喜夢良(きむら)/七飯町/氷みたいな和菓子に衝撃!地元の歴史と確かな技でつくり出す傑作「龍紋」

日本の伝統的なお菓子「和菓子」。

現代の感覚にマッチするよう、工夫を凝らしたものが増えてはいますが、特に若い世代は”和菓子離れ”が進んでいるのも事実。
そこで今回は、”老舗の和菓子の良さ”を伝えるべく「菓子舗 喜夢良」さんの和菓子を紹介します。

地元の作物・歴史・文化をもとに、地域に密着したお菓子を安心・安全な素材で。
昔ながらの確かな技術でつくっているお店です。

早速紹介します♪

 

地元”七飯町”への想いをつめこんで。
身体への負担が最小限の真面目な和菓子

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

特産品”林檎”を使った餅、お店がある赤松街道の”松ぼっくり”をイメージしたお菓子など

この中から美味しいと感じたのがこちら!

 

木の間(このま)餅

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

別添えの”黒蜜”をたっぷりかけて

フワフワ~♪ いい食感!

国産のもち粉で作った”求肥餅”は、ほどよい弾力でフワフワ。きな粉と黒蜜の上品な甘さが、やさしさを加速させています。

原材料がシンプルで安全、さらに消化にもいいのでお孫さんに大量に買っていく方もいらっしゃるのだとか。
昔あったといわれる茶店の餅をイメージしてつくった、創業以来地元住民に親しまれている看板商品。

現在ではこういう商品が多く出回っていますが、中でもトップクラスの美味しさでした♡

 

和菓子はあまり食べないという若い世代にオススメの2品!

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

七飯町産りんご使用。「ななえ林檎餅」と「七飯アップルチョコレート(3種)」

正統派の和菓子ばかりかと思いきや、こんなに可愛い見た目のお菓子を発見♪
個人的に気に入ったのがこちら!

 

ななえ林檎餅(6個入り) 330円

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

直径約3cmのお餅の中に七飯町産りんごソースがIN

もち、ぷる、 トロ~ん♡

果肉感を残した甘酸っぱい”林檎ソース”がたまらない。噛むと中からあふれるほどたっぷり入っています。

強い弾力とコシのお餅は冷蔵保存。
「冷えたお餅ってこんなに美味しかったんだ……!」
と、おもいがけず新しい発見ができたのも嬉しかった(*^^*)

食感が白玉に近く、若い世代の方にも受け入れられやすい美味しさで、暑い季節にも美味しく食べられる。
”和”と”洋”が見事にマッチした 新感覚のお餅♪

 

手土産にも最適な、化粧箱入りの上質な3種

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

左から「はこだて大三坂」・「七重野」・「龍紋」

「絶対また買いに行きたい♡」と思ったのが、こちら!

 

龍紋(8個入り) 1450円

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

箱の中にはそれぞれ、生い立ちの説明と想いを記した紙が入っている

明治初期、五稜郭や大沼は良質な食用氷「龍紋氷」の産地として有名だったそうで、この先人の食文化を和菓子で表現したのがこの「龍紋」。
つや干し寒天・北海道産小豆・砂糖など、いざぎよいシンプルな原材料。

 

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

ちょこんと乗った金箔が上品で、氷のように儚げなビジュアル

シャクっ…… なにこの食感?!

表面の砂糖の層が 本物の氷を彷彿とさせるような食感… これには驚きました。
そして中の寒天も予想以上に歯切れがよく、ほっくり小豆がいい◎

バランスが秀逸でクセになる!

シンプルな見た目からは想像できない、”初めて”がたくさん詰まった「龍紋」
上品で奥ゆかしい、「日本文化」を象徴したような和菓子でした。

ウイスキーなど お酒に合わせる方も多いのだとか◎

これはもっともっと、
多くの方に食べてほしい!

 

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

”日本百銘菓”にも選ばれた、石畳をイメージした蒸し菓子「大三坂」

こちらは”石畳”が忠実に再現された「大三坂」。
小豆・白いんげん豆の風味が全面に押し出され、たっぷりと豆の素朴な美味しさとしっとり感を味わえました。
古風なようで、現代にも通用するこのビジュアルは、密かに”映える”逸品。

 

正統派から創作和菓子まで。
種類豊富なお菓子が集結する店内

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

七飯町を感じさせるお菓子がところ狭しと並ぶショーケース

 

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

「七飯アップルチョコレート」

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

「龍紋」

  • 木の間餅
  • 七飯アップルチョコレート
  • アップルキャラメル

上記3点は七飯町の「道の駅 なないろ・ななえ」でも通年購入できるので、見かけたらぜひ手に取ってみて(^^)

 

さいごに

「喜夢良(きむら)菓子舗」さんは、JR七飯駅から徒歩約15分の、赤松街道沿いにあります。

【click!】赤松街道とは?

