Cafuné(カフネ)/札幌市/地蔵プリンとコーヒーゼリーが映える♡喫茶店のように落ち着く世代を超えたカフェ

2019-11-20

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールInstagram)です^^

 

おはようございます(^^)

今日紹介するのは、先日のまとめ記事でピックアップしたお店「珈琲とほころび Cafuné(カフネ)」さん。

 

CHECK!【2019年10月編】全道を駆け巡るグルメライター高井なおが注目する、札幌市内のカフェ5選

 

実際に行ってきたので詳細をレポートします!

カフェと喫茶店のいい部分をかけ合わせたような、想像以上に素敵なお店でした♡

 

お店の住所を調べていて気付いたのですが、「水車町」の読み方って”すいしゃまち”じゃなくて”すいしゃちょう”が正しいんですねー!

ブログ書くと調べるから勉強になる。笑

 

早速紹介します♪

 

北地蔵のレシピを再現!
「地蔵プリン」と深煎りコーヒーで懐かしさにひたる

地蔵プリン 550円、月光 450円

※珈琲はセットで100円引き後の価格。

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

今はなき老舗喫茶「北地蔵」の元スタッフだった店主が レシピを再現した

 

たまご感 ほろ苦カラメル ベストマッチ♪

端正なフォルムの固めプリンは、なめらかな舌触りと たっぷりのカラメルが贅沢でした。

そして、ちょこんと可愛い隣の「ミニミルク珈琲ゼリー」はツルンとなめらかなのど越し♡

 

ほどよい甘さの”大人なペアリング”を味わいたいなら 深煎りコーヒーをあわせるのがオススメ♪

計算しつくされた最高のおいしさが味わえますよ

 

インスタ映えと美味しさを両立したコーヒーゼリー

3層のコーヒーゼリー 550円

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

コーヒーゼリーの上にはシズル感あふれる生クリーム

上からミルク・ミルクコーヒー・珈琲の美しい3層がおりなす贅沢な一品。

プレート全体に広がるはちみつで甘さ調整ができるので、苦味がニガテ…という方も安心してオーダーできます◎

 

喫茶店を思わせるフードメニューも必見

オムライス 800円

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

ケチャップライス×こんがり卵で 安定のおいしさ

 

ピアディーナサンドウィッチ(生ハムとルッコラ) 700円

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

発酵させずに焼いたパン「ピアディーナ」は自家製

 

ペアリングの妄想がひろがるメニュー表

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

自家焙煎している自慢のコーヒーは深煎りから浅煎りまで約10種類

 

コーヒーの抽出方法がペーパー・ネル・エスプレッソマシンから選択ができるので、同じ豆でも微妙な違いが楽しめるのがスゴイ!

 

メニュー

FOOD

  • ナポリタン 800円
  • オムライス 800円
  • ピアディーナサンドウィッチ
    (生ハムとルッコラ 700円/サバとレモン 800円)

DESSERT

スポンサーリンク
  • 地蔵プリン 550円
  • 三層の珈琲ゼリー 550円
  • アフォガード 600円
  • パウンドケーキ 400円
  • ブラウニー 400円

 

THE喫茶店なフードメニューやデザートと自慢のコーヒーをあわせて あなただけのペアリングをどうぞ♪

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

アレンジ珈琲、コーヒー以外のドリンクの選択肢が多いのでコーヒーが苦手な方も安心

 

ブラックが飲めないという方には、北地蔵のメニューの再現した「ミルク珈琲」がおすすめです。

 

懐かしさと新しさが同居するシックな店内

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

喫茶店とカフェを併せたような メンズライクな雰囲気が落ちつく

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

窓側にカウンター席、真ん中に大テーブル席と2人掛け席が2卓ある

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

豆の横にある挿絵は店主が書いたもの

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

コーヒーカップのお店のロゴも自身でデザイン

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

実に多才な店主 市村さん!レジ横では自身のCDの販売も

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

店内はFree Wi-Fi完備

 

さいごに

店主 市村 猛さんは老舗喫茶「北地蔵」の元スタッフであり、惜しまれつつ2018年10月末に閉店した「D×M(ディーバイエム)」の元店長という経験を積み、今年7月に念願だった自分の店「珈琲とほころび Cafuné(カフネ)」さんをオープンさせました。

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

場所は 地下鉄東豊線「学園前駅」から徒歩約8分、南北線「中島公園駅」から徒歩約10分ほどの場所にある、豊平川のすぐ近く。

 

わざわざ行こうとしないとたどり着けないこの場所が逆におもしろく、可能性を感じたのだとか。

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

屈託のない笑顔を見せてくれる 気さくな店主


「コーヒーは身分を問わず楽しめるというのが良いところ。年配の紳士の隣に学生、そんな光景を見るのも楽しい」

と語る市村さん。

 

自身が中学生の頃から、ずっと変わらずコーヒーが好きで、大学生の頃に自分でカフェをやる!と心に決めました。

 

どんなお店にしたいとかそういうのはなく、お客様それぞれが楽しみながら過ごしてくれたらそれが1番なのだとか(^^)

 

コーヒーも、音楽も、絵も、ただ自分の好きなことをしているだけ
とおっしゃっていたけれど、それってきっと日本人の少数派。

 

自分の人生を全力で楽しんでいる市村さん。素敵です!

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)/札幌市

店名の由来は、ポルトガル語で ”大切な人の髪にそっと指を通す仕草” という意味

 

お地蔵さんが並んでいるようなビジュアルの「地蔵プリン」は売り切れ必至。

早めの来店がおすすめですよ(^_-)

 

徒歩圏内の「n8(ネイト)」や、「Cafe NU(カフェヌー)」と組み合わせてハシゴして楽しむのも◎

 

関連記事 ▶ n8ネイト/札幌市/再訪決定!自家製レモンドゥリズルケーキが病みつきになる居心地のいいアンティークカフェ♪

 

客層は インスタを見て来る若者から北地蔵世代の年配の方までとっても幅広い!

 

世代を超えたこの場所で
あなただけの過ごし方を見つけてみて♡

 

珈琲とほころび Cafuné(カフネ)

【住 所】 北海道札幌市豊平区水車町2丁目3-25 メープル・リバービュー1F
【電話番号】 011-850-9930
【営業時間】 11:30~20:00
【定休日】 月曜、第2・第4火曜(祝日の場合は翌日)
【駐車場】 あり
【Facebook】  https://www.facebook.com/Cafun%C3%A9-896630457338643/
【Instagram】   https://www.instagram.com/cafune.coffee/
【Twitter】   https://twitter.com/cafune_coffee?lang=ja
CHECK!食べログで口コミを見てみる

近くのスポットをチェック



わが家の飲食代節約方法

夜の外食はランチに比べると圧倒的に高いですよね。(お酒が入ると特に!)
夫はお酒が好きですが……わが家の外食はほぼランチですw  

が、colleee(コリー)”外食モニター” に当選した時は、居酒屋ディナーを半額以下で楽しんでいます。
 

  
アンケートに答える手間はありますが、それ以上にお得感が強い。  
colleee(コリー)はポイントサイトなので、
  • 楽天・Yahooなどネットショッピングの際に経由するだけでポイントGET
  • E-PARKでスイーツポイントが1000円分もらえる etc
外食モニター以外にも普段の生活でお得にポイントが貯められる ポイ活案件がたくさんあるので、ネットでお買い物する際は必ず経由しコツコツ家計の足しにしています。  

誰でも無料の会員登録だけで利用できるのでぜひチェックしてみてください。

我慢せずに節約したい方に おすすめ♪  

詳しくはコチラ

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.