クプクプカフェ/苫小牧市/超穴場!住宅街にひっそりとたたずむ本格沖縄料理が堪能できるお店♪

苫小牧市にある沖縄料理のお店
「クプクプカフェ(Kupu Kupu Cafe)」さん。

住宅街の中にあるお店で、近所の方でも気付かないのでは?
と思うほどの、ひっそりと目立たない外観。
穴場感満載なこちらのお店、早速紹介します♪

 

「ソーキそば(大)」1300円

クプクプカフェ/苫小牧市

蕎麦とうどんの中間くらいの太い麺で、
見た目のインパクト通り弾力が強くてもっちもち!

透き通るスープはひたすら優しいお味。
微かな塩味にたっぷりのお出汁が出ています。

お肉は大きめの塊が3つも乗ってて、
お箸で触れただけで骨からはずれるほどホロホロ♡
甘じょっぱい味付けが沖縄っぽい~

 

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

麺の単品だと足りないかなと思い、普段は頼まない『大』サイズを注文w
腹ペコ時はすぐにお腹が膨れるので、案の定ちょっと多かったです^^;
が、味を変えつつなんとか完食◎
気持ちが温まるような優しい美味しさでした✿

 

「月替わりのランチ」1600円

クプクプカフェ/苫小牧市

こちらは品数豊富な沖縄料理満載の月替わりランチセット。

 

黒紫米のぞうすい&ジーマーミ豆腐の揚げ出し

クプクプカフェ/苫小牧市

薄味だけど出汁が効いてる◎
卵と小葱が程よいアクセントになっていました。

奥に見える「ジーマーミ豆腐の揚げ出し」は、
独特のもっちり感と落花生のクリーミー感♪

 

島人参のチャンプル

クプクプカフェ/苫小牧市

ツナの様なものが全体に混ざっていて、懐かしいようなほっとする味です。

 

田作り、結び昆布、カステラかまぼこ

クプクプカフェ/苫小牧市

1月ということでお正月らしいラインナップ。

 

田いものから揚げ

クプクプカフェ/苫小牧市

地味ーな見た目だけど、
里芋とじゃがいもの間のような
トロみのある食感で美味でした!

 

食後にはデザートとコーヒー

クプクプカフェ/苫小牧市

沖縄産マンゴーをはじめとするフルーツにほんのり甘いジュレ。
上にはヨーグルトと沖縄産ドラゴンフルーツのソースがかかっていました。

 

クプクプカフェ/苫小牧市

マンゴーが甘くてまろやか!!
爽やかでうまし♡

コーヒーはアメリカン位の濃さ
ミルで手挽きして淹れてくれますよ^^

 

メニュー表を確認

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

各チャンプルのセットなども。
単品でも注文可能。

 

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

沖縄風ドーナッツ「サーターアンダギー」のテイクアウトも可。
手作りで1時間程かかるので、お食事の注文時に頼んでおきましょう◎

 

店内の様子と外観

クプクプカフェ/苫小牧市

クプクプカフェ/苫小牧市

亡くなられたご主人が20年ほどかけて集められた
蝶々の標本が所狭しと飾られています。
その数なんと約5500匹!!

ちなみに店名の「クプクプ」は
「蝶」を意味するインドネシアの言葉だそう。

 

クプクプカフェ/苫小牧市

沖縄の蝶がほとんどでした。

 

クプクプカフェ/苫小牧市

立て看板などはなく、入口の前に立つまで本当にわかりずらかったです。

夜だったら見つけられなかったかも‥

 

クプクプカフェ/苫小牧市

住宅街にひっそりと佇んでいて超穴場な「クプクプカフェ」さん。
地元が苫小牧でも知らない人がたくさんの『知る人ぞ知るお店』。
ですが、移転前も入れるともう15年も前から営業しているのだそう!

この穴場感がたまらない♡ オススメですヽ(*´∀`)

 

クプクプカフェ(Kupu Kupu Cafe)

【住 所】 北海道苫小牧市美原町3-11-18
【電話番号】 0144-67-6575
【営業時間】 11:00~14:30
【定休日】 木曜
【駐車場】 あり
【注 意】 ※小学生以下のお子様は同伴不可。

 

近くのスポットをチェック

クプクプカフェ/苫小牧市/超穴場!住宅街にひっそりとたたずむ本格沖縄料理が堪能できるお店♪

苫小牧市にある沖縄料理のお店 「クプクプカフェ(Kupu Kupu Cafe)」さん。 住宅街の中にあるお店で、近所の方でも気付かないのでは? と思うほどの、ひっそりと目立たない外観。 穴場感満載なこちらのお店、早速紹介します♪  

苔が広がる幻想的な空間「樽前ガロー」!樽前山から流れた水が作り出す緑の渓谷!

札幌市から南へ約80kmの距離にある「苫小牧市」。 2018年には人口が17万人を超え、札幌・旭川・函館に続く4番目の規模となった北海道の大都市の1つです。樽前山のふもとに広がり、王子製紙などに代表される製紙業を主力として発展した町ですが、現在では自動車業、製造業などの様々な企業が立地している北海道の一大工業地域でもあります。 そんな北海道の工業都市「苫小牧市」ですが、中心部から少し離れるだけで素晴らしい自然と出会うことができます。ラムサール条約の登録湿地でもある「ウトナイ湖」や、美しいガーデニングを楽し ...

苫東展望台

勇払原野と工場風景を一望できる私設の穴場スポット「苫東展望台」でスロウな時間を楽しもう!

札幌市から南へ約80kmの距離にある「苫小牧市」。 2018年には人口が17万人を超え、札幌・旭川・函館に続く4番目の規模となった北海道の大都市の1つです。樽前山のふもとに広がり、王子製紙などに代表される製紙業を主力として発展した町ですが、現在では自動車業、製造業などの様々な企業が立地している北海道の一大工業地域でもあります。   今回ご紹介するのは、そんな苫小牧市の工業地域の中にある穴場。 苫小牧の東部地域「苫東」にある「苫東展望台」です。  

七条大滝

苫小牧の「七条大滝」を知っていますか?無数の巨大なつららが連なる圧巻な光景!?

とても寒くなる冬の北海道。 北海道の中で比較的暖かい札幌でも-10℃を下回る日があるほどです。だからと言って嫌なことばかりではありません。寒くなければ出来ない体験もたくさんあります。スキーやスノーボード、スノーモービル‥、札幌雪まつりもそうですね。 今回ご紹介するのは寒い冬でなければ見ることのできない光景。 苫小牧市にある「七条大滝」がつくりだすダイナミックな氷の世界をお届けします。  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nao

15年前から北海道全域3000件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『今日ドキッ!』出演経験有。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.