ププリエ/札幌市/思わず悶絶!看板商品チョコレートケーキのキメと後味が秀逸すぎる…♡

純喫茶、古民家、アンティーク雑貨。
古いものって どうしてあんなに魅力的なのでしょう?

老朽化した建物はどんどん”今風”の建物に姿を変えていき、「味気ない街並み」に寂しさをおぼえる近年…。

そんな気持ちを埋めるかのように
ヨーロッパのCafe風の 黄色い建物に引き寄せられました。

それが、
1978年創業の老舗洋菓子店「PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)」さん。

解き放つクラッシック感がハンパじゃない…!
テイクアウトが中心のようですが、店内のカフェスペースでいただきました(^^)

早速紹介します♪

なんだこのしっとり感とキメは…!
チョコ好きも悶絶の「チョコレートケーキ」

チョコレートケーキ 440円

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

1番人気商品がコレ

ググっ!と舌にさしこむ チョコレートの濃厚さ。
がしかーし、

不思議なほど軽い!!

パサつきが一切なく、たっぷりの水分量で、しっとり♪
昔ながらのチョコレートケーキを彷彿とさせながらも、リッチ感がすごいです。
強い重厚感がありながら、口の中に脂肪分がのこらないし、お腹にもたまらない。

これは間違いなく原材料にこだわっているはず!

【click!】原材料へのこだわりとは?

オーナーパティシエに伺いました。
「繊細なキメは、小麦粉を使わないことで実現。
年々、「自分が美味しいと思うもの」も「流行り」も変わる。
その時 自分がいいと思った材料で、1番いいものを出しています。
最近は スポンジの砂糖を減らし、脂肪分を控えめにしているのだとか。」

オープン当初から看板商品のコチラ。
初期と今では作り方も材料も変え、常にブラッシュアップしているそう。
素材の良さ・熟練の技が、シンプルだからこそ顕著に表れるんですよね。

チョコレートケーキ好きの方は
絶対1度 食べるべき!♡

 

カスタードプリン 350円

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

写真から伝わるでしょうか?

価格が高騰しているこのご時世に、こんなにたっぷり!

贅沢すぎる量の「バニラビーンズ」♡

全面に「たまご感」。
後追いで、しっかり「バニラ」の香りがフワ~♪

ほろ苦カラメルに、固めのテクスチャーの「カスタードプリン」は
懐かしの純素朴系。

ショーケースの一番下にあって目立たないですが…
これはまさに、知る人ぞ知る 隠れた名品です

 

オペラ 480円

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

こちらは新作

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

みっちりクリームが詰まった断面

しっとり生地の「エクレア」。

空間を隙間なく満たすのは
生クリームに カスタードクリームを混ぜ込んだような「コーヒークリーム」。
強すぎず弱すぎず、絶妙なほろ苦さがいい◎

ビターなチョコレートも相まって、コーヒーと相性抜群の逸品!

紅茶とのペアリングもいい感じでした^^

 

ケーキが25種類!人気店の貫録を感じるショーケース

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

イートインの場合もケーキはここで選択

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

ホールで出ているものもカットOK

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

金曜の夜の某ローカル番組で紹介された「BABA(440円)」は土日限定。
看板商品の チョコレートケーキに次いで人気があるのだそう♪

【Click!】BABAとは?

フランスやイタリアのナポリの名物となっている焼き菓子の一種で、生地にシロップとラム酒などを染み込ませ飾りつけたもの。
サバランはババをもとにして作られたケーキ。

アルコールが強いので、運転される方はテイクアウトがおすすめ。

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

価格帯は ほぼ400円台

小さめサイズだけど、食べたらわかる!
質と味で お値段以上の価値を生み出しています◎

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

ドリンクはケーキと一緒で100円引き

ドリンクは全16種類!
ケーキ屋さんのイートインではトップクラスの豊富さではないでしょうか。

自分好みのドリンクと一緒にケーキを楽しんでほしい
という やさしさを感じますね^^

 

ここはパリ?!
クラシックな店内雰囲気も必見

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

純喫茶のようなクラシック感

看板・外観からはじまり、
ドア・入店時のブザー・壁・照明・家具・カウンター席・トイレ etc
目に入るもの全てがクラシック!

テイクアウト客が多かったけれど…
この店内雰囲気を肌で感じながら、ぜひイートインでも味わってほしいな(*^^*)

 

さいごに

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

ここだけパリかのような素敵な外観

お店の場所は地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩約3分。
北大通りと創成川通りのちょうど間くらいのところにあります。

土地柄、北海道大学の外国人学生客が来てくれることも多いのだとか。
当時のエピソードや写真を見せてくれたり…とても可愛がっているのが伝わってきました♡

【click!】店名「ププリエ」とは?

