ミライスト/札幌市/生まれ変わった札幌シメパフェ!道産食材とアペロを楽しむ隠れ家のような空間

今回は つい先日6月28日にオープンしたばかり「ミライスト」さんのご紹介!

札幌中心部にある観覧車が目印の「nORBESA(ノルベサ)」1階で4年半営業していた
「MIRAI.ST cafe & kithen(ミライストカフェ&キッチン)」 が名前を新たに移転オープンしたのがこちら。

札幌市時計台から歩いて約3分の駅前通り沿い。
以前にも増して好アクセスな場所に引っ越しました。

人気の「シメパフェ」をはじめ、お食事やお酒が たっぷり楽しめる空間に!

早速紹介します♪

街ナカの隠れ家で
生まれ変わった「シメパフェ」を食す♪

2種のオレンジとチョコレートのパフェ 1200円

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

こちらが看板メニュー

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

繊細な飴細工とピスタチオのグリーンにオレンジが爽やかなビジュアル

フレッシュな「オレンジ」と「ブラッドオレンジのソルべ」がお花のようにトッピングされています。

北海道産生クリームでつくられたクッキー&クリームの層は
空気をたっぷり含んでいて、フワフワ~♪

スプーンを進めていくとベルギーチョコのアイスクリームの層に突入。
中からごろっと出てきた サイコロ状の「自家製ブラウニー」は
2cm角ほどある大ぶりサイズで食べ応えアリ◎

上から下まで合わせて頬張ると
「オランジェット」を食べているかのよう♡

濃厚カカオの本場のチョコレートを使うことで
少しビターな大人味に仕上がっていました^^

 

ソフトクリーム(北海道メロンミックス) 500円
アイスアールグレー 500円

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

季節限定フレーバー「北海道メロン&ミルク」

濃厚クリーミーだけど 後味はサッパリ!

その理由とは…
道東・標茶町北川牧場のブラウンスイス牛の 良質なミルクを使用しているから。
みるみる溶けていくところを見ると乳化剤などが少なそう。

味は生クリームのような深いコクが主体ですが、後味はさっぱりキレあり。
パフェとしても味わってみたいですね♪

 

北海道の厳選素材をつかった ここだけのメニュー

スイーツ・フード

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

季節限定スイーツメニュー

  • 2種のオレンジとチョコレートのパフェ 1200円
  • ミライストブレンドの珈琲パフェ 900円
  • 浦河のいちごのアイスとベリーのパフェ 1500円
  • 季節のソフトクリーム(北海道メロンor北海道メロンミックス) 500円

 

この他「本日のメニュー」もあるようです。

参考までに、おとといの公式Instagramに投稿されたメニューがこちら ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BARさん(@_miraist_)がシェアした投稿 -

本日(6月29日)のメニュー

  • ガトーショコラ 400円
  • カヌレ 300円
  • BLTサンド 580円
  • たまごサンド 500円
  • 季節のフルーツサンド「まるごとゴールデンキウイ」 800円
  • 季節の自家製フルーツサワー「ピンクグレープフルーツ」 700円  etc

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

通常スイーツメニュー

  • 道産卵とジャージー牛乳のブリュレフレンチ 800円
  • 本日のケーキと焼き菓子
  • 標茶北川牧場のプレミアムソフトクリーム 400円
  • 美瑛のジャージー牛乳プリン 380円
    ※「ブリュレフレンチ」以外はドリンクとの注文必須。

 

道東「浦河町」の苺のアイスを取り入れたシメパフェや、「道産卵とジャージー牛乳のブリュレフレンチ」など
随所に北海道の厳選素材を使用。

珍しいメニュー発見!
それが、スイーツ・フルーツが4品いっぺんに楽しめるという「スイーツアペロセット」♡

【click!】「アペロ」とは?

「アペロ」とは食前酒、アペリティフの略称で、おつまみと一緒に軽くお酒を飲むスタイルのこと。
フランス人が夕食前に過ごすリラックスタイムで日本にはない食文化。

このくらい軽いと、普段お酒を飲まない方も取り入れやすいですね。
パリジャンになった気分で ぜひオーダーしてみて^^

 

ドリンク

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

コーヒーは椿珈琲のスペシャリティコーヒーを使用しハンドドリップにこだわる

トッピングリキュール?!

