七条大滝

苫小牧の「七条大滝」を知っていますか?無数の巨大なつららが連なる圧巻な光景!?

とても寒くなる冬の北海道。
北海道の中で比較的暖かい札幌でも-10℃を下回る日があるほどです。だからと言って嫌なことばかりではありません。寒くなければ出来ない体験もたくさんあります。スキーやスノーボード、スノーモービル‥、札幌雪まつりもそうですね。

今回ご紹介するのは寒い冬でなければ見ることのできない光景。
苫小牧市にある「七条大滝」がつくりだすダイナミックな氷の世界をお届けします。

 

自然と氷が調和した七条大滝が作り出す絶景!

七条大滝

七条大滝は支笏湖の南側にある滝。
寒い冬になると周囲の岩盤からしみ出した水が凍り、数mのものから10mを超えるほどの巨大なつららまでがいくつも連なります。水量の多い滝の水が氷ることはなく、この滝とつららが作り上げる光景は一見の価値あり!心奪われること間違いなしです。

 

七条大滝

フードライターの高井奈保さんが体験してくれました。

滝の高さは約15m。
間近で見る滝はとても迫力があり、しぶきが顔にかかるほど。また滝つぼの前で上を見あげると、視界に広がるのは素晴らしい風景のみ。見えるものは滝と岩盤、巨大なつららしかなく、もの凄い迫力です。

 

七条大滝

滝の前でパチリ!

滝の前ではこんな素敵な記念写真を撮ることもできちゃいます!
北海道でしかできない冬の貴重な体験。派手なアクティビティも楽しいですが、たまには冬の大自然を楽しんでみるのもいかがでしょう?

 

七条大滝へはどうやっていけばいいの?地図とルートを確認。

七条大滝へは駐車場から徒歩で向かわなければなりません。
距離は約2kmとなり、冬の雪道のことを考えると片道約1時間ほどかかります。なお駐車場ですが、除雪が行われておらず駐車することができませんでした。代わりに駐車場から苫小牧方面へ約30mほど先にある、無料のパーキングエリアへ駐車することができます。車はこちらに停め、入口までは歩いて向かいましょう。

 

七条大滝へ続く道はこんな感じ。事前準備も忘れずに。

七条大滝

七条大滝へは国有林が広がる林道を進みます。
今回うががったのは平日の午後。前日にたくさん雪が降っていたのですが、先客がいたおかげで雪が踏み固められていました。

 

七条大滝

林道入り口のゲート

当日は防寒具に身を包み、長靴を履いただけの格好で向かいましたが、それでも問題なく滝までたどりつくことができました。事前準備が足りなかった部分もありましたが、雪が踏み固められていたのは本当に助かりました。向かう人がそれだけ多いということなのでしょう。なお午前の早い時間や雪が深い日に行く場合は、スノーシューなどを準備してから向かうことをおススメします。

 

七条大滝

踏み固められた雪道。

七条大滝

林道の途中にある看板。

七条大滝

七条大滝の手前にある看板。

七条大滝の手前にあるこの看板が見えたら滝はもうすぐ目の前。
いつになったらたどり着くのだろう‥と、少し不安になっていた方も、あと少し頑張りましょう。

 

七条大滝

雪に埋まった階段に備え付けられたロープ

看板を越えた先にある谷を下れば到着です。
冬の積雪で谷に続く道は埋まっており、代わりに滑落防止のためロープが張っていました。しっかりとつかまって下りて行きましょう。

 

七条大滝

訪問時は先客が2人。

七条大滝はもう目の前。
素晴らしい光景を楽しんでみて下さいね!

 

個人的に行くのは不安‥、でも行きたい!という人は?

支笏湖温泉旅館組合では、ガイドツアーを開催している様です。

料金は「宿泊者1500円、ビジター2500円」。

詳しくは「支笏湖温泉旅館組合」のHPにてご確認下さい。

 

七条大滝

【住 所】 北海道苫小牧市丸山
【駐車場】 あり(冬季間除雪無)

 

近くのスポットをチェック

クプクプカフェ/苫小牧市/超穴場!住宅街にひっそりとたたずむ本格沖縄料理が堪能できるお店♪

苫小牧市にある沖縄料理のお店 「クプクプカフェ(Kupu Kupu Cafe)」さん。 住宅街の中にあるお店で、近所の方でも気付かないのでは? と思うほどの、ひっそりと目立たない外観。 穴場感満載なこちらのお店、早速紹介します♪  

苔が広がる幻想的な空間「樽前ガロー」!樽前山から流れた水が作り出す緑の渓谷!

札幌市から南へ約80kmの距離にある「苫小牧市」。 2018年には人口が17万人を超え、札幌・旭川・函館に続く4番目の規模となった北海道の大都市の1つです。樽前山のふもとに広がり、王子製紙などに代表される製紙業を主力として発展した町ですが、現在では自動車業、製造業などの様々な企業が立地している北海道の一大工業地域でもあります。 そんな北海道の工業都市「苫小牧市」ですが、中心部から少し離れるだけで素晴らしい自然と出会うことができます。ラムサール条約の登録湿地でもある「ウトナイ湖」や、美しいガーデニングを楽し ...

苫東展望台

勇払原野と工場風景を一望できる私設の穴場スポット「苫東展望台」でスロウな時間を楽しもう!

札幌市から南へ約80kmの距離にある「苫小牧市」。 2018年には人口が17万人を超え、札幌・旭川・函館に続く4番目の規模となった北海道の大都市の1つです。樽前山のふもとに広がり、王子製紙などに代表される製紙業を主力として発展した町ですが、現在では自動車業、製造業などの様々な企業が立地している北海道の一大工業地域でもあります。   今回ご紹介するのは、そんな苫小牧市の工業地域の中にある穴場。 苫小牧の東部地域「苫東」にある「苫東展望台」です。  

七条大滝

苫小牧の「七条大滝」を知っていますか?無数の巨大なつららが連なる圧巻な光景!?

とても寒くなる冬の北海道。 北海道の中で比較的暖かい札幌でも-10℃を下回る日があるほどです。だからと言って嫌なことばかりではありません。寒くなければ出来ない体験もたくさんあります。スキーやスノーボード、スノーモービル‥、札幌雪まつりもそうですね。 今回ご紹介するのは寒い冬でなければ見ることのできない光景。 苫小牧市にある「七条大滝」がつくりだすダイナミックな氷の世界をお届けします。  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Translate »

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.