あおいねこ/小樽市/南インドカレーとロースイーツの超大作!旬素材とオーガニックにこだわる穴場専門店

油っこいもの、小麦粉、生クリーム etc
昔と比べて重く感じる、身体に残るようになってきた。
そう感じている方、きっといらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが「南インドカレーとロースイーツ あおいねこ」さん。
上質、ヘルシー、おいしい の3拍子が揃った唯一無二のお店!

早速紹介します♪

 

イカのコク深さに溶けこむ自然な酸味。
低脂肪でヘルシーなタマリンドカレー!

カレー2種盛り(ベジ&ノンベジ) 1300円

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

手前:とうきびのクートゥ、奥:小樽産イカのタマリンドカレー

「小樽産イカのタマリンドカレー」はタマリンドの酸味に本格的な辛さ。
そしてイカのうま味と その奥に深い、深ーいコク。
しっかり酸味がカレーにとてもよく馴染んでいて 全く違和感なし◎

【click!】タマリンドとは?

高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツ。
7~15cmほどの枝豆を大きくしたような形をしていて、サヤの中に果肉があり、そのままでも食べることができる。
栄養価が高く、酸味が強いので、ジャムやお菓子、飲み物などに加工して食べることが多い。

 

素材の甘さが見事に再現された「とうきびのクートゥ」
「こんなに甘かったっけ?!」

甘めのカレーはココナッツを使っているものに多く出会いますが、
これは本当に「とうきび」の自然な甘さだけ。
だからこんなに甘くても全然嫌味がなく、どんぶりで食べたいほどの美味しさ♡

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

混ぜて食べるとさらにおいしい!

辛さとの対比で、とうきびのあま味が更に引き立つ~♪
取材したのは6月末でしたが、収穫時期には甘く育った道産のとうきびで
さらに甘く、美味しくなるとのこと。

これ以上に美味しくなるなんて… 絶対食べたいっ!w

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

お米は香り米ともいわれる「バスマティライス」

インドやパキスタンで何百年にもわたって栽培されてきた品種で
「香りの女王」というヒンディー語に由来するお米。

粘り気ほぼなく、さっぱりと軽い口当たり。食感はショートパスタに似ています。
店頭で販売もしてますよー^^

 

もう1つの看板メニュー
とんでもない果実感の「ロースイーツ」!

青肉メロンのタルト 600円 + ドリンク 各600円

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

ロースイーツとは、
小麦粉、白砂糖、卵、乳製品などは不使用の、加熱せずに作るスイーツ。

クリームのベースは生のカシューナッツココナッツオイル
タルトのベースはくるみデーツを使用しています。

【click!】「ロースイーツ」・「デーツ」とは?


「ロースイーツ」
主に生のフルーツやナッツなどを使うため栄養価が高く、食物繊維を多く含むものが多い。
カロリーが低いのも嬉しいポイント。
アレルギーフリーで体に優しいと注目され、近年専門店が増えている。

「デーツ」
ナツメヤシの実。
鉄分、カルシウム、カリウムや食物繊維が豊富に含まれ、ビタミン類も含まれていることから
「スーパーフード」とも呼ばれている。
糖質も含んでおり、ドライフルーツとして食べられることも多い。

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

お花やミントで彩られた盛り付けが可愛い♡

一口目から完全にメロン!!

乳製品不使用とは思えないほどクリーミーで、砂糖不使用なのにものすごい甘さ!♡

白い部分だけ食べてもメロンの味が強かったので、おそらくたっぷり練りこまれているのだと思います。
一般的なタルトと違い、ナッツの歯ごたえが一味違う満足感でした!

正直なところ…
「ロースイーツ」って感動的に美味しいものに今まで巡り合ったことがなくて。

でもこれは心から言える!
ロースイーツってこんなに美味しかったんだ♡

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

左奥:ハスカップのソーダ、右手前:さくらんぼのソーダ

果肉!果肉! 果肉ー!♡

グラスの底にしずんた果肉が想像以上の量。
ゴロっと大きいものもあり、スプーン必須の素敵な状態♪

600円、高いと思いきや… むしろ安い です!

