道の駅あいおい/津別町/全国の人気者クマヤキ♪1日1000個以上を売り上げる美味しさの秘密とは?

2019-10-23

お知らせ

  画面上部(ヘッダー下)に”このサイトの使い方”のページを追加しました。   パソコン・スマホそれぞれのお店の探し方を6通くわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)  

道東 津別町の 可愛いすぎる”PR大使”、それが今回紹介する 「クマヤキ」

「可愛い!」とSNSで話題になり、今やこれを求めて津別町を訪れる観光客が急増しているのです!
そんなわたしも この愛くるしいビジュアルに魅了され、この地を訪れようと昨年から計画を立てていました。

クマヤキを販売しているのは、「道の駅あいおい」の敷地内にある”クマヤキハウス”なる建物。

早速紹介します♪

 

季節限定フレーバーを含め、
全5種類を大人買い!

クマヤキ(全5種類) 各180円or210円

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

クマヤキサブレ、クマヤキガラナ、クマヤキ専用BOX(60円)も購入

向かって左から、

ナマクマ(210円)

生クリーム&つぶあん。生クリームが入っているため、唯一の冷たいクマヤキです。
”あんバター”が人気のように、つぶあんって乳製品とよく合いますよね。
なので、言うまでもなく美味しい組み合わせ◎

クマヤキ(180円)

つぶあん。小豆は、地元津別町や近郊で採れたての”エリモショウズ”を使用。
しっとりの中にもホロっとほどけるような食感で上品な甘さ。これは……どんどん進む~♪
シンプルイズベスト。結局これが1番好みでした♡

ヒグマ(180円)

豆乳&カスタードクリーム。
同道の駅内で販売している自社で作る”自家製豆乳”の風味が加わったカスタードクリームが、ここならではの味。
豊かに広がる大豆の香りが特徴的で、サッパリといただけます。

かぼちゃクリーム(210円)

こちらは季節限定のフレーバー。かぼちゃの風味がうまくカスタードに溶け込んで、「ヒグマ」とは全然違うほっこり系クリームに変身していました。

シロクマ(180円)

名前の通り、これだけ”タピオカ粉”で作った白い生地。中にはつぶあんがIN。
強力なモチモチ感といい、色といい、まるでお餅!つぶあん、合う!◎

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

茶色のノーマル生地

パンケーキみたいに フワフワ~♡

甘さがほのかで中身の味を邪魔しない。でもしっかりコクがあって、自身の主張もしっかりある。
型が違うだけの「おやき」と思うなかれ。

召し上がる際は、ぜひ生地にも意識を向けて味わってみてくださいね(^^)

 

毎日1000個以上売れる「クマヤキ」。
美味しさの秘密はこの2つ!

スタッフさんに伺ってみると、少ない日でも1000個は売れるとのこと。
人気があるとは思っていましたが、予想をはるかに上回る人気ぶり……!♡

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

「クマヤキ」は、毎日人の手で丁寧に焼き上げている

そうなんです。
毎日大量に売れているにもかかわらずこの日もなお、店内では地元の女性スタッフさんたちがせっせと鋳型を使って焼き続けていました!
大ヒット商品に成長してもなお、機械に頼らない姿勢が素敵。

もう1つの美味しさの秘密は、生地の原材料が北海道産だということ。

道産小麦と卵、バターを使い、水の代わりに自社の豆腐からできる”自家製豆乳”を使用。
このこだわりが生む唯一無二のフワフワ食感が、冷めても続く美味しさなのです♪

 

通常メニューは4種類

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

基本の味は4種類

メニュー

  1. クマヤキ(つぶあん) 180円
  2. ヒグマ(豆乳&カスタードクリーム) 180円
  3. シロクマ(タピオカ&つぶあん) 180円
  4. ナマクマ(生クリーム&つぶあん) 210円

これに、季節限定の旬フレーバーが加わります。

過去には ゆるキャラふなっしーとコラボした、”梨ジュレ”入りの「フナクマ」が、東京の催事とココ「道の駅 あいおい」で 限定発売されたのだとか。

 

「道の駅 あいおい」内では、”クマヤキグッズ”が大好評

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

こちらが「道の駅 あいおい」

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

入るとまず目につくのが「クマヤキ」のオリジナルグッズコーナー

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

クマヤキTシャツ&トートバッグ

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

本物と見間違えるほどリアルな、キーホルダー・イヤリング・ストラップetc

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

カーリング女子「ロコ・ソラーレ」とコラボした顔ハメパネルも

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

個包装の「クマヤキサブレ」はお土産にもおすすめ

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

クマヤキを販売している、道の駅 敷地内の”クマヤキハウス”は2019年1月に完成した

 

さいごに

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

クマヤキを販売している「道の駅あいおい」は、”阿寒湖温泉”から車で約20分の国道240号沿いにあります。
”女満別空港”と”釧路空港”の両方から車で1時間前後の距離にあるため、飛行機でのアクセスも良好◎

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス/津別町

「クマヤキ自販機」と「クマヤキパネル」で写真撮影もお忘れなく

ふっくらしたフォルムと、なんとも言えない表情がとっても愛らしい「クマヤキ」。
デザインしたのは津別町出身、あの”大西重成さん”です 。

【click!】”大西重成さん”ってどんな人?

ひらけポンキッキや坂本龍一のレコードジャケットetc  数々の作品を手がけ、世界で活躍する人物。
「道の駅 あいおい」から2kmほどの場所に、約8,000坪の私設美術館「シゲチャンランド」も設立している。

 

2009年の誕生当時の販売数は、1日数十個ということもザラだったそうですが、人気に火がついたのは2016年のこと。
東京で開催された”北海道物産展”で約1万2000個を売上げ、一気に全国に広まりました!

4年以上経った今もなお この人気を持続している理由は、見た目だけじゃなく、原材料や手づくりにこだわり続けているからではないでしょうか。

 

道の駅 あいおい/クマヤキハウス/津別町

可愛いぽっちゃりフォルム×北海道の良質素材

最近では、札幌駅などで購入できる機会もありましたが……

ぜひ発祥の地”津別町”の空気と共に味わってみてくださいね♪

 

道の駅あいおい/クマヤキハウス

【住 所】 北海道網走郡津別町字相生83番地1
【電話番号】 0152-75-9101
【営業時間】 夏季(4月~10月)/9:00 ~18:00、冬季(11月~3月)/9:00 ~17:00
【定休日】 火曜(祝日の場合は翌日)
【駐車場】 あり
【Facebook】 https://www.facebook.com/michinoekiaioitsubetsu/ 

近くのスポットをチェック

道の駅あいおい/津別町/全国の人気者クマヤキ♪1日1000個以上を売り上げる美味しさの秘密とは?

お知らせ   画面上部(ヘッダー下)に”このサイトの使い方”のページを追加しました。   パソコン・スマホそれぞれのお店の探し方を6通くわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)   道東 津別町の 可愛いすぎる”PR大使”、それが今回紹介する 「クマヤキ」。おすすめ記事 クリスマスに行きたい!女性目線で選ぶ4000円以下の贅沢ランチ5選【札幌市内駅チカ編】 クリスマスに行きたい!女性目線で選ぶ4000円以下の贅沢ランチ5選【札幌郊外・近郊編】   2019年11月の人気記事ランキングT ...

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。

友だち追加

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

高井なお

16年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.