和中華と麺 丹陽/札幌市/超高コスパ!何でも美味しい!予約しなきゃ入れないカウンター席のみのお店

わたしが記事をかかせていただいている某グルメマガジン。
その仲間の方が声をかけてくれ、5人で食事してきました!

伺ったのは「和中華と麺 丹陽(たんよう)」さん♪
わたしの記事では珍しい、すすきのにあるお店です!
予約来店のみ受付となりますが、間違いない美味しさでしたー!♡

早速紹介します♪

 

中華料理よりはるかに軽い!和中華という新ジャンルのお料理

これだけでも十分に満足できる!バラエティ豊かな前菜たち!

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

こちらは、基本店主さんにおまかせのスタイル
特にメニューはありません。

まず登場したのは「海老の紹興酒漬け」「クラゲ」
紹興酒が程よく香り、海老がとてもジューシー!
コリコリ加減がものすごいクラゲは、胴体の部分を使用しているからなのだとか。
食感好きにはたまらない一品です♪

なお今回は、お料理込みのコース。
ソフトドリンク飲み放題付きで4000円、
アルコール飲み放題付きで5000円(だったはず…)でした。
(※人数・お料理の内容により料金は変わります。)

もちろんわたしだけ、いつも通りのソフトドリンク(ウーロン茶)。笑

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

ふんわり柔らかに仕上げられた鶏肉にピリッと辛いソース。これはお酒が進みそう

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

もやし・にんじんなどを湯葉で巻き、焼いたもの。店主さん曰く精進料理の1つなんだとか。パリっと香ばしい湯葉の食感に、黒いつぶは「とんぶり」。

+ 【CHECK!】とんぶりとは?

とんぶりは、アカザ科ホウキギ属の一年草であるホウキギ(ホウキソウ、ホウキグサ)の成熟果実を加熱加工した物の、日本語での名称。 日本では古来、民間療法で用いる生薬の一つであったが、現代では日本文化における食品の一つとして用いられることが多くなった。

※ Wikipediaより引用。

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

ホタテとホタテの貝柱で味付けされた菜の花。深い深いお出汁でやさしくて濃厚◎キリっと苦味のある菜の花は国産のもの。

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

みじん切りの野菜やきのこにおおわれた「砂肝」。コリコリしすぎず優しめで少々上品な歯ざわり◎ピリ辛でお酒に進みそうな味。

 

お手頃なコースにもかかわらず産地にもしっかりとこだわりが。
店主の真面目なお人柄をかんじますね(^^)

 

もちろんメインもバツグンの旨さ!

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

「お米が食べたい♪」というわたしのリクエストに、
「いいっすよー、チャーハンでも作りましょうか^^」
と、出してくれたのがこちらの「蟹チャーハン」

なんとコレ! 根室産の花咲ガニ なんです!!
花咲ガニのチャーハンなんてとても贅沢!もちろんお初です☆
調理前にチラっと真っ赤な甲羅を見せてくださるという そのサービス精神もうれしい♪

ごく薄味で蟹のうま味が米にいきわたってる~!
先ほどの砂肝の味をひきたてるよう考えられているのがよーくわかる。
白飯でもいいかな~って思っていたけれど、このチャーハンは大歓迎♡

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

続いて出てきたのは「ザーサイと菜ばなの炒め物」

すべての食材にシャキシャキ感が残っており、食事の後半でもさらりと美味しくいただけました。

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

何が食べたいか聞かれたので、中華料理ではハズせない「麻婆豆腐」をオーダー

お豆腐のタイプ(木綿 or 絹ごし)を尋ねられ、
木綿派と絹ごし派に分かれたので…ブレンドで作ってくれました。笑

辛さ控えめで作ってくれたそうですが、後からググっと辛さがくる本格派◎
辛さの中にもちゃーんとうま味があり、唐辛子入り自家製ラー油で調節することも可。

切りたての長ネギ・花椒をプラスすると痺れも味わえ、
少し残っていたチャーハンに乗せてもまたウマい!

 

〆は大人気アイドルグループのアノ人も食べたという自慢のラーメン!