1876年に明治天皇が行幸されることを記念して赤松が移植された通り。
南北14キロに1200本の赤松が植えられ「日本の道100選」にも選出されている街道。

 

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

「身体や内臓になるべく負担をかけないお菓子であること」
これが和菓子の役目であると思い続けているという店主 木村さんは、23歳から和菓子職人をされており、この道なんと54年!(現在77歳で未だ現役…スゴイ!)

素材の風味を生かし 安心して食べられることを第一に考えながら、地元の作物・歴史・文化をもとに地域に密着したお菓子づくりをされています。

お菓子の生い立ちやストーリーをとても楽しそうに話す姿から、”七飯町”と”和菓子”が本当に好きなことが伝わってきました(*^^*)
『好き』ってやっぱり、最強だ!♡

 

函館方面へ行かれる際には、ぜひ立ち寄ってみてください♪

 

菓子舗 喜夢良(きむら)/七飯町

喜夢良さんから車で約15分の「城岱牧場展望台」もオススメ!

 

菓子舗 喜夢良(きむら)

【住 所】 北海道亀田郡七飯町本町4-5-20
【電話番号】 0138-65-3571
【営業時間】 8:30~19:00
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし
【公式HP】  https://www.kimurakashiho.com/ 

近くのスポットをチェック

喜夢良(きむら)/七飯町/氷みたいな和菓子に衝撃!地元の歴史と確かな技でつくり出す傑作「龍紋」

日本の伝統的なお菓子「和菓子」。 現代の感覚にマッチするよう、工夫を凝らしたものが増えてはいますが、特に若い世代は”和菓子離れ”が進んでいるのも事実。 そこで今回は、”老舗の和菓子の良さ”を伝えるべく「菓子舗 喜夢良」さんの和菓子を紹介します。 地元の作物・歴史・文化をもとに、地域に密着したお菓子を安心・安全な素材で。 昔ながらの確かな技術でつくっているお店です。 早速紹介します♪   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります( ...

M7750/七飯町/名古屋人も驚愕のモーニングを大自然の中で♪厳選生クリームのクレープもおすすめ!

ドリンク1杯分の価格で朝食が食べられる 名古屋発祥の ”モーニング” 。 ここ数年で「コメダ珈琲店」が北海道に進出したこともあり、わたしたち道民にもなじみが出てきましたよね。 そんなモーニングですが、名古屋人もビックリの”超高コスパなモーニング”が食べられるお店、道南 七飯(ななえ)町で見つけました! それが、「CAFE and Gallery M7750(カフェアンドギャラリーエムナナナナゴーマル)」さん。 新幹線で旅する時のために、覚えておいて損はないですよ(^^) 早速紹介します♪   来 ...

沼の家/七飯町/消費期限はたったの1日!? 1905年創業の老舗で名物「元祖大沼だんご」をいただきました♪

北海道の道南にある湖「大沼」。 駒ヶ岳の噴火により川がせき止められてできた湖で、道南有数の観光地としても発展しています。 今回ご紹介するのは、そんな 大沼の名物「元祖大沼だんご」! 「大沼にきたらこれを食べなきゃ始まらない」といっても言い過ぎではない逸品です。 なお消費期限はたったの一日なので、お取り寄せも不可。 現地でしか食べることのできない「大沼だんご」の美味しさとその理由をお届けします。   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励み ...

WALD(バルト)/七飯町/1986年OPENの老舗店!大沼湖畔で安定な美味さの洋食ランチ♪

今回は「大沼」湖畔にあるお店「WALD(バルト)」さんでランチ。 ワイルドでカントリーな外観と美味しそうなお料理に惹かれました。 早速ご紹介します♪   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎! 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。 LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。 サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さい ...

駒ヶ岳神社

大沼湖畔のパワースポット「駒ヶ岳神社」!大岩の割れ目をくぐってご利益を得てみよう!

メモ 2018.12.20 追記 2018年10月に落石が確認されたため、現在は安全のために大岩の周囲は立入禁止となっています。   道南の大都市函館市の隣町「七飯町」にある有名な観光地「大沼」。 隣接する駒ヶ岳の噴火により形成された地形に水が溜まってできた湖で、ラムサール条約の登録湿地にもなっています。四季を通して見どころのある大沼ですが、特に道内有数の紅葉スポットとして有名な場所。そのため木々が色づく秋には、たくさんの観光客が行き交う人気の観光地となっています!   来店された際に ...

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。

友だち追加

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.