天照(アマテラス)/余市町/カウベルのソフトクリームが復活!ミルクのコクとさっぱり抜群のキレ味♪

2018年3月まで 札幌中心部にあった「Hammock base cafe(ハンモックベースカフェ)」が
装いも新たに余市町で生まれ変わっていました!

それが、2018年7月に余市にオープンした「cafe&bar 天照-amaterasu-」さん。

なんと!こちらでは 余市にあった名店「ミルク工房カウベル」のソフトクリームがいただけるんです♪
というのも、こちらの店主のお母様がカウベルの元オーナーだそうで。
(現店舗「天照-amaterasu-」のカフェタイムは 主にお母様が担当されています)

今回は日中の訪問だった為、cafeとして利用させていただきました(^_-)
復活したソフトクリームの美味しさをレポートしますよー!

早速紹介します♪

 

シャリ感あり!
さっぱりミルク系ソフトクリーム

ソフトクリーム(バニラ) 350円

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

濃厚ミルクと爽快な後味!

表面が少しザラっとしていて、すごく溶けやすいタイプ。(個人的に大好き♡)

濃厚すぎないミルク感が口いっぱいに広がり、後からほんわりミルキー𝆕
さっぱり猛烈なキレがあり、倉島乳業の低温殺菌牛乳を使っているため、まったく舌に残らない。

スッキリ爽快!さわやかなソフトクリーム。
八紘学園のソフトクリームが好きな方におすすめです。

あっという間に完食~(*^^*)

 

ラムレーズンとくるみのパウンドケーキ 250円

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

ラム酒強めの大人な味わい♡

ラムレーズン&くるみが多すぎず少なすぎず、ベストな量◎
しっかり、しっとりしていて見た目よりもずっしりと食べ応えアリ。

これはまた食べたい!隠れた名品です。

 

もう1つの名物「ハンバーグ」をふくむ
その他メニュー表

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

自家製ハンバーグプレート(950円)とポテトなどのサイドメニュー

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

ソフト&ケーキメニュー

ソフトクリーム

  • バニラ 350円
  • モカ 400円
  • ミックス(モカ+バニラ) 400円
  • 木いちご 400円
  • マスカルポーネ 450円

【手作りケーキ】

  • ラムレーズンとくるみのパウンドケーキ
  • 文旦のマーマレードパウンドケーキ
  • ラムレーズンガトーショコラ 各250円
  • ケーキとソフトクリームセット 650円

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

ビネガードリンク、100%ジュース(5種)、フロート各種、etc
コーヒー以外のドリンクの種類が豊富なので、オールマイティーに対応できます◎

 

入ってすぐ右側の
「ソフトクリーム専用」カウンター

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

こちらでソフトクリームを注文し、店内で食べることもできる

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

あまりに美味しかったので、追加で「モカソフト」を購入

バニラソフトクリームをあっという間に食べきってしまったので…^^;
追加で「モカソフト」もいただきました♪

ミルクのさっぱり感とコクに ほろ苦さが加わり
こっちも ウマーーい!♡

これは、1番おすすめだという「マスカルポーネソフトクリーム」も食べに来なければ!

 

おしゃれと懐かしさが同居する
エキゾチックな店内

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

店主が趣味で集めた骨とう品や、リサイクルショップの友人に探してもらったエスニック家具をレイアウトして、古民家を店主自ら改装したそう。
(業者にお願いしたのは、電気と水道だけ…!)

異国感ただよう素敵な空間で、おしゃれなのに なんだかとっても落ち着くのです。

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

夜は Barとしての顔も持つ

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

カウンターには焼酎、日本酒、カクテルなどが並ぶ

深いブラウンをベースにしたアンティークっぽい色合いに、オレンジの照明……
夜はよりいっそう素敵だということが容易に想像できました。
ライブなどのイベントを開催することもあるのだとか。

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

奥の席は しっとりとお酒が飲めそうな雰囲気

 

さいごに

場所は小樽から余市に向かう国道5号線沿い。
店舗横には2台分の駐車スペースがあります。

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

【click!】店名「天照」の由来とは?

勧められて「日本の神様カード」というカードを試したのがきっかけ。
2回連続で伊邪那岐命(いざなぎのみこと)を引き、自分のやりたいことを形にするという
まさにその時自分がやりたいこととぴったりの意味を示していたので、イザナギの3人の子どもの名前を店につけることに。
第1店舗がこの「アマテラス」、2号店は「ツクヨミ」、その次は「スサノオ」と決めているのだそう。

 

店主の親御さんがもともと余市に住んでいたということもあり、馴染みのある町だったココ「余市町」。
高品質で新鮮な野菜や海産物があることはもちろん、海や山などの自然、何より人懐っこい「人」が好きでこの町を選びました。

『都会だとお客さんもスマホを見ながら食事をしたりするけれど、ここはちゃんとコミュニケーションできる』と 語る店主。
自身が人情味溢れる温かい人柄だということが 伝わってきます。

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

まるで異国に来たかのような圧倒的存在感を放つ入口

 

cafe&bar 天照 amaterasu(あまてらす)/余市町

「ソフトクリーム」は 夜も食べられる

余市に「世界レベル」のものを作りたい。
常に色々なことを学んで、新しいことに挑戦し続けていたい。

男気あふれる情熱がとっても素敵な店主 今西さんのお店「cafe&bar 天照-amaterasu-」さん。

暑さの余韻を感じながら…

異国情緒あふれる素敵な空間で
絶品ソフトクリームはいかが?(*^^*)

 

黄金岬/積丹町

黄金岬/積丹町

この後 積丹まで行き、「黄金岬」で絶景を楽しみました♪

 

cafe&bar 天照 amaterasu(カフェ&バー アマテラス)

【住 所】 北海道余市郡余市町黒川町3丁目8番地
【電話番号】 0135-48-5930
【営業時間】 12:00~24:00くらい(変動あり)
【定休日】 不定休
【駐車場】 あり
【Facebook】 https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E7%85%A7-Amaterasu--176002059745046/?ref=page_internal

 

近くのスポットをチェック

天照(アマテラス)/余市町/カウベルのソフトクリームが復活!ミルクのコクとさっぱり抜群のキレ味♪

2018年3月まで 札幌中心部にあった「Hammock base cafe(ハンモックベースカフェ)」が 装いも新たに余市町で生まれ変わっていました! それが、2018年7月に余市にオープンした「cafe&bar 天照-amaterasu-」さん。 なんと!こちらでは 余市にあった名店「ミルク工房カウベル」のソフトクリームがいただけるんです♪ というのも、こちらの店主のお母様がカウベルの元オーナーだそうで。 (現店舗「天照-amaterasu-」のカフェタイムは 主にお母様が担当されています) 今 ...

メルシースコーン/余市町/世界のグルメが生んだ北海道素材たっぷりの絶品スコーン!

「余市町」 ここはNHK連続テレビ小説マッサンの舞台にもなった町。 ここ数年で海外からの観光客がグンと増えました。 札幌から向かうと、隣町の小樽市の更に隣の町で、 積丹半島の付け根の海に面した海産物がおいしい場所。 わたしも何度も訪れています。 でも実をいうと… 「食後のスイーツが食べられる専門店が少ないなぁ」 と思っていたんですよね。   そう思っていたところ、見つけました絶品スイーツ!♡ 昨年(2018年)OPENのスコーン専門店【merci scone(メルシースコーン)】さん。 「これ、 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.