何をかくそうこちらの店主さんは
あの有名ラーメン店「雪風」を立ち上げ、10年以上にわたってまかされていたという腕の持ち主なのです☆

またスープの種類がとても豊富。
話題のアイドルグループ「嵐」「大野智さん」も食べたという「濃厚味噌」に始まり、

  • 鶏白湯塩・醤油・豚骨・味噌
  • 鶏清湯塩・醤油・豚骨・味噌
  • 貝(アサリorホタテorアサリ&ホタテ)出汁鶏白湯塩・醤油・味噌
  • 貝(アサリorホタテorアサリ&ホタテ)出汁鶏清湯塩・醤油・味噌
  • 担々麺
  • あんかけラーメン  erc…

 

スープの種類が多すぎて選べない…^^;

しかも「5人全員違う味でもいいですよ」という素敵なお言葉まで…!
本当、どこまでサービス精神旺盛なの?!

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

厚岸のアサリとまだ生きてるホタテの稚貝!

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

貝出汁(アサリ&ホタテ)清湯・塩

自分のファーストインプレッションを信じ、
見るからに活きの良い「貝出汁(アサリ&ホタテ)清湯・塩」に決定!

麺は「30g・50g・70g」と、
20gきざみに調整ができるというのもこれまたうれしい心遣い。
みなさん30gでのオーダーでしたが、わたしはよくばって50gに!♪

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

ザ・札幌ラーメンな中太縮れ麺

鶏の澄んだスープに貝2種のエキスがたっぷり溶けだしてる!!

あっさり さっぱりで〆ラーに最高!♡
あ~幸せーー(#^^#)

 

雪風時代の濃厚味噌のスープも味見させてもらいました。
トロみがあり超濃厚~なのに後味さっぱり!
こんなに美味しいスープなら、嵐の大野さんもきっと満足してもらえたのでは?と思いました!!

 

店主さんおすすめのノンアルスパークリング

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

ウーロン茶しか飲んでいないわたしに気を遣ってくださったのか
「これは食事の邪魔をしない、食事に合うノンアルコールスパークリングだから試しに飲んでみて」
と、またもや粋なはからい!

飲んでみるとイヤな甘さがほとんどなく、本当に食事に合うんです♪
おいしい、おいしいと絶賛していると
売っているお店やお値段までサラサラ~っと教えてくれちゃったり。

美味しいだけじゃない。
接客も神対応で「また来たい!」
何度も思わせてくれる素晴らしい店主さんでした。

 

店内はカウンター9席のみ

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

「きめ細かくお客様のオーダーに答えたくて始めたお店」
とおっしゃるのがよくわかるこのキャパ。

ビールをはじめたくさんの種類のお酒が飲み放題。
ビールは(確か)クラシックかアサヒの2種類からお好みを選べます。

 

さいごにお店の場所をご紹介

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

第5桂和ビル

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

「夜のしげぱん」と同じ1階にあります

場所はすすきの。
地下鉄「すすきの駅」から36号線沿いを西へ向かい、
駐車場「ジャンボ1000」から左折したところにあるビルの1階。

「丹陽」さんのお料理は油が少なくてヘルシーでありながら、
どれも物足りなさがないのがスゴイ☆
いい意味で中華料理っぽくない優しさあふれる「和中華料理」です。

 

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

和中華と麺 丹陽/札幌市すすきの

席につくやいなや、実に細やかな配慮とサービスを提供するご主人。
こういうお店がやりたいために、2016年9月にこちらをOPEN!

完全予約制でこの人気・規模だからこそできる
低価格で良質なサービス「和中華と麺 丹陽」さん。

どのお料理も美味しくて久々に
胃がはちきれそうなくらい食べすぎてしまった…^^;

 

わざわざ予約して何度でも行きたくなる素敵なお店!♡

 

和中華と麺 丹陽(たんよう)

【住 所】 北海道札幌市中央区南5条西6丁目 第5桂和ビル 1階
【電話番号】 011-596-7397
【営業時間】 18:00~店主次第
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし

 

近くのスポットをチェック

”すすきの”に点在する歴史の痕跡を巡る旅「すすきのナイトツアー」!

今回お送りするのは「鴨々川ノスタルジア実行委員会」が主催する「すすきのナイトツアー」の参加体験レポ。 すすきのといえば、北海道一の歓楽街! 多数の飲食店や風俗店などが軒を連ねる眠らない町です。 そんな すすきの でナイトツアーって…、とても楽しそうなイメージがありませんか?笑 しかし、このツアーのメインは主に歴史。 この町がたどってきた歴史の片鱗に触れることのできる興味深いツアーです。 本記事を読むだけでも、知られざる「すすきの」の歴史に出会えるかも知れませんよ!  

