シティボーイ/札幌市/農家の野菜でカスタマイズサラダ!男性もまんぷくになれる街中ヘルシーランチ

2019-10-29

「農家に貢献する飲食店」
そんな”新しいスタイル”を実現する、期待の新店!

札幌中心部にオープンして間もない「City Boy(シティボーイ)」さんは、「地元の農家さんのお役に立ちたい」というオーナーシェフたっての希望がきっかけで誕生しました。

規格外や少し傷がついただけで販売できないものを適正価格で仕入れ、美味しく変身させるのがコンセプト。

大きなプレートの上がほぼ野菜!
という自宅ではなかなか実現できない贅沢ランチ♡

早速紹介します♪

 

ほぼ野菜という贅沢!「日替わりサラダプレート」

Smoked salmon salad(サーモンサラダ) 1580円

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

本日のスープとパンがセットになる

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

この日のスープはトマトベースの具だくさんスープ

半分以上が具!軽くひとすくいした状態を、上の写真でご覧いただけるとわかると思います。
味は、ほぼ野菜の甘さでできていました◎

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

全て自家製のドレッシングは4種類から選択可能

ドレッシングは、1番相性がいいとオススメされた「柑橘とディル」を選択。
自家製ならではの香りの強さ!
柑橘のフレッシュ感全開で、非常に香りが高い!
しかし、塩味はほぼ感じないため、野菜本来の味を楽しめるのです。

サーモンの上に散りばめられているのはスーパーフードの”キヌア”。
白い小鉢には刻みパクチー入りの自家製マヨネーズが入っていました。

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

紫キャベツのシュールージュラペ

キレのある酸味が心地よく、どんどんお箸が進む程よい味付けとシャキシャキ感。

キャロットラペ

こちらは優しい酸味。にんじんの臭みはほぼ感じず、ほんのりオレンジを効かせた爽やかな仕上がり。

ビーツとひよこ豆のフムス

ビーツの最大の特徴である鮮やかなピンク色が食欲をそそるビジュアル。口に運ぶたび ビーツがフワっと香る。

 

軽く10種類以上ものお野菜は、それぞれの素材の味わいがしっかりと生かされており、生産者さんへのリスペクトや気遣いが味に大きく反映されている。
塩味はほとんど感じませんでした!

※入っている野菜の種類は日によって異なります

 

ランチメニューの基本は「City salad(シティサラダ)」
プラスαはお好みで♪

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

ランチメニュー

  • City salad(シティサラダ) 1380円
  • Chiken salad(チキンサラダ) 1480円
  • Smoked salad(サーモンサラダ) 1580円
  • Roast beef salad(ローストビーフサラダ) 1780円
  • よくばりプレート 1980円

最後の「よくばりプレート」は、”チキン”・”サーモン”・”ローストビーフ”が全て少しずつトッピングされたサラダプレートにドリンクがセットになる、まさに”欲張り”なあなたにピッタリのプレート♪

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

サイドメニュー&スムージー

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

ドリンクメニュー

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

テイクアウトメニュー

ドリンクメニューのテイクアウトのみの利用もできます◎

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

こちらはディナーメニュー

夜は、野菜と道産食材などを使ったアラカルトメニュー。

お得な「飲み放題付きコース」も始められたそうですよ^^


程よく”メンズライク”。
気軽に入れるカジュアルな店内

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

元倉庫の建物をリノベーション

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

荷物搬入時に使用していた段差をうまく活用している

奥が1mほど高くなった上の段には、1枚板でできた立派なテーブル席がありました。
8名ほどの大人数グループにも対応可能な広さ◎

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

壁の可愛いサインは自然派ワインのワイナリー「ルーシー・マルゴー」の代表のもの

ライトグレー1色のほどよくメンズライクな空間は、男性1人でも入りやすい雰囲気でした。

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

店内の設計・デザインを手掛けたのは、こちらの地下に入っている建築会社「ISHIZUKI」。
札幌中心部だと「STREAMER COFFEE COMPANY」「STANDARD COFFEE LAB」の店内デザインもされている会社です。

 

さいごに

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

「City Boy」さんがあるのは札幌中心部。
元は東急ハンズがあった「The JOHNSON STORE」の真裏にあります。

店名「City Boy」の由来とは?

City ▶ 街中(札幌中心部)にあるから

Boy ▶ 健康志向が強い人は特に女性に多いが、もっと男性に積極的に野菜を食べてもらいたいという願い

やはり現在は女性客が圧倒的に多いそうですが、少しずつ男性客も増えてきているのだとか(*^^*)

 

City Boy(シティボーイ)/札幌市中心部

実はこちら……札幌の名店「aki nagao」の5店舗目の姉妹店なんです!

その他姉妹店一覧

  • BIRD WATCHING(バードウオッチング)
  • FRENCH PANDA(フレンチパンダ)
  • wineman(ワインマン)
  • COQ(コキュウ)※こちらは姉妹店ではなくプロデュース店

新たな客層に知ってもらいたかったので姉妹店だということは敢えて押し出さず、宣伝なども一切しなかったのだそう。

”健康の大切さ”を日々感じている という長尾シェフ。
「たっぷりの野菜でお客様にも健康を届けたい」

その想いと同時に、日頃お世話になっている農家さんへの感謝をも形にしようとこちらをオープンさせました。

こちらで調理を担当されているのは、数々の有名レストランを渡り歩いてきた佐々木シェフ。
ディナーメニューも期待大!ですね♡

 

健康な食事をあなたに!
身体に優しい”カスタマイズサラダランチ” ぜひお試しください♪

 

行かれる際はホットペッパーでネット予約がおすすめ!
わたしもポイントを貯めてお得に食べ歩きを楽しんでいます♪

 