なるほど!
ドリンクに手軽なプラス料金でお酒がトッピングできるんですね♪

  • プラス100円 → ウイスキー、ダークラム、アマレット、コアントロー、ココナッツ
  • プラス150円 → ブランデー、ノチェロ、ゴディバ

お酒が好きな方はもちろん、苦手な方も これくらいならチャレンジしやすいのでは?
わたしもお酒は苦手なのですが…
ほんのりお酒が効いたスイーツは好きなので、このシステムは嬉しい(*^^*)

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

アルコールメニューにも北海道のものがちらほら

お酒の種類が豊富!
「北海道麦酒醸造のフルーツビール(900円)」が気になる~♪

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

BARさながらの本格的なオリジナルカクテルも

他店にはないようなメニューが盛りだくさんで、いつもとは違う特別な時間が過ごせそう☆

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

移転前同様、もちろんWi-Fiも完備

カウンター席にはコンセントもあったのでパソコン作業にも◎

 

喧騒を忘れてゆっくりできるオシャレな店内

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

すぐ左手にはカウンター席とテーブル席

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

仕切りの向こうに

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

4人掛けテーブル席が4卓、一番奥にもカウンター席

席はたっぷり40席。

移転前の明るい感じとはうって変わり
アクセントカラーのターコイズブルー以外は全て落ち着いた配色。
夜にもぴったりのリラックスできる空間でした。

 

 

さいごに

お店の場所は、札幌市時計台から歩いて3分。
札幌駅前通と北1条宮の沢通の交差点北東角にある「敷島北1条ビル」の地下1階。

大通駅からも札幌駅からも徒歩圏内なのがとっても便利!

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

ビルは札幌駅前通地下歩行空間9番出口のすぐ目の前

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

階段を降りて看板通りに奥へ進んでください

今や、全国に広がりをみせる「札幌シメパフェ」。
前身「MIRAI.ST cafe&kitchen(ミライストカフェ&キッチン)」
その発端だということはご存知の方も多いはず。

 

ミライスト CAFE×SWEETS×BAR/札幌市中心部

ソフトクリームに新鮮な牧場ミルクを使っていたり
厳選した北海道の食材を使用したメニューがあったり、北海道のお酒が豊富だったり…
「北海道の美味しい」を発信したい
という気持ちが ほんとうに強い。

何を隠そう
こちらを運営する「クリプトン・フューチャー・メディア株式会社」の社長 伊藤博之さんの出身地は
道東 標茶町なのです!

今後も北海道から新たな「スイーツ文化」を生み出してほしいですね。

街中の隠れ家で、生まれ変わった「元祖シメパフェ」を
あなたも味わってみては?(*^^*)

 

ミライスト

【住 所】 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番地
【電話番号】 011-251-0390
【営業時間】 11:00~23:00(金土は24:00、日は21:00まで)
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし
【公式HP】  https://miraist.com/
【Facebook】 https://www.facebook.com/cfm.miraist
【Instagram】 https://www.instagram.com/_miraist_/

近くのスポットをチェック

”すすきの”に点在する歴史の痕跡を巡る旅「すすきのナイトツアー」!

今回お送りするのは「鴨々川ノスタルジア実行委員会」が主催する「すすきのナイトツアー」の参加体験レポ。 すすきのといえば、北海道一の歓楽街! 多数の飲食店や風俗店などが軒を連ねる眠らない町です。 そんな すすきの でナイトツアーって…、とても楽しそうなイメージがありませんか?笑 しかし、このツアーのメインは主に歴史。 この町がたどってきた歴史の片鱗に触れることのできる興味深いツアーです。 本記事を読むだけでも、知られざる「すすきの」の歴史に出会えるかも知れませんよ!  

