カフェラバスティーユ/札幌市/クラシックな焼きプリンにじっくり浸る。一人でも行きやすい街中穴場カフェ♪

札幌中心部で 友人と、はたまた一人でランチした後、
「ちょっとゆっくりお茶したいなぁ」
って思うこと きっとあなたもあるのでは?

そういう時に限って、行きたいお店はたくさんあるはずなのに出てこなーい…。
わかります。いつもならパッと出てくるのに なぜか出てこないんですよね。笑

友達といるときは特に、早く決めなきゃ
と焦って、なおさら出てこなかったり^^;

「お店わかんないし、ココ(近くのお店)入ろっか…」

ちょーっと待った!

せっかくのチャンスなのに 妥協しないでほしいんです!
そんな時に覚えていると便利なお店、紹介させてください♪

おすすめポイント満載の老舗カフェ「Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)」さん。

早速くわしく紹介します^^

看板商品「レアチーズケーキ」もいいけど
クラシックな「固めプリン」も絶品なんです

焼きプリン 500円・紅茶 350円

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

角がしっかりと立った、端正な四角いフォルム

ズバリ!
大事に味わいたい 素朴なおいしさ。

昔ながらの固めプリン好きにはたまらないタイプ。
甘さ控えめでたまご感強めの、シンプルな味。

そのままでも充分美味しいですが、
程よいあまさの「生クリーム」、ふんわりほろ苦い「カラメルソース」をつけると
より一層 紅茶に合う◎

ひとくち、ひとくち、大切に。
普段より 自然とゆっくり味わっている自分に気づきました。

じっくり、浸る。

そんな言葉がぴったりなプリン。

 

レアチーズケーキ 550円

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

こちらはきっとご存知の方も多いはず。
1991年のオープン当初から愛され続けている、1番人気メニューです。

一見アイスクリームのような見た目の「レアチーズケーキ」は、ふわっと空気を含んだエアリーな食感でチーズの風味もしっかり。
甘酸っぱいブルーベリーソースがチーズのうま味をさらに引き立て、相性抜群!

ちょっと多いかな?と思うかもしれませんが、ペロリと食べられる軽さも◎

 

ドリンクはもちろん トーストも充実のメニューがこちら

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

トーストメニュー

  • 厚切りトースト 400円
  • 林檎のトースト 550円
  • レアチーズとトースト 550円
  • クロックムッシュ 550円
  • チーズトースト 600円
  • BLTサンド 650円

個人的におすすめなのが「レアチーズとトースト(550円)」

同店の代名詞「レアチーズケーキ」が半分と、「トースト(1枚)」がセットになった欲張りメニュー。
軽めのランチや小腹が空いた時にも もってこいなんです。

カフェ・ラ・バスティーユらしさ と、喫茶店らしさ が同時に味わえるなんて…

贅沢すぎ!

初来店の方にもおすすめですよ♡

ケーキメニュー

  • レアチーズケーキ 550円
  • ガトーショコラ 550円
  • 焼きプリン 500円
  • 本日のケーキ 500~650円(この日はブランマンジェ 550円)

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

コーヒー、紅茶以外のドリンクメニューも豊富

もちろんフードだけでなく、コーヒーも本格派。

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

お酒もたっぷり 取り揃えています

アルコールメニュー

  • ビール(4種)
  • ワイン(グラス/ボトル)
  • ウィスキー(3種)
  • カクテル(11種)

ヴェデット ホワイト、デュベル、オルヴァルと3種のベルギービールがあったり、ワインのボトルがあったり、飲食店さながらの充実度!

カフェでお酒をたしなむ、というのも たまにはいいのではないでしょうか?^^

 

レトロで味のある ヨーロッパ調の店内

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

外国のお店ような質感の壁と、レトロ色を醸し出すイス&テーブル

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

クルっと仕切りがついたこちらの3人掛け席は、部屋の中にいるような感覚で、とても落ち着けます。

この小窓がまた、いい雰囲気なんですよねー^^
向こうに見える 一枚板のカウンター席も素敵。

それもそのはず、
こちらのヨーロッパ風の隠れ家のような店内は、あの「アトリエテンマ」がデザインしたのだとか。

【click】アトリエテンマとは?

  • 椿サロン
  • 円山ぱんけーき本店
  • La BRIQUE (ラ ブリック)
  • 博多ぶあいそ別邸

など、数々の建築を手掛ける 札幌のデザイン・設計会社。

 

程よい音量のジャズに、この空間…
思わず時間を忘れ、1人でもゆっくりくつろげる居心地の良さも大きな魅力!

 

さいごに

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

お店は、テレビ塔からすぐ。
まるいパーキングの裏手の通りのビルの1Fに ひっそりと佇んでいます。

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)/札幌市中心部

この赤い屋根が目印

大通駅からもすぐという好アクセスな場所にもかかわらず、いつもゆったりした空気が流れている貴重なお店「Cafe La BASTILLE(カフェ ラ バスティーユ)」さん。
外観も 味があっていいんですよね。

創業1991年ともうすぐ30年選手で、カフェの中ではもうかなりの老舗。
これからも永く続いていってほしいなぁ。

  • お買い物の休憩に
  • 待ち合わせまでのちょっとした時間に
  • 食後のデザートに
  • 会社帰りの夜cafeに

とても居心地がいいので、ぼーっとしたい時や読書にもぴったり◎

マチナカで行くお店に困ったときも!
ぜひ行ってみてくださいね(*^^*)

 

Cafe la BASTILLE(カフェラバスティーユ)

【住 所】 北海道札幌市中央区大通西1 大通KHビル 1F
【電話番号】 011-241-5553
【営業時間】 12:00~22:00
【定休日】 月曜
【駐車場】 なし
【Facebook】 https://www.facebook.com/cafe.la.bastille/

近くのスポットをチェック

”すすきの”に点在する歴史の痕跡を巡る旅「すすきのナイトツアー」!

