850円
  • ミート    850円
  • ベジタブルベーコン  850円
  • ガーリックソーセージカレー 850円
  • チリビーンズ     850円

ポテトグラタン

  • ブロッコリーベーコン 700円
  • ポテトカレー     700円

 

れすとらんのやのメニュー表:サラダ、スープ、チキン料理

メニュー表:サラダ、スープ、チキン料理

メニュー④

サラダ

  • 野菜サラダ  600円
  • 落とし梅のもりもりサラダ 700円
  • きのことポテトのあったかサラダ 750円

スープ

  • おまかせスープ(日替わり) 200円
  • クラムチャウダー      500円

チキン料理

  • ガーリック   800円
  • もろみスープ  800円
  • 香草炊き    800円
  • レモンバターソース 800円
  • オレンジタラコバルサミコ風味 800円
  • チーズグラタンステーキ 800円
  • トマトソース煮 850円
  • クリーム煮   850円

 

レストランのやのメニュー表:ポーク料理、シーフード料理、アルコール

メニュー表:ポーク料理、シーフード料理、アルコール

メニュー⑤

ポーク料理

  • もろみソース      850円
  • ガーリックステーキ   850円
  • パネソテー ボロニア風 850円
  • シュラスコステーキ   900円

シーフード料理

  • サーモンステーキ レモンバターソース 900円
  • ホタテときのこのバター焼き 900円
  • エビの香味焼き 1000円

お食事と一緒

  • ライス 200円
  • パン  250円
  • セット(スープとサラダ、ライスまたはパン) 400円

ビール

サッポロラガービール中ビン 550円

ワイン

カリフォルニアロゼワイン

  • グラス  450円
  • デカンタ 900円
  • ボトル  2500円

自家製果実酒

  • ストレート 450円 / 炭酸割 500円

 

レストランのやのメニュー表:パフェ、アイス、ケーキ、カスタードホットパイ

メニュー表:パフェ、アイス、ケーキ、カスタードホットパイ

レストランのやのメニュー表:ソフトドリンク

メニュー表:ソフトドリンク

これだけメニューが揃っているお店は、なかなかないはず!

一つ一つがボリューム満点なので、人数が多い時はシェアするのも楽しいですよ。

 

現在の営業状況について

レストランのやの入口黒板

新型コロナウイルスの影響により、営業時間が変更となっています

通常は22:00まで営業をしている レストランのや ですが、新型コロナウイルスの影響を受け現在は短縮営業を行っています。

現在の営業時間は "夜の20:00まで” となりますので、夜向かわれる際には注意してくださいね!

 

"レストランのや” の まとめ

レストランのや の入口前ロゴ

今回は1998年にオープンした "レストランのや” をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

実際に食事をしてきた わたし が思う "レストランのや” の魅力は以下の3点!

レストランのや の魅力

  1. 元々蔵をして使われていた札幌軟石造りの重厚な外観から漂う雰囲気の良さ
  2. 昭和初期の建物を改装したノスタルジックな店内に流れるスロウな時間
  3. そんな店内で食べるクラシックでリーズナブルな洋食の数々

 

短縮営業中ですが 営業日は通常通りなので、手軽に美味しい洋食が食べたくなったら、ぜひ "レストランのや” さんへ向かって見ましょう!

 

レストランのや

【住 所】 北海道札幌市中央区北2条東11丁目23-14
【電話番号】 011-210-5105
【営業時間】 11:00~22:00(ランチタイム 11:00~14:00(日祝をのぞく))
【定休日】 無休
【駐車場】 あり
CHECK!ぐるなびで店舗情報を確認してみよう

その他の洋食店をチェック



わが家の飲食代節約方法

夜の外食はランチに比べると圧倒的に高いですよね。(お酒が入ると特に!)
夫はお酒が好きですが……わが家の外食はほぼランチですw

が、colleee(コリー)”外食モニター” に当選した時は、居酒屋ディナーを半額以下で楽しんでいます。
 

 
アンケートに答える手間はありますが、それ以上にお得感が強い。
colleee(コリー)はポイントサイトなので、
  • 楽天・Yahooなどネットショッピングの際に経由するだけでポイントGET
  • E-PARKでスイーツポイントが1000円分もらえる etc
外食モニター以外にも普段の生活でお得にポイントが貯められる ポイ活案件がたくさんあるので、ネットでお買い物する際は必ず経由しコツコツ家計の足しにしています。

誰でも無料の会員登録だけで利用できるのでぜひチェックしてみてください。

我慢せずに節約したい方に おすすめ♪

詳しくはコチラ

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.