「季節のソーダ」にめぐり会えたら、ぜひオーダーしてくださいね(*^^*)

 

旬のめぐみがいっぱい詰まった
カレー&ロースイーツメニュー

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

取材時のメニュー

【本日のカレー】

  • イカのタマリンドカレー 900円
  • チキンカレー 1100円
  • とうきびのクートゥ 900円
  • 2種盛り(ベジとノンベジ) 1300円
  • 3種盛り 1500円
  • ライス大盛 +100円

【ロースイーツ&ドリンク】

  • 青肉メロンのタルト 600円
  • ハスカップのタルト 600円
  • さくらんぼのソーダ 600円
  • ハスカップのソーダ 600円
  • 季節の紅茶(2019ファーストフラッシュ ダージリン セリンボン茶) 800円

今回紹介したものは全て季節限定メニューなので、
提供終了しているかもしれません。

来店される際は、お店のInstagramFacebookTwitterなどでご確認を♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

「あおいねこ」ヤマモトショウコさん(@aoineko.otaru)がシェアした投稿 -

↑ 季節のお花に彩られたロースイーツの写真がとってもキレイで見ているだけで楽しい♡

この他通常メニューには、コーヒー、紅茶、ハーブティー、アルコールなど
ドリンク類がありました。

 

女性店主がこつこつ作った
ハイセンスなアンティーク空間

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

お花がいっぱい♪ハイセンスな洗面所コーナー

開店数か月前からこの場所に通い、地道にDIYをして完成させたそう。

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

無造作に飾られたドライフラワー、
アンティークのランプシェード、
古いミシン台をつかったテーブル etc

女性店主 山本さん、本当に素敵なセンス!

古民家やアンティークなどが好きな方にはグッとくるポイントが多く
店内を見ているだけでうきうき楽しい気分になれると思います。
(わたしもその1人ですw)

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

奥の和室の一角でスパイスやお米などの販売も

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

コレ 何のお花かわかりますか?

答えは…
レモン汁を入れると色が変わるハーブティー「マロウブルー」のお花。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「あおいねこ」ヤマモトショウコさん(@aoineko.otaru)がシェアした投稿 -

乾燥させる前はパープルなんですね!
こんなに流行っているけれど、
きっとわたしのように ドライの状態でしか見たことがないという方も多いのでは?

偶然出くわすことができて良かった(^_-)

 

さいごに

お店の場所は、JR小樽駅から車で約10分。
「おたる水族館」へ向かう途中にある温泉「湯の花手宮殿」から車で5分ほどのところ。

Googleマップで調べると、手宮公園経由のアップダウンの激しいディープな経路を案内されるので
「おたる水族館」へ向かう道道454号線沿いの「北海道信用金庫」手前から左へ曲がるルートがおすすめ。

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

見た目は普通の古民家

「ほんとにココ?!」
と途中で不安になりながら探すのも楽しい♪

お店の前にたどり着くまで看板はないので、Googleマップなどを駆使して向かってくださいね◎

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

駐車場はお店前に3台あり

店主の山本聖子(しょうこ)さんは静内出身。
札幌以外でお店をやりたいと思い、北海道内で物件を探しててココにたどり着いたのだそう。

生クリームや小麦が身体に合わなくなってきたと感じたタイミングで「ロースイーツ」に出会い、
その美味しさの虜になったといいます。

最初は独学で本を見ながら作り続けていましたが、
趣味が高じ、徳島でノウハウを学んだ後 ローフードマイスターに。

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ/小樽市

運が良ければ黒猫のアオちゃんに会えることも

「自分が美味しいと思えるものが1番!」
と話してくれながらも、小樽や近隣の安全な素材、油はこめ油を使う
など 身体への配慮も怠らない信念が素敵♡

とりわけ カレーが好きというわけではなかったそうですが、
はじめて南インドカレーを食べた時に
コクがありながら脂肪分が少ないことに衝撃を受け、あわせてお店の看板メニューにしたのだとか。

『脂分が重くて身体に残る』
という方にこそ行ってほしい「南インドカレーとロースイーツ あおいねこ」さん。

食後の身体の軽さに、きっとあなたも驚く!
ドライブの目的にぜひ♡

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ

【住 所】 北海道小樽市高島2-17-12
【電話番号】 0134-64-5756
【営業時間】 12:00~17:00(L.O)
【定休日】 水曜~金曜
【駐車場】 あり
【公式HP】  http://mitsuba-do.jugem.jp/
【Facebook】  https://www.facebook.com/aoineko.otaru/
【Instagram】 https://www.instagram.com/aoineko.otaru/
【Twitter】  
https://twitter.com/hasucodagama