Oeufs (ウフ)/札幌市/料理研究家が作るオムライスはふわとろ新食感!プリンアラモードセットで週末だけの贅沢を♡

ライスをくるっと包むタイプ 上にとろとろ卵をのせるオープンタイプ あなたはどちらの「オムライス」が好きですか? どちらも魅力的で選べない!w そんなあなたにオススメしたいのが… 2018年11月オープン「Kitchen Oeufs (キッチン うふ)」さんのオムライス。 こちらは金・土・日のみ営業の、レアな「卵料理専門店」です。 包むタイプの見た目と、オープンタイプの食感が同時に?! 新感覚もさることながら 美味しさもスゴいんです…!♡ 早速紹介します♪

tailor(テーラー)/札幌市/しっとり自家製レモンケーキ♪生果汁の贅沢をクリーミーシックな空間で

「レモンケーキ」 この響きを聞くだけで妙にそそられるのはわたしだけでしょうか。 レモン自体は滅多に食べないけれど、お菓子になると別。 とたんに強い魅力を発揮してくるんですよね。笑 そんなレモンケーキを代名詞とするカフェ。 それが、2018年4月 創成川イーストにオープンした「tailor(テーラー)」さん。 念願かなって ついに初訪問です! 早速紹介します♪

イオマーレ/札幌市/値上げの波に逆らう超高コスパランチ発見!牛筋ハヤシライスが絶品でした♪

「原材料価格高騰により やむを得ず値上げさせていただきます」 最近よく目にするこの文句。 気づいたら量が減っていたり、原材料が変わっていたり… 日々の生活の中でも じわり、じわりと静かに値上げの波がきているのを感じますよね。 そんな荒波に果敢に立ち向かう! 超 高コスパランチ 見つけちゃいました…! それが札幌中心部にある「IOMARE(イオマーレ)」さん。 狸小路1丁目に隣接していて アクセスも抜群◎ 早速紹介します♪

コーヒープラザ西林/札幌市/破壊力抜群のボリュームサンドイッチ!昭和レトロな喫茶店でリーズナブルにランチ♪

この日の週末は大通付近でお昼ごはん。 今回は「4丁目プラザ」地下2階にある「コーヒープラザ西林」さんへ! いつか行ってみたいと思っていた老舗の喫茶店です。 早速ランチ紹介します♪  

ミライスト/札幌市/生まれ変わった札幌シメパフェ!道産食材とアペロを楽しむ隠れ家のような空間

今回は つい先日6月28日にオープンしたばかり「ミライスト」さんのご紹介! 札幌中心部にある観覧車が目印の「nORBESA(ノルベサ)」1階で4年半営業していた 「MIRAI.ST cafe & kithen(ミライストカフェ&キッチン)」 が名前を新たに移転オープンしたのがこちら。 札幌市時計台から歩いて約3分の駅前通り沿い。 以前にも増して好アクセスな場所に引っ越しました。 人気の「シメパフェ」をはじめ、お食事やお酒が たっぷり楽しめる空間に! 早速紹介します♪

和中華と麺 丹陽/札幌市/超高コスパ!何でも美味しい!予約しなきゃ入れないカウンター席のみのお店

わたしが記事をかかせていただいている某グルメマガジン。 その仲間の方が声をかけてくれ、5人で食事してきました! 伺ったのは「和中華と麺 丹陽(たんよう)」さん♪ わたしの記事では珍しい、すすきのにあるお店です! 予約来店のみ受付となりますが、間違いない美味しさでしたー!♡ 早速紹介します♪  

森のリス/札幌市/世界一のソフトクリームが半額?!限定「黒いソフト」がお値段以上のリッチな味わい!

道東「網走市」に世界一のジェラート専門店があるのを あなたはご存知でしょうか? 本場イタリアのジェラート国際大会で日本人初の1位を獲得したのが、網走市にある「Rimo(旧:リスの森)」の店長 高田 聡さん。 その世界一のジェラート職人がプロデュースするお店「森のリス(MORI NO RISU)」さんが、今年(2019年)2月、 札幌中心部にオープンしていたのです! ここ数日間は 急に土砂降りになったり、じめじめしたり天気が不安定… モヤモヤ気分を 美味しいソフトクリームで吹き飛ばしましょう♪ ※最後にお得 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.