旧でんぷん工場

ニセコ町の産業遺産「旧でんぷん工場」!リニューアルされ現在は無料のコミュニティスペースに

北海道の西部に位置する町「ニセコ町」
観光の町として知られており、夏のアウトドアスポーツや冬のスキーシーズンにはたくさんの観光客が訪れます。中でもニセコ町の良質なパウダースノーは世界的にも地名度が高く、冬のスキーシーズンには海外からのお客さんの数が日本人を上回るほどとなります。

 

旧でんぷん工場

そんなニセコ町の駅前にたたずむ建物が、今回ご紹介する「旧でんぷん工場」
かつては農産物の集積場として使用されていた「ニセコ中央倉庫群」の中の1つです。なお他に現存する建物は、石造の「1号倉庫」「2号倉庫」、「12号倉庫」「13号倉庫」、「肥料新倉庫」の計6棟。旧でんぷん工場と1号工場以外の建物は、民間の法人が使用しています。

 

旧でんぷん工場とは?

旧でんぷん工場

今回はその6棟の内の一つ「旧でんぷん工場」に伺いました。
旧でんぷん工場は名前の通り、かつては「でんぷん工場」として使用されていた建物。役目を終えた建物は再活用され、現在は気軽に立ち寄ることのできるコミュニティスペースとしてリニューアルされ、無料で開放されています。利用の用途は様々で、仕事で使っても、勉強で使っても、休憩に使ってもよし。建物内にはギャラリー、カフェなども併設されており、 有料での貸切利用も可能。パーティーやコンサート、個展の開催など、幅広く活用ができる施設となっています。

 

でんぷん工場の名残が残る歴史のある建物

旧でんぷん工場

建物の中はとても広く、天井高で開放的な造り。外からの光も十分に差していて、中はとても明るかったです。外観も内装も当時の面影を残しつつリニューアルされており、清潔感のあるとてもきれいな空間です。

 

旧でんぷん工場

「旧でんぷん工場」を含む「ニセコ中央倉庫群」を運営するのは「ニセコ倉庫邑(むら)」。ニセコ町の産業遺産である中央倉庫群の保全と活用、地域社会の活性化を目的として設立されたNPO法人です。

館内にはコミュニティスペース・カフェ・事務所・トイレ・作業室などがあり、棚の上にはイベントのフライヤー等がたくさん並んでました。

 

旧でんぷん工場

旧でんぷん工場

天井を見上げると、でんぷん工場のなごりが見られます。
木骨の間に見えるのは、一風変わった機械。これは旧でんぷん工場が廃業する際に残されたもので、でんぷんを製造する際に使用されたふるいや滑車など。当時のまま残されているため、ふるいからは今でもでんぷんの粉が落ちてくることがあるのだそうです。

 

旧でんぷん工場

旧でんぷん工場

ふるいなどの機械が使われていた当時の様子がミニチュア模型で再現されていました。現在の電気機械を使ったものとは違う昔の製造方法を知ることができ、とても興味深くまた大変貴重な体験となりました。

 

旅の休憩にも、カフェで乾いたのどをうるおそう

旧でんぷん工場

旧でんぷん工場にはカフェコーナー「邑(むら)カフェ」も営業しています。メニューはドリンクのみとなり、食事やデザートなどの取り扱いはありません。

 

旧でんぷん工場

邑カフェのメニュー表がこちら。

メニュー

  • ニセコサイダー
  • まん丸小瓶のアップルジュース
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 各ソフトドリンク
  • 各アルコール類

 

旧でんぷん工場

メニューはドリンク類だけなので、仕事や勉強などでの利用の際にはお弁当なども持参していきたいですね!旅の途中に立ち寄った際には、休憩がてらのどの渇きをうるおすのにも丁度よいかも知れません。

 

その他、利用料金など

予約可能期間 3ヶ月前から

  • 一般  料金 2,450円(1時間)
  • 一般商用料金 4,900円(1時間)
  • 会員  料金 1,220円(1時間)
  • 会員商用料金 2,440円(1時間)
  • 年会費    3,000円
  • 子供会員      500円

公式HPより一部抜粋

 

最後に

当初はカフェでスイーツでもと思って立ち寄った「旧でんぷん工場」。
カフェにスイーツはありませんでしたが、昔ながらのおもむきのある建物にとても興味を惹かれました。他に何かがある訳ではないですが、急ぐ足を止めてゆっくりと産業遺産の面影に目を向けてみるのも面白いと思います。ニセコ駅前にお立ち寄りの際には、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

旧でんぷん工場

【住 所】  北海道虻田郡ニセコ町中央通60-2
【電話番号】 0136-55-5538
【営業時間】 9:00~22:00(イベントにより変動有)
【定休日】  不定休
【駐車場】  あり

 

近くのスポットをチェック!

ニセコ山麓パーラー/ニセコ町/絶頂のこだわりサンド!肉々しい満足感とヘルシーさを同時に味わえる奇跡のお店♪

スキー発祥の地ともいわれ、登山やラフティング・カヌーなど 1年を通してアウトドアスポーツが楽しめる「ニセコ町」。 ホテルやコンドミニアムなど 今もなお開発が進み、世界中からの観光客が右肩上がりの「高級リゾート地」に成長をとげました。 北海道がにぎわうのはとっても嬉しいことですが わたしたち道産子にとってはちょっと遠い存在になってしまった と感じているのは きっとわたしだけじゃないはず。 そんなこの地で、リーズナブルな 絶品グルメ を発見!! 早速紹介します♪

旧でんぷん工場

ニセコ町の産業遺産「旧でんぷん工場」!リニューアルされ現在は無料のコミュニティスペースに

北海道の西部に位置する町「ニセコ町」。 観光の町として知られており、夏のアウトドアスポーツや冬のスキーシーズンにはたくさんの観光客が訪れます。中でもニセコ町の良質なパウダースノーは世界的にも地名度が高く、冬のスキーシーズンには海外からのお客さんの数が日本人を上回るほどとなります。   そんなニセコ町の駅前にたたずむ建物が、今回ご紹介する「旧でんぷん工場」。 かつては農産物の集積場として使用されていた「ニセコ中央倉庫群」の中の1つです。なお他に現存する建物は、石造の「1号倉庫」「2号倉庫」、「12 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.