近くのスポットをチェック

飴屋六兵衛本舗/小樽市/1918年創業の老舗の飴屋!1粒1粒手づくりの優しい甘さを頬ばるしあわせ♪

「余市町」での用事を済ました後の話。 まっすぐ札幌に帰るのもアレだったので、ちょこっとだけ「小樽」観光♪ 小樽運河でも歩いてみようかと、車を停めたコインパーキング。 そのすぐそばに発見したのが「飴屋六兵衛本舗」さん! 無人の屋台(?)へ近づいていくと 建物の中からお店の方が出てきてくれました^^ 早速紹介します♪  

ViewCafe(ビューカフェ)/小樽市/絶景だけじゃない!こだわりが詰まった美味しいおススメランチ!

先日「小樽」に用事があり、ついでにランチに行ってきました。 今回ご訪問したのは「ViewCafe(ビューカフェ)」さん! いつも車がたくさん停まっているので、気になっていたお店なんです。 店名の通り、眺めの良い場所に建っているのが人気の理由なんだと思ってましたが、 実際入ってみるとそれだけじゃなかった! 魅力たっぷりのフードを紹介します♪  

あおいねこ/小樽市/南インドカレーとロースイーツの超大作!旬素材とオーガニックにこだわる穴場専門店

油っこいもの、小麦粉、生クリーム etc 昔と比べて重く感じる、身体に残るようになってきた。 そう感じている方、きっといらっしゃるのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが「南インドカレーとロースイーツ あおいねこ」さん。 上質、ヘルシー、おいしい の3拍子が揃った唯一無二のお店! 早速紹介します♪  

自然派ラーメン処 麻ほろ/小樽市/すっきり、サッパリ、出汁が美味い!本気で優しい無化調ラーメン!

ドライブの帰り道。 途中に通った小樽で早めの晩ごはんを食べて帰ることに。 この日の気分は、ヘルシーで軽そうでリーズナブルなもの。 以上の条件をすべて満たしたのが、 今回ご紹介するラーメン屋さん「麻ほろ」さんでした! 「こってり濃厚」とは程遠い「さっぱり薄味」な無化調ラーメン。 早速紹介します!  

標高約467m!毛無峠の展望台「毛無山展望所」から小樽の港や風景を見渡してみよう!

札幌市のとなり町「小樽市」。 札幌市からは車で約1時間とほど近く、観光都市としても有名です。とりわけ有名な観光スポットが「小樽運河」。かつては小樽港に上がった荷物を倉庫へ運ぶための水路として活用されていましたが、散策路などが整備された現在は小樽の顔としてたくさんの観光客の方々を楽しませています。 また小樽市は「坂の町」とも称されるほど坂の多い町。 周囲を山に囲まれており、平坦な土地が少ないのも町の特徴の1つです。そんな山の1つ「毛無山」の中腹には、小樽市を一望することのできる展望台が設けられています。今回 ...

小樽Muse(みゅーず)/小樽市/熟成デミグラスソースの煮込みハンバーグが絶品で高コスパ!

今回伺ったのは、小樽の洋食屋さん 「小樽Muse(みゅーず)」さん♪ ハンバーグを始めとする美味しい洋食と キャンドルが灯る店内がとても素敵なお店です 早速ご紹介します^^  

cafe色内食堂

cafe色内食堂/小樽市/和スイーツと北海道の名酒が味わえる高コスパな名店♪

小樽市の歴史的建造物にも指定されている建物「旧塚本商店」。 1920年に建てられた「木骨鉄網コンクリート造」の建物には、3件の飲食店が軒を連ねています。 その中の1件が、今回向かった「cafe色内食堂」さん。 小樽運河からもほど近く、小樽観光の休憩にもピッタリのカフェです! さらには想像以上の素敵な雰囲気!! 早速紹介します♪  

大丸ラーメン

大丸ラーメン/小樽市/地元民に愛されるソウルフードあんかけ焼きそば!大盛なのにヘルシーでペロリ♪

小樽のソウルフード「あんかけ焼きそば」。 『小樽あんかけ焼きそば親衛隊』というHPまでできるくらい、小樽市民に愛されている料理です。 公式HP内には提供店のガイドマップもあり、ご当地グルメとしても認知されていますよね。 地元を盛り上げようと頑張っている方たち 大好きー♡  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.