City Boy(シティボーイ)

【住 所】 北海道札幌市中央区南1条西6-4-1
【電話番号】 011-206-1895
【営業時間】 11:00~15:00、17:30~22:00
【定休日】 日曜
【駐車場】 なし
【キャッシュレス決済】 PayPay
【公式HP】  https://city2019.owst.jp/
CHECK! ホットペッパーで予約・クーポンを見てみる

近くのスポットをチェック

【PR】ラムしゃぶ専門店おにうす/札幌市/飲めるしゃぶしゃぶ!?札幌初のとろふわ食感が味わえる新店

もう11月はすぐそこ! そろそろ”お鍋”が食べたくなる季節ですね。 そんなタイミングで取材依頼をいただいたのが「ラムしゃぶ専門店 おにうす」さん。 2019年10月11日オープンの新店です。 自宅で鍋をすると つい食べすぎてしまいますが…… ”ラム肉の脂”は体に吸収されにくいので太りにくく、とってもヘルシーなんだとか♡   【click!】ラム肉がヘルシーな理由とは? ラム肉の脂の「融点」(溶け始める温度)は44℃と、人間の体温よりも高い。 そのため腸内に入った脂はなかなか溶けず、吸収されること ...

シティボーイ/札幌市/農家の野菜でカスタマイズサラダ!男性もまんぷくになれる街中ヘルシーランチ

「農家に貢献する飲食店」 そんな”新しいスタイル”を実現する、期待の新店! 札幌中心部にオープンして間もない「City Boy(シティボーイ)」さんは、「地元の農家さんのお役に立ちたい」というオーナーシェフたっての希望がきっかけで誕生しました。 規格外や少し傷がついただけで販売できないものを適正価格で仕入れ、美味しく変身させるのがコンセプト。 大きなプレートの上がほぼ野菜! という自宅ではなかなか実現できない贅沢ランチ♡ 早速紹介します♪   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」 ...

K's table(ケイズテーブル)/札幌市/北海道産銘柄豚100%のハンバーグランチ!サラダバー付でとってもお得♪

この日は「美味しい洋食が食べたい!」気分。 そこで今回伺ったのは「K's Table(ケイズテーブル)」さん。 ランチタイムのおススメは、 北海道産の厳選豚肉をつかったハンバーグに サラダバーがついたお得なランチセット。 ぜひ食べに行っていただきたいと思える絶品ハンバーグでした! 早速紹介します♪   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎! 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探して ...

”すすきの”に点在する歴史の痕跡を巡る旅「すすきのナイトツアー」!

今回お送りするのは「鴨々川ノスタルジア実行委員会」が主催する「すすきのナイトツアー」の参加体験レポ。 すすきのといえば、北海道一の歓楽街! 多数の飲食店や風俗店などが軒を連ねる眠らない町です。 そんな すすきの でナイトツアーって…、とても楽しそうなイメージがありませんか?笑 しかし、このツアーのメインは主に歴史。 この町がたどってきた歴史の片鱗に触れることのできる興味深いツアーです。 本記事を読むだけでも、知られざる「すすきの」の歴史に出会えるかも知れませんよ!   来店された際に「MOGTR ...

Oeufs (ウフ)/札幌市/料理研究家が作るオムライスはふわとろ新食感!プリンアラモードセットで週末だけの贅沢を♡

ライスをくるっと包むタイプ 上にとろとろ卵をのせるオープンタイプ あなたはどちらの「オムライス」が好きですか? どちらも魅力的で選べない!w そんなあなたにオススメしたいのが… 2018年11月オープン「Kitchen Oeufs (キッチン うふ)」さんのオムライス。 こちらは金・土・日のみ営業の、レアな「卵料理専門店」です。 包むタイプの見た目と、オープンタイプの食感が同時に?! 新感覚もさることながら 美味しさもスゴいんです…!♡ 早速紹介します♪ 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました ...

tailor(テーラー)/札幌市/しっとり自家製レモンケーキ♪生果汁の贅沢をクリーミーシックな空間で

「レモンケーキ」 この響きを聞くだけで妙にそそられるのはわたしだけでしょうか。 レモン自体は滅多に食べないけれど、お菓子になると別。 とたんに強い魅力を発揮してくるんですよね。笑 そんなレモンケーキを代名詞とするカフェ。 それが、2018年4月 創成川イーストにオープンした「tailor(テーラー)」さん。 念願かなって ついに初訪問です! 早速紹介します♪ 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎! 味はラ ...

イオマーレ/札幌市/値上げの波に逆らう超高コスパランチ発見!牛筋ハヤシライスが絶品でした♪

「原材料価格高騰により やむを得ず値上げさせていただきます」 最近よく目にするこの文句。 気づいたら量が減っていたり、原材料が変わっていたり… 日々の生活の中でも じわり、じわりと静かに値上げの波がきているのを感じますよね。 そんな荒波に果敢に立ち向かう! 超 高コスパランチ 見つけちゃいました…! それが札幌中心部にある「IOMARE(イオマーレ)」さん。 狸小路1丁目に隣接していて アクセスも抜群◎ 早速紹介します♪ 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、 ...

コーヒープラザ西林/札幌市/破壊力抜群のボリュームサンドイッチ!昭和レトロな喫茶店でリーズナブルにランチ♪

この日の週末は大通付近でお昼ごはん。 今回は「4丁目プラザ」地下2階にある「コーヒープラザ西林」さんへ! いつか行ってみたいと思っていた老舗の喫茶店です。 早速ランチ紹介します♪   来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎! 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。 LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。 サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報 ...

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。

友だち追加

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.