今回お送りするのは「鴨々川ノスタルジア実行委員会」が主催する「すすきのナイトツアー」の参加体験レポ。 すすきのといえば、北海道一の歓楽街! 多数の飲食店や風俗店などが軒を連ねる眠らない町です。 そんな すすきの でナイトツアーって…、とても楽しそうなイメージがありませんか?笑 しかし、このツアーのメインは主に歴史。 この町がたどってきた歴史の片鱗に触れることのできる興味深いツアーです。 本記事を読むだけでも、知られざる「すすきの」の歴史に出会えるかも知れませんよ!  

Oeufs (ウフ)/札幌市/料理研究家が作るオムライスはふわとろ新食感!プリンアラモードセットで週末だけの贅沢を♡

ライスをくるっと包むタイプ 上にとろとろ卵をのせるオープンタイプ あなたはどちらの「オムライス」が好きですか? どちらも魅力的で選べない!w そんなあなたにオススメしたいのが… 2018年11月オープン「Kitchen Oeufs (キッチン うふ)」さんのオムライス。 こちらは金・土・日のみ営業の、レアな「卵料理専門店」です。 包むタイプの見た目と、オープンタイプの食感が同時に?! 新感覚もさることながら 美味しさもスゴいんです…!♡ 早速紹介します♪

tailor(テーラー)/札幌市/しっとり自家製レモンケーキ♪生果汁の贅沢をクリーミーシックな空間で

「レモンケーキ」 この響きを聞くだけで妙にそそられるのはわたしだけでしょうか。 レモン自体は滅多に食べないけれど、お菓子になると別。 とたんに強い魅力を発揮してくるんですよね。笑 そんなレモンケーキを代名詞とするカフェ。 それが、2018年4月 創成川イーストにオープンした「tailor(テーラー)」さん。 念願かなって ついに初訪問です! 早速紹介します♪

イオマーレ/札幌市/値上げの波に逆らう超高コスパランチ発見!牛筋ハヤシライスが絶品でした♪

「原材料価格高騰により やむを得ず値上げさせていただきます」 最近よく目にするこの文句。 気づいたら量が減っていたり、原材料が変わっていたり… 日々の生活の中でも じわり、じわりと静かに値上げの波がきているのを感じますよね。 そんな荒波に果敢に立ち向かう! 超 高コスパランチ 見つけちゃいました…! それが札幌中心部にある「IOMARE(イオマーレ)」さん。 狸小路1丁目に隣接していて アクセスも抜群◎ 早速紹介します♪

コーヒープラザ西林/札幌市/破壊力抜群のボリュームサンドイッチ!昭和レトロな喫茶店でリーズナブルにランチ♪

この日の週末は大通付近でお昼ごはん。 今回は「4丁目プラザ」地下2階にある「コーヒープラザ西林」さんへ! いつか行ってみたいと思っていた老舗の喫茶店です。 早速ランチ紹介します♪  

ミライスト/札幌市/生まれ変わった札幌シメパフェ!道産食材とアペロを楽しむ隠れ家のような空間

今回は つい先日6月28日にオープンしたばかり「ミライスト」さんのご紹介! 札幌中心部にある観覧車が目印の「nORBESA(ノルベサ)」1階で4年半営業していた 「MIRAI.ST cafe & kithen(ミライストカフェ&キッチン)」 が名前を新たに移転オープンしたのがこちら。 札幌市時計台から歩いて約3分の駅前通り沿い。 以前にも増して好アクセスな場所に引っ越しました。 人気の「シメパフェ」をはじめ、お食事やお酒が たっぷり楽しめる空間に! 早速紹介します♪

和中華と麺 丹陽/札幌市/超高コスパ!何でも美味しい!予約しなきゃ入れないカウンター席のみのお店

わたしが記事をかかせていただいている某グルメマガジン。 その仲間の方が声をかけてくれ、5人で食事してきました! 伺ったのは「和中華と麺 丹陽(たんよう)」さん♪ わたしの記事では珍しい、すすきのにあるお店です! 予約来店のみ受付となりますが、間違いない美味しさでしたー!♡ 早速紹介します♪  

森のリス/札幌市/世界一のソフトクリームが半額?!限定「黒いソフト」がお値段以上のリッチな味わい!

道東「網走市」に世界一のジェラート専門店があるのを あなたはご存知でしょうか? 本場イタリアのジェラート国際大会で日本人初の1位を獲得したのが、網走市にある「Rimo(旧:リスの森)」の店長 高田 聡さん。 その世界一のジェラート職人がプロデュースするお店「森のリス(MORI NO RISU)」さんが、今年(2019年)2月、 札幌中心部にオープンしていたのです! ここ数日間は 急に土砂降りになったり、じめじめしたり天気が不安定… モヤモヤ気分を 美味しいソフトクリームで吹き飛ばしましょう♪ ※最後にお得 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.