大雪旭岳源水

大雪山から溢れる自然の恵み「大雪旭岳源水」で美味しい水と壮大な自然を楽しもう!

2019-01-25

お知らせ

  画面上部(ヘッダー下)に”このサイトの使い方”のページを追加しました。   パソコン・スマホそれぞれのお店の探し方を6通くわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)  

北海道のほぼ中央に位置する町「東川町」
北海道最高峰の旭岳を始めとする「大雪山」のふもとにある自然豊かな町で、北海道で唯一「上水道のない町」として知られています。またその豊かな自然に魅了され、近年国内外からの移住者が増加している町の1つでもあります。

そんな東川町より、今回は大雪山からの自然の恩恵を得ることのできる人気スポット「大雪旭岳源水」をご紹介します!

 

まずは札幌から東川町、大雪旭川源水へのルートを確認

札幌から大雪旭岳源水に向かうには、車で約2時間半ほどかかります。

まずは高速道路「道央自動車道」を北上し、旭川北ICで下ります。ICを下りたら道道37号線を左折し、道道1160号線との交差点を左折。しばらく進むと東川町市街地に到着します。旭岳に向かって更に進むと見えてくるのが「忠別ダム」と忠別ダムのダム湖でもある「忠別湖」。この忠別湖の先に大雪旭岳源水があります。詳しい場所は上の地図にてご確認下さい。

 

大雪旭岳源水公園で手軽に美味しい水をいただいてみよう!

大雪旭岳源水

駐車場横の源水岩。源水から引き込んだ水を気軽に汲むことができる。

大雪旭岳源水は、大雪山旭岳の雪解け水が長い年月をかけて地中へと浸透した後に地上へ湧く有数の湧水スポット。水量も豊富で、1分間に約4,600リットルもの湧出量があるそうです!環境省が2008年に選定した「平成の名水百選」にも選出されており、ミネラル豊富な良質な水を自由に汲むことができます。

 

大雪旭岳源水

施設の維持管理のため、協力金箱が設置されています。

湧水を汲むことのできるスポットは全部で4ヶ所。

水量も多く豪快に湧き出る源水と、源水から水を引き込んでいる3ヶ所の源水岩からとなります。源水岩のある駐車場には、この取水場の維持管理のため協力金箱が設置されていました。「車1台につき100円以上の協力金」をお願いしていますとのことでした。

 

大雪旭岳源水

駐車場横の取水場はいつも多くの人で賑わっています。

滞在中、水を汲みに来る車が途切れることはありませんでした。観光客ももちろんいましたが、水を汲みに来る車の多くは旭川ナンバー。大半が旭川やその近郊の方などの様で、たくさんのタンクを車に積んで帰っていく様子を何度も見かけました。この大雪山の恵みの水が、地域の方達にとても愛されていることが良く分かります。

 

せっかく来たなら!遊歩道の先にある大雪旭岳源水に向かってみよう!

大雪旭岳源水

源泉へ続く遊歩道の入口。

源水岩のある取水場から1本小道を挟んだ向こう側にあるのは、源泉へと続く遊歩道。源泉までの距離は約300mほどで、5分弱で到着します。この遊歩道は、気軽に自然を楽しむことのできる絶好のスポット!大雪旭岳源水を訪れた際には、ぜひ立ち寄っていただきたい場所です。

 

大雪旭岳源水

源泉まで続く遊歩道。

とても優しい川のせせらぎと鳥のさえずりの中、川沿いに整備された遊歩道を源泉に向かって歩きます。源泉から湧き出る水が小川となって散策路沿いを流れ、周辺の緑や岩に生えたふかふかとした苔なども色鮮やか。水はとても澄んでいて、川底まではっきりとのぞくことができるくらいです。遊歩道もしっかりと整備されており、終始気持ち良く源水まで向かうことができました。

 

大雪旭岳源水

大雪旭岳源水の取水口は2ヶ所設けられていました。

遊歩道の終点。大雪旭岳源水に到着です。

せっかく源水まできたので、今回はこちらの取水口から水を汲み飲んでみることにしました。水温は年間通して約7度と一定を保っているこちらの湧水ですが、とても冷たくて混じりっ気のない味。夏の暑い日にはピッタリな美味しい水です!

この水をペットボトルに汲んで、ドライブの途中に何度もいただきました。暑い車の中で喉を潤すのにはピッタリ!また良い水は温くなっても美味しかったです。ぜひ水を汲むためのマイボトルを持って、源水までの散策を楽しんでみて下さい。

 

大雪旭岳源水

とても水がきれいだったので、いるかな~?と滝つぼ付近を除いてみると‥、やっぱりいました、川魚!あまり詳しくはなく、またはっきりと確認できなかったのですが、恐らくオショロコマだったのではないかと思います。結構立派なサイズでした。

 

自然の中を散策する時にはクマに注意しましょう

大雪旭岳源水

遊歩道が整備されているとは言っても、やっぱりここは大自然の中。熊には十分に注意して下さい。

なお冒頭でもご紹介しましたが、東川町は北海道で唯一の上水道のない町。東川町の各家庭では、深さ約10~20mにある大雪山からの地下水をポンプで汲み上げ、生活用水として使用しています。つまり東川町内であれば、どこにいてもこの美味しい水を飲むことができる訳です!ぜひ大雪旭岳源水を訪れた帰りには、東川町内の飲食店で東川町の水を使ったコーヒーや美味しい料理に舌鼓を打ってみて下さい。

※ 湧水は生水です。体調などに十分に気をつけ、自己責任で飲用して下さい。

 

大雪旭岳源水

【住 所】 北海道上川郡東川町ノカナン
【電 話】 0166-82-2111(東川町役場公共施設サービス課)
【利 用】 年中利用可 ※トイレは11月~4月閉鎖
【駐車場】 小型12台、大型2台

 

近くのスポットをチェック

大雪旭岳源水

大雪山から溢れる自然の恵み「大雪旭岳源水」で美味しい水と壮大な自然を楽しもう!

お知らせ   画面上部(ヘッダー下)に”このサイトの使い方”のページを追加しました。   パソコン・スマホそれぞれのお店の探し方を6通くわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)   北海道のほぼ中央に位置する町「東川町」。 北海道最高峰の旭岳を始めとする「大雪山」のふもとにある自然豊かな町で、北海道で唯一「上水道のない町」として知られています。またその豊かな自然に魅了され、近年国内外からの移住者が増加している町の1つでもあります。おすすめ記事 クリスマスに行きたい!女性目線で選ぶ400 ...

  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE始めました。友達登録は下のボタンからお願いします。

友だち追加

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.