フランス語で「ポプラの木=PEUPLIER(ププリエ)」が由来。
天高く一直線に伸びる幹のように、お菓子に対するまっすぐな想いが込められているのがわかる。

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)/札幌市

創業当時から 今も現役の看板

開店前の、1975年から約3年間 本場フランスで修業を積んだというご主人。
現在は 東京で最先端の味を習得した娘さんが加わり、二人三脚で洋菓子を作っています。

オーナーパティシエのご主人とお話してみて。
洋菓子へのこだわりや想いを語っているときの、熱いまなざしがとっても印象的。

  • スポンジの砂糖を減らす
  • 脂肪分少なめを意識

など、自分の嗜好や 時代の流れに合わせ、常にアップデート!

1978年から40年以上もの間 愛され続ける理由を探るうえで、
この「柔軟性」がキーポイントになっているのは間違いなさそうですね◎

 

 時代に思いをはせながら味わう オトナのための「上質なケーキ」。
オススメです!(*^^*)

 

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)

【住 所】 北海道札幌市北区北12条西2丁目
【電話番号】 011-736-0079
【営業時間】 11:00〜19:00
【定休日】 月曜、第1・第3火曜
【駐車場】 あり 

近くのスポットをチェック

ププリエ/札幌市/思わず悶絶!看板商品チョコレートケーキのキメと後味が秀逸すぎる…♡

純喫茶、古民家、アンティーク雑貨。 古いものって どうしてあんなに魅力的なのでしょう? 老朽化した建物はどんどん”今風”の建物に姿を変えていき、「味気ない街並み」に寂しさをおぼえる近年…。 そんな気持ちを埋めるかのように ヨーロッパのCafe風の 黄色い建物に引き寄せられました。 それが、 1978年創業の老舗洋菓子店「PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)」さん。 解き放つクラッシック感がハンパじゃない…! テイクアウトが中心のようですが、店内のカフェスペース ...

ギャラリー&カフェ樹々/札幌市/できるだけ国産、道産、オーガニック!1000円以下で叶う健康ランチ♪

暑くなったり、涼しくなったり。 気温や天候が変わりやすいこの季節。 なんだか体調がすぐれない… という方もいらっしゃるのでは? 自分で作る気力はないけど、リーズナブルに健康的な食事が食べたい そう思う時、わたしもあります。 でも、「国産・道産・オーガニック」 外食や出来あいのものでさがすと なかなかないし、あっても高いんですよね~。笑 そんな時におすすめなのが「ギャラリー&カフェ 樹々」さん。 健康的なランチをお安く! 早速紹介します♪

パイクイーン/札幌市/北海道の旬フルーツを極限まで活かす!専門店のパイは想像以上のやさしさでした♪

「北海道らしさ」が詰まった手みやげ きっと お探しの方も多いのでは? そんな方にオススメなのが… 北海道産の旬素材を使用した ちょっと珍しい パイの専門店「Pie Queen(パイクイーン)」さん! こちらは2015年にオープンした、焼きたてアップルパイの店「かぐらじゅ」の姉妹店。 今年(2019年)2月に札幌駅近くの「コバルドオリ店」がオープンしたばかりなので、テレビなどで聞いたことがあるという方も多いと思います^^ 早速紹介します♪

藤月/札幌市/40年続くソフトクリームの名店!季節問わずに食べたくなる人気の理由とは?

一時期夏のような暑さだったのに、なかなか気温があがりませんね。 ここ最近 肌寒い日が続いています。 がしかし!もう半月もすると7月なので、そろそろ「ひんやりスイーツ」の気分になっている という方も多いのでは? (そんなわたしもその1人。笑) まだ夏になりきれない この微妙~な時期にぴったりのソフトクリーム、見つけました!(^^) 早速紹介します♪

アウェーコ/札幌市北区/閑静な住宅街の穴場!美味しいパスタと素敵なサービスに触れられる温かいお店

閑静な住宅街に身を隠すようにひっそりと佇む穴場系のお店。 きっと好きな方も多いのではないでしょうか? そんなわたしもその1人。 ネット社会のこの時代に、ホームページもSNSも一切やらず 2008年から長く続く隠れ家的お店が札幌市北区の「JR太平駅」近くにあります。 それが知る人ぞ知る「Restaurantアウェーコ」さん。 このお店の人気の秘密をご紹介します♪  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.