Oeufs (ウフ)/札幌市/料理研究家が作るオムライスはふわとろ新食感!プリンアラモードセットで週末だけの贅沢を♡

ライスをくるっと包むタイプ 上にとろとろ卵をのせるオープンタイプ あなたはどちらの「オムライス」が好きですか? どちらも魅力的で選べない!w そんなあなたにオススメしたいのが… 2018年11月オープン「Kitchen Oeufs (キッチン うふ)」さんのオムライス。 こちらは金・土・日のみ営業の、レアな「卵料理専門店」です。 包むタイプの見た目と、オープンタイプの食感が同時に?! 新感覚もさることながら 美味しさもスゴいんです…!♡ 早速紹介します♪

tailor(テーラー)/札幌市/しっとり自家製レモンケーキ♪生果汁の贅沢をクリーミーシックな空間で

「レモンケーキ」 この響きを聞くだけで妙にそそられるのはわたしだけでしょうか。 レモン自体は滅多に食べないけれど、お菓子になると別。 とたんに強い魅力を発揮してくるんですよね。笑 そんなレモンケーキを代名詞とするカフェ。 それが、2018年4月 創成川イーストにオープンした「tailor(テーラー)」さん。 念願かなって ついに初訪問です! 早速紹介します♪

イオマーレ/札幌市/値上げの波に逆らう超高コスパランチ発見!牛筋ハヤシライスが絶品でした♪

「原材料価格高騰により やむを得ず値上げさせていただきます」 最近よく目にするこの文句。 気づいたら量が減っていたり、原材料が変わっていたり… 日々の生活の中でも じわり、じわりと静かに値上げの波がきているのを感じますよね。 そんな荒波に果敢に立ち向かう! 超 高コスパランチ 見つけちゃいました…! それが札幌中心部にある「IOMARE(イオマーレ)」さん。 狸小路1丁目に隣接していて アクセスも抜群◎ 早速紹介します♪

コーヒープラザ西林/札幌市/破壊力抜群のボリュームサンドイッチ!昭和レトロな喫茶店でリーズナブルにランチ♪

この日の週末は大通付近でお昼ごはん。 今回は「4丁目プラザ」地下2階にある「コーヒープラザ西林」さんへ! いつか行ってみたいと思っていた老舗の喫茶店です。 早速ランチ紹介します♪  

ミライスト/札幌市/生まれ変わった札幌シメパフェ!道産食材とアペロを楽しむ隠れ家のような空間

今回は つい先日6月28日にオープンしたばかり「ミライスト」さんのご紹介! 札幌中心部にある観覧車が目印の「nORBESA(ノルベサ)」1階で4年半営業していた 「MIRAI.ST cafe & kithen(ミライストカフェ&キッチン)」 が名前を新たに移転オープンしたのがこちら。 札幌市時計台から歩いて約3分の駅前通り沿い。 以前にも増して好アクセスな場所に引っ越しました。 人気の「シメパフェ」をはじめ、お食事やお酒が たっぷり楽しめる空間に! 早速紹介します♪

和中華と麺 丹陽/札幌市/超高コスパ!何でも美味しい!予約しなきゃ入れないカウンター席のみのお店

わたしが記事をかかせていただいている某グルメマガジン。 その仲間の方が声をかけてくれ、5人で食事してきました! 伺ったのは「和中華と麺 丹陽(たんよう)」さん♪ わたしの記事では珍しい、すすきのにあるお店です! 予約来店のみ受付となりますが、間違いない美味しさでしたー!♡ 早速紹介します♪  

森のリス/札幌市/世界一のソフトクリームが半額?!限定「黒いソフト」がお値段以上のリッチな味わい!

道東「網走市」に世界一のジェラート専門店があるのを あなたはご存知でしょうか? 本場イタリアのジェラート国際大会で日本人初の1位を獲得したのが、網走市にある「Rimo(旧:リスの森)」の店長 高田 聡さん。 その世界一のジェラート職人がプロデュースするお店「森のリス(MORI NO RISU)」さんが、今年(2019年)2月、 札幌中心部にオープンしていたのです! ここ数日間は 急に土砂降りになったり、じめじめしたり天気が不安定… モヤモヤ気分を 美味しいソフトクリームで吹き飛ばしましょう♪ ※最後にお得 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.